【キングダム考察】昌平君の裏切り♦秦から楚へ♠項燕と共に楚の最終戦に挑む♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム 46巻引用)

秦国の軍総司令として
君臨している昌平君。

元は、
呂不韋の食客で
呂氏四柱の一人として
存在していた。

史実では、
あまり多くを語られて
いない昌平君。

歴史同様に、
秦国を
裏切る日が来るのだろうか。

⇒【項燕がラスボス!?李牧を超える!?





楚の公子

キングダムにおいても、
昌平君が楚の生まれであることは
語られている。

史実では、
昌平君は楚の公子(王族)である。

この事実は、
キングダムでも
語られることになるだろう。

現状の説では、
媧燐の弟という話が
登場しているが、
その可能性も否定できない。

その場合は、
媧燐もまた王族という
ことになってくる。

幼少時代は
恵まれない待遇を
受けていた媧燐。

その様子から見て、
王族というのも
考えにくいが
昌平君が弟という
可能性も否定はできない。

⇒【秦の楚侵攻!歴史的な大敗!?

楚の大戦

史実で見れば、
昌平君が楚に移るのは
楚との大戦が終わった後。

秦国は、
一度目の侵攻で
李信と蒙恬に20万を
率いらせて楚を攻めている。

途中までは、
この進軍も大勝利といえる
成果をあげた。

しかしながら、
項燕の策により、
李信と蒙恬は
強烈な痛手を追って敗走。

歴史的に見れば、
この時代に秦国が一時的にも
領地を取り戻された
事実はこの項燕の一件と
李牧しかなかった。

この20万の出兵の後、
秦国は王翦と蒙武が
率いる60万で楚を攻め入る。

これは秦国軍の
全軍だったと言われる。

そこで勝利した秦国。

⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?





昌平君が楚王

この時の王である、
負芻は捕えられる。

ここで、
楚は滅んだに思えた。

しかし、
生き残った項燕は
昌平君が楚の公子であることを
知っていたのだろう。

昌平君を立てて、
楚を復活させる。

すでに、
崩れていた楚を
立て直すことも
叶わずに昌平君は
道半ばに命を落とす。

項燕はその後に
自害したとされている。

⇒【李牧の史実にある処刑はナシ!?



裏切りの理由

昌平君は秦国において、
相国という地位にまで
上り詰める人物。

元は呂不韋の四柱であり、
その後は贏政に仕えて
大きな功をなし続ける。

相国というのは、
一時的に呂不韋がついた
あの地位である。

王の次席であり、
最高峰の地位と言える。

それを捨ててまで、
滅びかけた国の王に
なる必要が
どこにあったのだろうか。

媧燐の弟という
説が正しいのなら、
それが大きく絡む
事案があるのかもしれない。

しかし、
そうではなくそもそもが
楚に秦国を
飲み込ませるための
大きな策略だったという
事も考えられる。

最終的には、
それに気付かれた昌平君。

王翦と蒙武に
討たれてしまう
という可能性である。

⇒【武将の強さランキング(TOP10)

死ぬ王

秦国は、
列国を滅ぼす際に、
王を捕らえている。

そういう意味では、
一時期とは言え
楚王となった昌平君。

裏切りのためか、
討ち取られている。

死亡する王として
考えるなら唯一と言えるだろう。

蒙武とは幼馴染に
近い存在。

これを考えると、
キングダム内では
蒙武が討ち取って終わり
ということになりそう。

秦国の最高位にいながら
どこかで楚が全ての
統一をするように
裏で画策していたのだとすれば、
それを知った蒙武は
怒るに違いない。

李信と蒙恬が
項燕に敗れたのもまた
昌平君が裏で作戦を
楚側として立案
していたからなのかもしれない。

彼の裏切りが
秦国に及ぼす影響は
計り知れないものだっただろうと
感じる。

⇒【蒙恬の史実は活躍が少ないの!?

生き残り

楚の後に、
描かれる最後の戦いは
おそらく代と燕の連合との
戦になるだろう。

もしも、
この戦にまで
昌平君が
絡むことになれば、
李牧・昌平君・龐煖・司馬尚
といった面々との戦に
なるのかもしれない。

昌平君が死なないという
筋書きが必要にはなるが、
ありえない話でもないだろう。

もしも、
その中に項燕まで
入るのだとすれば、
最終の連合戦は
危険すぎる戦になる。

⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?
⇒【武将の強さランキング(TOP10)

【こんな記事も読まれています】

⇒【蒙恬の史実は活躍が少ないの!?
⇒【飛信隊は実在しない!?強さの源
⇒【趙の三大天呼称は実在しない!?
⇒【信とホウ煖との武の決着はいつ!?
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【李牧の史実にある処刑はナシ!?
⇒【信は趙滅亡に絡まない!?
⇒【李牧が嘉と!三大天全員逃亡!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信と蒙恬の歴史的な大敗!?
⇒【項燕がラスボス!?李牧を超える!?





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.2.9

【ハンターハンター考察】ベンジャミンバトン“星を継ぐもの”が強すぎる!?最終的に全私設兵の念能力を!?特質系か!?

(冨樫義博先生 ハンターハンター引用) ベンジャミンの念能力について 詳細が明らかに なっています。 しかし、 この念能力…

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.2.24

【ハンターハンター考察】カミーラの守護霊獣のある条件は何に!?操作系の強制型の能力!

(冨樫義博先生 ハンターハンター 362話引用) 牢屋に捕まった 状態のカミーラ。 そんな中、 守護霊獣の能力が 一部判明…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る