【アオアシ考察】武蔵野の金田から学んだゴールへの執念♠貪欲さを得るアシト♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(小林有吾先生 アオアシ 10巻引用)

武蔵野とエスペリオンBの
試合運び。

そこには、
選考に漏れた金田が
アシトたちを
敵視しながら
立っていた。

実際に、
翻弄される
エスペリオンB。

⇒【アシトの母親の手紙で感動!





破られるダイレクトサッカー

当初は武蔵野という
ノリにノッている
チームに対して
技術を押し出す
ダイレクトサッカーで
対応したエスペリオンB。

最初はそれが
はまったかに見えたが、
すぐに対応される。

司令という意味での
武藤の姿もまた
これからのアシトに
必要な手本を
見せてくれたように感じる。

ロングパスを
主体とした攻撃だが
武蔵野の守備に
のまれてしまう。

しかし、
守備強化の武蔵野もまた
点を入れなければ
勝てるはずもない。

そこで現れるのが
金田という存在。

この存在が、
武蔵野をここまで
勝ち上がらせて
来たと言っても過言ではない。

ゴールへの執念

金田はある意味で
卑屈な根性で実力を
底上げしてきた。

馴れ合いではなく、
自分だけをという
気持ちを押し上げて。

自分が受からずに
馴れ合いのように
受かった3人を
許せなかったのだろう。

曲がっているように
思えなくもないが、
それでも練習に練習を
重ね続けた金田は
フィジカルも含め
圧倒的なFWとして
進化していた。

目を見張るのは
そのゴールへの執念。

ダイアゴナルランで
守備を翻弄して
追加点を上げて2点差で
引き離したエスペリオンB。

一瞬諦めかけた
金田だったが、
武藤の一言で
粘りを見せた。

結果的には武蔵野敗退。

しかし、
最後の最後まで
諦めずに追いかけてきた
彼らの執念から
確実にアシトは学んだはず。

武蔵野戦は
アシトにとって
大きな一歩になっただろう。

司令塔としての役割が
どんなものなのかも
武藤から見せられた。

今はそこまでの
意識はないにしても
後々は
アシトの視野の広さで
チームをメイクする
司令塔になっていく。

サイドバックでも
金田のようなゴールへの
執念。

自分が入れることに
こだわらずに
チームとしてサッカーで
相手チームに勝利する。

最初の頃の、
自分だけというサッカーから
大きな飛躍を
していくことになる。

⇒【アシトの母親の手紙で感動!




マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.7.1

【ブラッククローバー考察】「黒の暴牛」メンバー一覧!ヤミ団長率いる問題児揃いの魔法騎士団まとめ。

(ブラッククローバー 4話 アスタ、認められる! 引用) アスタが入団した「黒の暴牛」、 超かっこよくないですか!? 荒くれ者…

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.9.2

【食戟のソーマ考察】前編!新十傑メンバーは誰だ!第十席〜六席メンバー発表!ソーマは?えりなは?まさか田所恵も!?

(附田祐斗/佐伯俊先生方 食戟のソーマ引用) どんな漫画にも 圧倒的な強さを誇る メンバーがいるものです。 漫画によっては …

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る