Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【キングダムネタバレ】563話:3はブネン(犬戎)を誘い込みで討ち取る!?雁門関では李牧が挟撃で10万の匈奴軍を根絶やしに!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

※確定あらすじ※

犬戎の猛攻に苦戦する
メラ族と壁軍。

キタリの危機を救う壁。

男気を見せる。

カタリはブネンの目の前まで
現れるが、
味方を盾にそのまま剣を貫く
ブネン。

カタリ死亡か!?

⇒【563話 ブネンがカタリを刺す!
⇒【564話 カタリが死にキタリ激怒!?

⇒【カタリ討ち死に壁とキタリ覚醒!?
⇒【舜水樹と李牧の関係は!?




楊端和、ダント、壁の内
壁軍が最も進行している状態。

しかし、
ブネンの策を前に
またもや攻撃が空回りした状態。

全く攻めが通らない。

これは、
押してダメなら引いてみろ
ってことなのか。

犬戎

犬戎というと、
信、政、壁が楊端和と
盟を結びにいった際に
出た名称ですが、

作中では
500年前に周王朝を滅ぼした
伝説の大騎馬民族として紹介
されています。

また、
舜水樹いわく、
そのほとんどが北に流れ
匈奴に変貌したとも語られています。

⇒【ブネン死亡の可能性は!?

つまり、
この匈奴と犬戎は元々同じ民族であり、
性質もまた似ている可能性があるでしょう。

そして、
作中では匈奴を根絶やしにした
話しも語られていますが、
その方法は誘い込み。

⇒【壁将軍は強さとは!?

誘い込み

作中では、
馬陽の戦いの最中に、
楊端和が政に訪ねにいくシーンが
描かれています。

楊端和は、
領土が広がったために
匈奴とぶつかる事になったと
語りましたが、

しかし、
実際に北の地に
いってみると、

そこにあったのは
10万を超える匈奴軍の屍
だったと言います。

⇒【壁とメラ族でブネンを討つ!?

そして、
この匈奴軍を討った人物こそ
趙軍の李牧。

“武”ではなく“策”でもって
蹂躙されたように見えたとも
語っていますが、

だとしたら、
この犬戎を倒すには
武ではなく策が重要になってくるのかも
しれません。

因みに、
史実では、
李牧が小隊の偵察を向わせ、
わざと敗走させた後に、
味をしめた匈奴軍を攻めさせ、
挟撃したと言います。

⇒【雁門と匈奴と李牧の史実!?





挟撃

大失敗を繰り返している壁軍。

自暴自棄になって
敗走をしたっておかしくない。

犬戎としては
それが滑稽に見えて
背中を追ってしまう事でしょう。

しかし、
そうして誘い込んだのちに
相手の将を討つ事となれば、
相手の意表をついた策となる。

⇒【壁の基本戦術は強いのか!?

いまのところ
壁を落とすような描写が
散々行なわれてきましたが、

ただ単純に攻めて
ブネンを討つよりも、

ここで一つ、
あっと驚くような策を出した上で
ブネンを討つこととなれば
メラ族も楊端和らも壁を認めてくれるはず。

もしくは、
あとに控えた
舜水樹やロゾ戦で誘い込みの策が
繰り出されるか…?

一筋縄ではいかないだろう相手なので、
シンプルに攻めに徹するのか、
それとも何か面白い策が描かれるのか、
引き続き展開に期待したいですね。

⇒【舜水樹と李牧の関係は!?

【こんな記事も読まれている】

⇒【信の武力が王騎に並んだ!?
⇒【王賁が王翦の将軍となるか!?
⇒【岳嬰は弱すぎた!?その実力は!?
⇒【飛信隊の成長とキャラまとめ!
⇒【李牧は趙王(幽繆王)に処刑!?
⇒【趙の三大天呼称は実在しない!?
⇒【雁門と匈奴と李牧の史実!?
⇒【司馬尚が三大天確定!?
⇒【信の武が三大天を越える!?
⇒【信が王騎の矛で最初に討つのは!?




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ワンピース考察|小紫死亡はフェイク?狂死郎と小紫の迫真の演技でオロチを騙した可能性!

2019.2.15

ワンピース考察|小紫死亡はフェイク?狂死郎と小紫の迫真の演技でオロチを騙した可能性!

(尾田栄一郎先生/集英社/ワンピース) 狂死郎に斬られてしまった花魁・小紫 死亡にはかなり早い展開である。 小紫と狂死郎が …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る