【七つの大罪 考察】十戒の元ネタはモーセの掟!未判明の戒禁も丸分かり?全員分一覧&まとめ

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(七つの大罪 128話/その存在 傍若無人 扉絵 引用)

七つの大罪は、
幾つか元ネタとしてアーサー王物語や神話やなどが
物語に組み込まれています。

今回は、
扉絵に注目していたら
とある発見があったので紹介できたらと
思います。





これにより、
十戒の戒禁でまだ判明していない能力も
ある程度は推察しやすくなるはずです。

という事で、
まとめていきたいと思います。

the 10 commandments

元々、
モーセの十戒という元ネタが
あったにしろ。

今回では、
それを決定付ける証拠がありました。

205話の
デリエリとモンスピートが飾られている
扉絵があります。

こちら、
右上には「the 10 commandments」の文字。

そして、
良くみるとデリエリの服にも同じく
「the 10 commandments」と書かれています。

元々、
七つの大罪の扉絵には、
よく「seven deadly sins」と書かれている事が
ありました。

「seven deadly sins」はそのまんま
七つの大罪という意味です。

そして、
今回の「the 10 commandments」は、
モーセの十戒という意味になります。

これにより、
十戒がモーセの十戒を元にして
作られたと確定した様なモノですよね!

そして、
元ネタにもしっかりと十の掟があります。

ただ、
書物によって多少違いがある様なので、
その中から該当するものをピックアップして
まとめてみます。

⇒【十戒最強ランキング!





十の掟(判明済)

せっかくなので、
十の掟と十戒を該当させつつ、
戒禁の能力にも触れていけたらと思います。

こちらではまず、
判明しているものからまとめていきます。

1.主が唯一の神であること

こちらに関しては、
ゼルドリスの『敬神』が当てはまりそうですよね。

そして、
『敬神』の能力は、
ゼルドリスに背を向ける者を
魔神王ひいては代理たるゼルドリスへの
「背信」とみなし 強制的に服従させる・・・。

⇒【ゼルドリス最強!?一人で十分

2.偶像を作ってはならない

こちらは、
メラスキュラの『信仰』が
当てはまりそうですね。

そして、
戒禁の能力は、
メラスキュラの前で「不信」を
抱く者は何人だろうと
その眼を焼かれる・・・。

3.父母を敬うこと

これは、
エスタロッサの『慈愛』がしっくりきます。

戒禁の能力は、
エスタロッサの前で「憎悪」を抱く者は
何人をも傷つける術を失う・・・。

4.サツ人してはならない

こちらは
そのまんまグレイロードの『不サツ』ですね。

能力は、
グレイロードの前で「セッ生」を行うものは
全ての刻を奪われる・・・。

5.偽証してはいけない

これも、
言葉は違えど意味は同じで
ガランの『真実』ですね。

能力は、
ガランの前で「偽り」を口にすれば
何人であろうと その身は石と化す・・・。

6.隣人の妻を欲してはならない

こちらも
ゴウセルの『無欲』が当てはまりそうですよね。

また、
フラウドリンが代理で入っていましたが、
能力を扱う事はできなった様です。

能力は、
ゴウセルの前で欲望を抱いた者は
感情を失ってしまう・・・。





十の掟(不明)

上記では
6個の能力が判明しており、
掟とも合致するものがありました。

ここからは、
能力がまだ判明していないものを
紹介していきます。

7.神の名をみだりに唱えてはいけない

こちらは、
モンスピートの『沈黙』が該当
するかと思います。

ただ、
能力が不明なために、
まだどういうモノかは分かりません。

しかし、
沈黙の逆の意味である発言と
神の名をみだりに唱えてはいけないという点を
合わせて考えれば、
自ずと答えは見えてきそう・・・ですね!

8.安息日を守ること

こちらは、
グロキシニアの『安息』そのまんまの
掟ですね。

しかし、
戒禁の能力は不明となっています。

宗教上で、安息日とは、
何もしてはいけない日という様な意味として
扱われます。

特に労働を禁じたりしているそうです。

作中の能力としては、
何回か捻りが加えられいそうですね・・・。

9.行為に及んではならない

こちらに関しても
デリエリの『純潔』が該当すると思います。

宗教上においては、
純潔とは未経験の人を良く指すので、
こちらも掟とマッチしていますね。

ただ、
能力の詳細は未だに不明なので、
今後の発表に期待したいところ。

⇒【デリエリの戒禁の能力とは!?

10.盗んではいけない

こちらは、
どれにも該当しそうにありません。

盗むというと、
バンのイメージがあるので、
その関係で取り扱わなかったのかもしれません。

代わりに、
ドロールの『忍耐』が追加された様です。

という事で、
十戒に十の掟を該当させてみました。

これらを参考にすれば、
未だに判明していない戒禁もある程度は
予想できそうですよね。

現在では
行方不明者が多発していますが・・・
再登場するのでしょうか・・・?

今後の展開に期待!!

⇒【十戒の強さランキング(TOP10)
⇒【デリエリ&モンスピの再登場!?

【こんな記事も読まれている】

⇒【ゼルドリス最強!?
⇒【大罪と十戒の戦力差!
⇒【エリザベスは呪われてる!?
⇒【十戒メリオダスの闘級は!?
⇒【エスカノール正午の闘級!?
⇒【アーサー王の強さを予想!?
⇒【エスタロッサ生存は濃厚!?
⇒【メリオダスは魔神王撃破が目的!?
⇒【ホークとキャスは何者!?





The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.7.27

【鬼滅の刃考察】柱の強さランキング!1位は時透無一郎、煉獄否寿郎、富岡義勇の誰に!?

(吾峠呼世晴先生 鬼滅の刃 46話引用) 鬼殺隊の 階級は癸に始まり甲に終わる 10段階を設けており、 そして、 基本的に…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.8.3

【ハンターハンター考察】幻影旅団ランキング♦ヒソカとオモカゲは除外♠団長は圧倒的か♣

(ハンターハンター クロロ 34巻 引用) クロロVSヒソカから、 クラピカの王位継承戦での 登場。 今後も注目の的に な…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る