Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ608話展開予想|李牧が考える秦国の大きな弱点!王翦の存在!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダムネタバレ608話展開予想|李牧が考える秦国の大きな弱点!王翦の存在!



※確定情報更新(リンク下に簡易あらすじ)

キングダム608話 最新確定

李牧は王翦の提案を断る。
更に王翦の考えがならない事を伝え完全なる否定。

王翦は中央軍を動かし混戦状態の李牧中央にぶつける。

去り際に王翦は右翼がもうすぐ抜けてくると考えている。
逆に李牧は右翼に頼っても無駄だと考えている。

双方に勝利における筋道が違っている。

信側では我呂が十槍と戦う。
仁の矢に救われる形となるが仁も限界が近い。

次に射つのは淡となるか。

玉鳳隊では王賁が尭雲の元に辿り着いていた。

608話 李牧が断る
609話 尭雲VS王賁

李牧は史実でも最強の武将!?




キングダム607話で王翦は李牧に対して自分に手を貸せと話していた。
今までは傘下に入る様な口ぶりが多かった王翦ではあるが「二人で新しい国」と評する事から李牧を高く評価しているのが分かる。
李牧がこれに応じるはずも無いが別の何かを感じるだろう。
朱海平原の史実は王翦圧勝!?

王翦は現状で見れば秦国で最も強い武将と呼べる
強さの源は知略であるが今回の李牧戦において李牧の戦い方からも学んでいる。

李牧の本能型と知略型を混ぜ合わせた軍に対しても見事に対応して処理
それどころか大混戦の状況から布陣させて趙軍を蹂躙出来る姿勢を整えた。

そのまま戦っていれば勝利出来たのではないかと思わせる状況ながら敢えて李牧に話をする王翦。
もはや通常の計りでは想像出来ない行動に出ている王翦。

李牧は王翦に何を感じたのか。

王翦の危なさを知った李牧

山陽の戦いで王翦と対峙した元三大天の廉頗将軍。
王騎にそそのかされて蒙驁との戦いに挑み結果的に敗北する事になった廉頗ではあるが、
この敗北の最後のきっかけになったのも王翦であった。

しかし自分を最上とする考えの王翦に対して「興味が失せた」と廉頗は放っている。
確かにあの段階でも自分自身を上位に位置させての戦に見えた。
ただ現実には後に訪れる状況を加味しての布陣だったと言える。

キングダム23巻王翦が流尹平野の戦で出陣を伺っていた事実が分かる

キングダム22巻/原泰久先生
王翦が山陽の戦において山城からの出撃の機会を伺っている

勝つ戦にしか興味がない王翦。
蒙驁軍が最終的に勝利する流れもしっかりと考え込んでの山城への籠城であったと考えて良い。
朱海平原と流尹平野の対比!

李牧はこの王翦の言わんとする事を知りはしなかった。
秦国が持つ時限爆弾に似た存在に李牧は何を考えるのか
恐らく秦国に対しての見方が大きく変わったのではないかと感じる。

李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?




李牧の中央立て直し

現状は布陣された王翦軍と混戦で乱れた李牧軍の戦。
相手が雑魚なら問題ないが王翦軍に対して混戦状況のまま挑むのは至難
大きな傷跡を残す事になるだろう。
趙滅亡の流れ!悼襄王の末路!?

しかし軍としての数は李牧が圧倒的となる。
このまま布陣している王翦軍に雷伯などの前線部隊が壊滅する前に傅抵やカイネを繰り出して応戦
結果的に兵をある程度失っても敗れ去る事はないはず。

王翦の誘いは当然断る李牧
中央の立て直しを含めて即座に行動に出るか。

それとも王翦の考えを深く知る為にも何かしらの返答や質問を繰り返すのかもしれない。
李牧は嬴政の元にも中華統一を諦める様に伝えに言っている。
王翦が目指す国が一体どんなものであり何を目指しているのか。

引き受けないにしても興味が沸く所ではないか。

新六大将軍は誰の手に!?

尭雲と王賁の戦いはどうなった?

今は王翦と李牧の中央の話で盛り上がりを見せている。
右の戦場では王賁が尭雲の元に駆け上がっている所で終わっている。

今の状況を見れば尭雲は王賁が討つ結末が待っているはず。
そして信には後に龐煖が追いついてくるだろう。
信と龐煖の武の決着はいつ!?

今の中央は王翦が優勢な状況に見える。
しかしそれは前線同士の戦であり王翦はすでに軍力を使い切っているのに対して、
李牧軍はまだ後ろにカイネたちの予備軍をおいている状況。

先に布陣した王翦軍は今戦う前線との戦は大きな勝利をおさめる。
それでも李牧全軍を崩壊させるものではない
お互いに拮抗した状況では右の戦場から飛び出す飛信隊の存在が必要不可欠。

中央の話し合いの最中ではあるが場面が右の戦場に転換する可能性も大いにある。

王賁は史実で四国を滅ぼす!?




龐煖の登場はどの段階?

信を狙っている龐煖の動きも非常に気になる
現状のまま進めば李牧中央も王翦軍との硬直を迫られる所ではないか。
戦略の状況から見ると王翦に分があると思えるが全ての軍を出している王翦で見れば李牧には余裕がある。

カイネや金毛や傅抵といった軍を動かせば布陣した相手に混戦状態で翻弄される大鶴の軍を立て直す事も出来る。
そうなれば横から入ってくる可能性のある飛信隊に対応出来ないのが難点。

決定打となる飛信隊の横撃に対して立ちはだかるのは龐煖なのか。
李牧もこの龐煖の存在は想定外の幸運となる。
蒙恬の元に現れた龐煖で胡漸を殺していった。
秦国左軍は思いもよらない打撃を受けた事になるがそれでも紀彗に抜かれずに将軍としての力量を見せつける。

信と龐煖の戦いはファンにとって楽しみにしている部分でもある。
最初の登場は羌瘣を狙ってのものだったが蕞での戦では龐煖に一撃を与えている

キングダム33巻蕞さいで信が龐煖の顔に傷を付けた瞬間

キングダム33巻/原泰久先生
龐煖の顔に信が一撃与える瞬間

龐煖の怒りも相当なものであるが次なる戦いで三度目の正直と言える
漫画界に伝わる三度目の正直の法則が当てはまるのだとすればここで龐煖を敗れる事になるが流石に簡単にはいくまい
何より信の状況を見て龐煖が本気でぶつかってくるかも疑問。
求道者として龐煖は信の回復の後にまたどこかで戦う事を約束して去る可能性もある。

信と龐煖の武の決着はいつ!?

朱海平原で李牧は王翦の評価を改める

朱海平原の戦における王翦の知略を見て李牧はまた進化するだろう。
そして王翦の評価を変更するに違いない。
今回の人材登用に似た王翦の話を聞いて秦国にとっても王翦が危険人物だと考えるはず。

また王翦も李牧の評価を切り替えたに違いない。
だからこそ二人で最強の国を創ろうと言い始めたのだろう。
王翦はいつも本気の言葉以外口に発したりはしない

このお互いの動きが最終局面の李牧に対する謀略などに繋がっていくに違いない。
王翦としても李牧が防衛する邯鄲を落とせるはずもないと分かるのではないか。
実際に長期間守り続ける李牧に対して謀略無しでは勝てなかったかもしれない。
李牧は史実でも最強の武将!?

趙を攻めている間に楚あたりが全力で動き出せば秦国も存在出来ない。
キングダムにおいてもこの戦が王翦と李牧が互いの評価を見直すきっかけになった。

後に訪れる桓騎が李牧に敗北する戦では史実で王翦の存在が見えない。
侵略されながらもそれを無視する形を取る王翦の様子も見れるのか。

この先も王翦と李牧の間には何かある可能性が否めない。

609話 尭雲VS王賁

王翦の強さは史実にあり!

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【龐煖が史実と異なる!?
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信が李信に改名する理由!?
⇒【項燕と昌平君が最強の敵!?
⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.11

【ハイキュー考察】星海光来が小さな巨人に一番近い理由!!

(古舘春一先生 ハイキュー!! 245話引用) 日向がバレーボールを 始めるきっかけとなる等、 物語の中で重要な役割を 担ってい…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る