Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピース考察|決死の覚悟!丑三つ小僧であるトの康が“わざと”捕まった!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ワンピース考察|決死の覚悟!丑三つ小僧であるトの康が“わざと”捕まった!?

ワンピース941話では
トの康が丑三つ小僧であると判明した。

突然に丑三つ小僧であるトの康が
捕まってしまい、私は疑問であった。

丑三つ小僧は金持ちから見事に盗む技術を
持っており、捕まるとは考えにくい。

私はトの康が“わざと”捕まったのではないか
と考察した。

丑三つ小僧はトの康!!




丑三つ小僧の正体はトの康

ワンピース941話では、福ロクジュが
オロチに丑三つ小僧を捕まえたと報告した。

そして、捕まった丑三つ小僧の姿を見ると
驚くべき事に太鼓持ちのトの康だった。

かつては都の大名で本名は“康イエ”とも判明した。

ワノ国の人々を思ってお金持ちから金品を盗み、
貧乏長屋に配っていたのだろう。

実際、えびす町でも住人に金銭を分けており、
えびす町の仏と呼ばれていた。

人々のために、トの康は丑三つ小僧という
義賊を行っていたのだろう。

ワンピース941話あらすじ

トの康が“わざと”捕まった!?

しかし、私はワンピース941話で突然に
トの康が捕まった事に違和感を覚えた。

今まで誰にもバレずに金銭を
盗みだしてきた丑三つ小僧があっさりと
捕まってしまうだろうか。

また捕まったのも盗みを働く丑三つ時ではない。

トの康は“わざと”捕まったと考えるのが
自然ではないか?

トの康は目的を果たすために、
決死の覚悟で捕まったと考察した。

ヒョウ爺が最強の侍!?




トの康が捕まった理由

私はトの康が現在のオロチ・カイドウの支配を
糾弾する為に捕まったと考察した。

そして、ワノ国の人々にオロチ・カイドウら
への反乱の意志を焚き付けようとすると考えた。

トの康はナミやカン十郎らと接触しており、
鬼ヶ島の反乱の内容を知っている。

さらに“判じ絵”と“月の印”がバレて、
反乱の同志たちが捕まった事も知っている。

トの康は過去を悔い、反乱の力になりたいと
考えたのだろう。

そして、トの康はかつて都で慕われた
大名“康イエ”であることを利用しようと考えた。

康イエが丑三つ小僧で処刑されるとなれば、
ワノ国の多くの人々は注目する。

また、オロチが処刑を見せしめのため
公開するとトの康は予想していた。

ワノ国の多くの人々が見ている状況を
自分の命を睹してトの康は作ったのだ。

そして、ワノ国に向けてオロチ・カイドウへの
反乱を巻き起こす演説をしてくれるだろう。

お菊=菊の丞!!

942話は神回となる!?

トの康が自らの命を睹してワノ国の人々を
焚き付けられるのは、『えびす町の最愛』である
からだろう。

かつて康イエとして都の大名であった時も
多くの人々に慕われていたのだろう。

そのために、トの康の言葉に
ワノ国の人々は耳を貸し心に響く。

まるでロジャーの処刑のようだ。

ロジャーも海賊王と呼ばれ、多くの海賊の憧れ。

そのロジャーが命を睹して語った
ワンピースの存在。

多くの人々が心動かされ、海へと冒険に出た。

ワンピースの醍醐味である命をかけた名演説。

今回も康イエが自らの命をかけた演説を行い、
ワンピース942話は神回となるかもしれない。

ローのカイドウの倒し方

まとめ

丑三つ小僧であるトの康が突然捕まった事を
疑問に感じ、“わざと”捕まったと考察した。

磔にされながらも『笑ってあの世に参ろうぞ』と
語るトの康に迷いななさそうだ。

果たして、トの康が何を語るのか?

ワンピース942話以降も目が離せない!!

康イエが語る

【こんな記事も読まれています】

⇒【ワノ国開国を目論む別勢力!
⇒【モモの助が開国の鍵!!
⇒【ゾロがカイドウを倒す!?
⇒【河松の正体はカッパ!?
⇒【ゴムゴムの実の能力は既に覚醒!?
⇒【カイドウが仲間を増やす理由判明!?
⇒【ワノ国にポーネグリフ!?
⇒【おトコが光月トキか!?
⇒【ビッグマムがワノ国を救う!?
⇒【ゾロはオロチと戦う!?
⇒【コング遂に登場!
⇒【お菊=菊の丞!やっぱり男、、




The following two tabs change content below.
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

よく読まれている記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る