Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハイキュー考察|臼利(うすり)vs赤葦セッター対決!?狢坂vs梟谷はセッターが勝負の鍵を握る!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(古舘春一先生/集英社/ハイキュー)

春高バレー準々決勝で激突する
狢坂と梟谷。

狢坂は全国3本の指のエース桐生を
梟谷は全国5本の指のエース木兎を
それぞれ擁しています。

狢坂vs梟谷はこの2人のエースの
対決になるというのが大方の予想です。

しかし勝負の鍵を握るのは別のところに
なるのではないかと予想しています。

それは両校のセッターである
臼利と赤葦です。

この2人の活躍が勝敗に直結すると言っても
過言ではないのではないでしょうか。

桐生はネガティブ!?
はやさに囚われる影山はもういない!?




エースの存在

狢坂、梟谷それぞれ絶対的な
エースを擁しています。

狢坂のエース桐生は未だプレーの
描写はなくどれほどの実力で

どのようなプレーをするのか
分かっていません。

しかし井闥山の佐久早、白鳥沢の牛島と
同様に全国3本の指のエース
と呼ばれています。

牛島と同等の実力を持つというだけで
相当の実力であるということが
分かりますが

インターハイでもベスト4に入る
実績を残しており
牛島以上の実力を持つ可能性もあります。

一方梟谷エースの木兎もプレーに
むらはありますが絶対的
エースとして君臨しています。

両校ともにこの2人の絶対的エースに
気持ちよくプレーしてもらうことが
勝利に直結していると言えそうです。

東峰の進化が止まらない
リエーフの成長がヤバい!?

不安定

しかし桐生、木兎ともに完璧な
プレーヤーではなく

特にメンタル面の不安定さが
大きな弱点と言えそうです。

木兎のメンタルの不安定さは
度々描かれており
チームメイトも慣れたものです。

(古舘春一先生/集英社/ハイキュー)

一方桐生に関しては梟谷との
試合前に木兎に話しかけられた
ということだけに思い悩んでいます。

ここから桐生の心配性な
一面が見て取れます。

そして桐生のこの異変にセッターの
臼利はすかさず気付き
フォローを入れています。

狢坂に関してもエースのメンタルの
不安定さには慣れている
可能性が高そうです。

猫又監督は気付く!?
最強セッターランキング




赤葦

赤葦は梟谷のセッターとして
常に木兎の調子に気を使っています。

そして木兎が調子を崩した際の
対処にはチーム内でも定評があります。

春高バレー東京都予選準決勝
音駒との試合では木兎を立て直す

その手腕に音駒の猫又監督も
舌を巻いています。

木兎の機嫌は些細なことで
大きく変化します。

赤葦は木兎が自信をなくしたときは
素早く自信を回復させ

木兎が調子に乗りそうなときは
すかさず釘を刺すということを
うまく使い分けています。

しかしそんな赤葦でも
木兎の生態には不明な部分が

多いと言っており木兎の
研究はまだまだ続きそうです。

日向が鬼になる!?
ベスト4最後の1校は!?

臼利

狢坂の臼利も大エースである
桐生の調子には常に気を配って
いると考えられます。

桐生がどのようなプレーヤーで
どのような要因で調子を崩すのかは
分かっていませんが

木兎との試合前のやりとりから
弱気になって調子を崩すことが
多いのではないかと予想されます。

よって臼利は常に桐生が弱気に
ならないか気を配り

弱気になった場合には
自信を取り戻すように
仕向けていると考えられます。

しかし臼利の声掛けに対し桐生は
自身に心配事などあるはずは
ないと反論しており
プライドの高い一面も見せています。

(古舘春一先生/集英社/ハイキュー)

桐生の扱いも一筋縄では
いかなさそうです。

烏野決勝の相手は梟谷!?
小さな巨人はどんな人物!?

2年生

臼利と赤葦には多くの
共通点がありそうです。

互いに絶対的なエースを有する
チームのセッターをしている
ことはもちろんですが

エースが3年生であるのに対し
自身は2年生であるという
ことも共通しています。

両者ともに先輩である大エースを
上手く取り扱っていると言えそうです。

赤葦は2年生でありながら
木兎の扱いに関しては
チームで絶大な信頼を得ています。

臼利も同様に狢坂で一目
置かれていると予想されます。

赤葦は試合前に桐生に声をかける
臼利に同じにおいを
感じているようです。

春高とインターハイの違い!?
宮侑が日向にトスを上げる!?

まとめ

いよいよ始まる狢坂vs梟谷。

両校のエースである桐生と木兎に
注目が集まっていますが

両者ともにメンタル面の不安定さに
弱点がありそうです。

そしてそのメンタルをコントロール
しているのが両校セッターである
臼利と赤葦になります。

エース同士の戦いの陰で
セッターの働きが勝敗を分ける
ことになるかもしれません。

狢坂と梟谷の戦いはセッターの
臼利と赤葦に注目です。

【こんな記事も読まれています】

⇒【桐生はネガティブ!?
⇒【はやさに囚われる影山はもういない!?
⇒【烏野が敗退する可能性もある!?
⇒【星海が小さい巨人に近い理由!?
⇒【日向スーパーレシーブ!?
⇒【猫又監督は気付く!?
⇒【最強セッターランキング
⇒【研磨が怖い!?
⇒【夜久殺人レシーブ!!
⇒【日向が鬼になる!?
⇒【ベスト4最後の1校は!?




The following two tabs change content below.
オウガ

オウガ

漫画はジャンルを問わず 何でも読みます! 特に熱い漫画が大好き!! 熱い漫画から生きるエネルギー をもらっているアラサー男子です。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.9.12

【弱虫ペダル考察】インターハイ1年目の全結果!熱き戦いの見どころをおさらい!田所の「ヒメ」は名場面!?

(渡辺航先生 弱虫ペダル 27巻 引用) 小野田坂道らが 初出場した 1年目のインターハイの 結果と見どころを おさらい! …

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.10.20

ハンターハンター考察|ツェリードニヒは天才?!特質系=クズやサイコパス?!

(冨樫義博先生/集英社/ハンターハンター) ツェリードニヒは、 紛れもなく念の天才です。 主人公が天才的な、 俗に言う俺TU…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る