Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ601話展開予想|龐煖は信の元へ走る!胡漸の死を知り嘆く蒙恬か!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダムネタバレ601話展開予想|龐煖は信の元へ走る!胡漸の死を知り嘆く蒙恬か!



※確定情報更新(リンク下あらすじ)

601話 最新確定情報

【キングダム601話あらすじ】

咸陽に報せが入るが語られるのは橑陽のみ。
戦いの主軸は朱海平原の行方。
生きて戦っているのかと贏政は想像しながらも、
玉座に座して待つより他ない。
不可能と言われた戦での勝利の報告を待つ。

蒙恬は龐煖に出くわしておらず布陣中。
胡漸の死を悼む暇はないが少しだけ涙する。
まずは勝つ事だけを考えて行動しろと蒙恬は檄を飛ばす。

紀彗軍も今まで受け流されただけであったが今日は全力での戦となる。

王翦軍は田里弥と倉央の二軍で別れての布陣となる。
李牧軍も布陣をしているが鄴からの報せは入っていない様に感じる。

飛信隊も布陣し羌瘣と信は勝利を誓って拳をぶつけ合う。
王賁も前線に復帰して騎馬している。

最終日が遂に幕を開ける。

601話 最新確定
602話 先陣はどこ!?

王賁は史実で四国を滅ぼす!?




キングダム600話で胡漸の死が確定する龐煖の一撃があった。

蒙恬は軍略を考えていたが、
何かを感じ取って本陣に向かっていく事になる。

蒙恬は討ち死にした胡漸を見ながらも龐煖とは出くわさないのではないか。

龐煖も蒙恬を相手にここに現れた訳ではない。

戦う相手は信をおいて他には居ない。

王騎の武力に差し迫る勢いとなった信との戦いを目指したものであるはず。

馬を奪ってすぐに信の元に向かう可能性が高い。

龐煖は我慢出来るタイプの武将(武将の類いですら無いが)はない。

日の出と共に趙左翼を抜いて李牧中央軍に横撃を食らわせる王翦の策を実践する秦右翼。

王賁も立ち上がった事で秦国右翼の攻撃力は大幅に増した事になる。

キングダム601話では尭雲も軍に入って来る。

完全決着となる最終日ではあるが、
不穏分子の龐煖がどのタイミングで信の元に現れるのかで戦の状況は大きく変わるだろう。

尭雲を討つ前に現れるのだとすれば、
龐煖を討つのは王賁となるに違いない。

蒙恬が胡漸の死を知る

蒙恬が龐煖と対峙して何とか出来る武力ではない事も明白。

蒙恬の武力は信と王賁には決して及ばない。

龐煖の目的が信であるなら、
邪魔者がいなくなれば馬を奪ってそのまま信の元に駆けていく可能性は高い。

胡漸の死はまさに偶然そこに居合わせたからと言う理不尽な死となってしまう。

ただ龐煖の登場はいつもそんな兵士が多く存在する。

王賁の玉鳳隊では宮康が死に王賁も深手によって戦線離脱、
信の飛信隊では松左が死んでしまった。

楽華隊だけは無傷にも見えたが、
ここに来て不穏分子の龐煖に副長でジィの胡漸が殺される事になってしまった。

蒙恬が現れた時には、
一部が粉砕された本陣と胡漸の死が目の前に飛び込む形となるか。

そして、
兵たちによって龐煖に一撃を与えた事実が伝わるかもしれない。

子供を抱かせてあげると言う約束を叶えられずに死にゆく胡漸。

いつも飄々として緩やかに生きている蒙恬ではあるが、
初めて大きな悲しみと怒りを見せるかもしれない。

実際の親の如く育ててくれたのは胡漸。

蒙恬も最終日に今までにない戦を見せるのか。

ずっと右だと思わせた戦いの終局の鍵は左の蒙恬にある可能性も高い。

実際に王翦もその期待を込めているのではないか。

信や王賁よりも軍略の才に溢れている蒙恬。

胡漸を失った事で最終日に賭ける思いに変化が生まれるのか。

蒙恬の史実は活躍が少ないの!?

王翦は龐煖をどう見る

楽華隊が龐煖に襲われた事は王翦にも伝わるはず。

不穏分子の一人である龐煖の存在を王翦はどう見るのか。

向かう先が信である事は読み解くものと思われる。

だとすれば、
王賁が起き上がり戦線に復帰する事を知ってそのまま信に龐煖をぶつける策で進める事になるか。

信と龐煖の武の決着はいつ!?
王翦の強さは史実にあり!




李牧の戦略はどちら

秦右翼の最終日の戦略が記されたキングダム600話だった。

河了貂が言うには、
王翦から趙左翼を抜いた上で李牧の中央を横撃するように指令を出していると話している。

すでに作戦を練り上げた上で皆と共にいる河了貂。

趙左翼を抜くと言っても明日は尭雲が出る事も想像に容易い。

馬南慈軍は改めて飛信隊の攻撃によって大打撃を受けたが、
こちらも兵糧不足から力が出切らない現状ではある。

また李牧の元にも鄴の兵糧の一件が報告されるはず。

李牧もここで初めて自軍も時間があまり残されていない事を知る。

あれだけの人数を抱えてしまっている鄴において、
食べ物が底を尽きてしまえば人民の暴動は抑え込めない。

それは兵士についても同じ事だろう。

突然現れた龐煖の行動をどう読み解くのかが勝敗の鍵になると思われる。

趙峩龍討ちまで成し遂げた信の実力。

李牧は龐煖の方が強いと当然考えているだろうが、
時を稼がれて王賁が尭雲を討つ展開でも想像を超えたものになってしまう。

李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?

王賁が尭雲を討つ

この戦が終われば、
信と蒙恬と王賁は将軍へと上がっていく。

この約束は大王とのものでもあるため絶対的。

過去の功績から見てもこの三人はすでに将軍級の実力を持ち働きもしている。

それどころか、
今回の朱海平原において王賁と信と羌瘣については尭雲に六将の香りを匂わせた。

ただ純粋な功績で見てみると王賁だけが見劣りしてしまう。

蒙恬は早々に散った麻鉱亡き状況で軍を半数救い出した上に紀彗軍の攻撃をいなし続けている。

王翦が臨時の将軍に任命した事からも、
あの時点で最も功績が大きく将軍職に近い人物だったと推察される。

信に関しても、
趙左翼で最弱と思われた岳嬰を王騎の矛で討ち取った。

また趙左翼の頭脳と言うべき存在で藺相如の盾と言われる存在の趙峩龍まで討ち取りに成功。

これによって趙左翼は大きく傾いてしまった。

王賁の功績は今の所は尭雲の右腕への一撃が大きなものとなる。

確かに軍を覚醒させて兵糧無き状態で圧倒的武力としたのは大きな功績かもしれないが、
それは信も同じことをしている。

ここは龐煖が現れる事を加味しても王賁が尭雲討ちを果たしてくれるものだと信じたい。

王賁が尭雲を討ち、
趙左翼を飛信隊で抜いて李牧の中央に向かうのだとすれば龐煖が現れるのは中央となるのか。

李牧にしても鄴の時間が無い事を知り、
攻撃を持って王翦の殲滅に出てくるに違いない。

カイネや傅抵、
そして金毛も含めた総力戦が始まる。

キングダム601話の展開に注目。

602話 先陣はどこ!?

王賁は史実で四国を滅ぼす!?
馬南慈と趙峩龍と尭雲全て死亡!

【こんな記事も読まれています】

⇒【王翦の強さは史実にあり!
⇒【龐煖が史実と異なる!?
⇒【信と龐煖の武の決着はいつ!?
⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【李牧の史実にある処刑はナシ!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

よく読まれている記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る