Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム考察|松左と崇原の討ち死に!崇原は楚戦か!?松左の槍は干斗が受け取る!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダム考察|松左討ち死に確定!崇原は楚との大戦か!?松左の槍は干斗が受け取る!

※追記2019.5.28更新※

松左の死は確定した

崇原については朱海平原での討ち死には考えにくくなっている。
しかし朱海平原ではなく後に起こる信と項燕の戦では死ぬ事になる可能性が高い

項燕と昌平君が最強の敵!?

下記は2018年2月23日段階で記した記事となる。
松左死亡が確定した最新考察は【追記】の目次項を見て欲しい。

馬南慈と趙峩龍と尭雲全て死亡!
朱海平原の史実は王翦圧勝!?




【追記2019.5.28最新】 松左の討ち死に

キングダム592話で与えられた傷が松左を殺した
松左は干斗たちを救う為に死地と言える場所に赴いた
それは後に渕副長が見ても明らかな場所。
逃げ切る事に成功した干斗たちではあったが途中の一撃で松左は致命傷を受けてしまう
無理をして戦い続けるが突破直前になり松左は自分の限界に気付き信に近づきたいと話し出す。

キングダム592話松左が信の元に行きたいと言い始める最後の時

キングダム592話/原泰久先生
松左が自分の限界を感じて信の元に行きたいと最期の願いを告げる

感動を予感させるワンシーン。
干斗はこの言葉に松左の限界を悟る
自分たちのしてしまった事に対しての後悔の念が吹き荒れる。
それもそのはず。
飛信隊にとって松左の役割は非常に大きなものであり自分たち新参兵よりも今は重要な人間。
しかし松左はそう思っていない
進む飛信隊においては古株だけが生き残っていては先が無いと分かっていたのだろう。

この時の信は趙峩龍を討つべく主攻全体で前線に駆け上がっていた

土雀の将を討った後に信は急いで戻るのだが、松左のラストは信の胸の中で死ぬ
立ち上がれない状況ながらも最期の力を振り絞って信に向かうシーン(下記キングダム595話の一コマ参照)は読者の多くの涙を誘ったのではないか。

キングダム595話松左の最期は信の胸の中となる

キングダム595話/原泰久先生
松左の最期は信の胸の中「ありがとう」

松左は信が百人将の時代から共に歩んできた槍の名手
信も松左に救われた事は多かったが、武力よりもその優しさと大きな器で人を魅了してきたと言える存在。
松左の死から思いを紡ぐかの様に趙左翼の頭脳と呼べた趙峩龍討ちを信は果たしている。

趙左翼の武将は全滅




【追記2019.5.28最新】 松左の槍は干斗へ

松左が亡くなる少し前。
信が間に合うかどうかの瀬戸際では崇原に抱えられていた
そこで崇原には信を頼むと伝え、槍は干斗に託した
それだけ松左は干斗の根性を見て感じるものがあったのだろう。

干斗も「お前にやる」の言葉から受け取れないと断る
自分たちのせいで松左を死なせてしまった思いが強いのだ。
謝り続ける干斗にその気持ちが伝わる。

キングダム595話干斗が松左と崇原たちに謝り続ける様子

キングダム595話/原泰久先生
干斗が自分たちのせいでと謝り続ける

これだけ謝罪をしている干斗だけに槍をくれると言われても素直に受け取れないのは分かる。
しかし崇原から「それは違う」と諭されて素直に受け取る。
クセが付いていた扱いにくいと言うが干斗は必ず使いこなせる様になると叫ぶ。
王騎の矛ほどではないが干斗もこれから松左に負けない大きな力になっていくのが分かる。

新六大将軍は誰の手に!?

【追記2019.5.28最新】 崇原の死は項燕との戦いか

朱海平原で崇原が死ぬ可能性は極めて低くなった
古株の多くは朱海平原の危機でも生き残っているが最大の危機と呼ばれる場所がある。
それが信が楚に向かって進軍する戦である。

史実でも有名な戦ではあるが、
李信(信の事)が副将に蒙恬を連れて楚への大侵攻を仕掛けた。
最初は上手くいくのだが後に項燕の策によって大敗を喫してしまう。
その際に殆どの武将を失う史実が存在する。

信と蒙恬の歴史的大敗

恐らく崇原の死はこの項燕との戦いまで引っ張られるのではないか。
他の古株に関してもこの戦でほぼ全滅するものと思われる。
場合によっては羌瘣や河了貂までもが犠牲になる可能性も秘めている。

信の嫁は!?羌カイか河了貂か?

後に楚を討ち滅ぼすのは王翦を総大将、蒙武を副将とした秦国60万全兵をあげた大戦となる。
王翦は史実においても秦国および中華でも最強を誇る武将だったと言える。

王翦は史実最強の武将




【過去2018.2.23時点】 松左と崇原歩兵長

羌瘣を中心に、
崇原に松左がこの場の将として戦うのだろう。

新兵もいる中で、
歩兵長と松左百人将はどんな戦いを見せてくれるのか。

歩兵長という位にいる崇原。

おそらくは、
松左よりも階級は上と言えるだろう。

しかし、
この古参たちは階級云々よりも修羅場をともに潜り続けてきたという絆がある。

それだけに、
読者のファンも多いのが古参たち。

ただ、
今回の戦ではその古参の命も危ういと言われる。

⇒【飛信隊の軌跡!全主要メンバー!?
⇒【飛信隊は実在しない!?強さの源

【過去2018.2.23時点】 秦国で討たれる武将

史実で見ると、
この戦の後に活躍する武将たちがこの鄴攻めにひしめいている。

筆頭は王翦。

そして、
桓騎に楊端和。

信や蒙恬、
王賁に羌瘣。

これらの武将は全てこの先の歴史に名を刻む武将。

その事実がある以上、
ここが討たれるということは絶対にない。

逆に、
趙はどうか。

史実に名前が無い人物がほとんどと言える状況。

史実で見て、
後に名前が登場するのは李牧だけ。

他はオリジナルがほとんどという状況。

⇒【尭雲は史実に存在しない武将!?
⇒【藺相如とは一体どんな人物!?





【過去2018.2.23時点】 秦国の被害は?

上記で考えると、
秦国の被害が弱すぎると感じる。

ただ、
序盤に王翦の第二武将である麻鉱が討たれた。

ひょっとしたら、
第一武将の亜光もこの戦で生命を失うのかもしれない。

そして、
楊端和や桓騎の側も主要な軍長を失うという可能性は十分にあるだろう。

そう考えると、
被害はどちらも甚大だったと言えなくはない。

その中で気になるのは飛信隊の被害。

全員無事でいられるのだろうか。

⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信と龐煖との武の決着はいつ!?

【過去2018.2.23時点】 崇原と松左の討ち死に

飛信隊は三大天の武力そのものと戦っている。

その戦で、
尭雲を討って更に全員が無事で済む。

そんなことがあるのだろうか。

やはり、
大きな被害が出るということも十分考えられる。

そして、
修羅場となる歩兵同士の戦。

その中心を担う崇原と松左。

新兵もいる中で、
命を賭して戦い、
誰かを守って討ち死にするということがあれば涙の展開になる。

新兵も言わずもがな自らが強くならなければと心の底から感じるに違いない。

尾平の弟だった、
尾到の死はキングダム史上に残る名シーンの一つ。

朱海平原はまた、
そんな名シーンを生み出す可能性のあるものとなるか。

⇒【信は趙滅亡に絡まない!?
⇒【項燕がラスボス!?李牧を超える!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【純粋な武で尭雲に勝てない!?
⇒【李牧と王翦はどちらが強い!?
⇒【藺相如とは一体どんな人物!?
⇒【ホウ煖が史実と異なる!?
⇒【信・蒙恬・王賁は誰が一番強い!?
⇒【飛信隊は実在しない!?強さの源
⇒【信とホウ煖との武の決着はいつ!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?
⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?
⇒【飛信隊の軌跡!全主要メンバー!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る