【アオアシ考察】武蔵野の金田から学んだゴールへの執念♠貪欲さを得るアシト♦

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(小林有吾先生 アオアシ 10巻引用)

武蔵野とエスペリオンBの
試合運び。

そこには、
選考に漏れた金田が
アシトたちを
敵視しながら
立っていた。

実際に、
翻弄される
エスペリオンB。

⇒【アシトの母親の手紙で感動!





破られるダイレクトサッカー

当初は武蔵野という
ノリにノッている
チームに対して
技術を押し出す
ダイレクトサッカーで
対応したエスペリオンB。

最初はそれが
はまったかに見えたが、
すぐに対応される。

司令という意味での
武藤の姿もまた
これからのアシトに
必要な手本を
見せてくれたように感じる。

ロングパスを
主体とした攻撃だが
武蔵野の守備に
のまれてしまう。

しかし、
守備強化の武蔵野もまた
点を入れなければ
勝てるはずもない。

そこで現れるのが
金田という存在。

この存在が、
武蔵野をここまで
勝ち上がらせて
来たと言っても過言ではない。

ゴールへの執念

金田はある意味で
卑屈な根性で実力を
底上げしてきた。

馴れ合いではなく、
自分だけをという
気持ちを押し上げて。

自分が受からずに
馴れ合いのように
受かった3人を
許せなかったのだろう。

曲がっているように
思えなくもないが、
それでも練習に練習を
重ね続けた金田は
フィジカルも含め
圧倒的なFWとして
進化していた。

目を見張るのは
そのゴールへの執念。

ダイアゴナルランで
守備を翻弄して
追加点を上げて2点差で
引き離したエスペリオンB。

一瞬諦めかけた
金田だったが、
武藤の一言で
粘りを見せた。

結果的には武蔵野敗退。

しかし、
最後の最後まで
諦めずに追いかけてきた
彼らの執念から
確実にアシトは学んだはず。

武蔵野戦は
アシトにとって
大きな一歩になっただろう。

司令塔としての役割が
どんなものなのかも
武藤から見せられた。

今はそこまでの
意識はないにしても
後々は
アシトの視野の広さで
チームをメイクする
司令塔になっていく。

サイドバックでも
金田のようなゴールへの
執念。

自分が入れることに
こだわらずに
チームとしてサッカーで
相手チームに勝利する。

最初の頃の、
自分だけというサッカーから
大きな飛躍を
していくことになる。

⇒【アシトの母親の手紙で感動!




マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2017.6.12

【ハンターハンター考察】暗黒大陸の情報!5大厄災の紹介と希望の位置まとめ

(ハンターハンター 暗黒大陸内部の様子 344話引用) もうすぐで、 連載が始まる ハンターハンター。 一番楽しみにしている…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る