【ワンピース考察】ルフィVSビッグマムは後で確定!?カタクリの発言からワノ国編突入!?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(尾田栄一郎先生 ワンピース89巻引用)

ルフィVSカタクリ戦は
ひと段落ついた様子。

その際には
カタクリから
意味深な質問。

ホールケーキ編も
いよいよ終わることと
なりそうです。

⇒【ビッグマム最期は海に沈む!?





またいつか

カタクリは
ルフィに対して、
ビッグマムを倒しに
また戻ってくるのかと
問いかけています。

そして、
ルフィはお決まりの
「海賊王」になる男だから
当たり前だという返答。

ということは、
ルフィVSビッグマムが
描かれることは
まだなさそうですね。

⇒【再戦でビッグマムVSルフィ!?

次、
描かれる頃には
ルフィがビッグマムを
余裕で倒せるくらいに
なっているのでしょうか?

それこそ
海賊王の一歩手前まで
来ていたとしたら、

成長を感じさせる描写
としても感慨深いものに
なりそうです。

⇒【ビッグマムの分身の名前の由来!
⇒【メモメモの実は最強!?

成長

ホールケーキ編では
ポーネグリフの入手や
ジンベエとの合流も
描かれましたが、

最も大きい収穫は
このルフィの成長に
他ならないでしょう。

最初こそは
手も足もでなかった
ルフィですが、

少し未来が見える
見聞色の覇気の感触は
つかんでいます。

⇒【ルフィはカタクリの性格を意識!?

これだけでも
凄いですが、

新技のスネイクマンから
多様性が増えていますし、

何より
懸賞金10億級を倒した
という事実。

現状ルフィは5億級ですが、
このホールケーキ編で
倍近くの強さまで成長したと
言って良いのかもしれませんね。

⇒【スネイクマンの特徴は!?
⇒【ルフィの大技は王蛇!?





ワノ国編

歴史好きとしても
知られている尾田先生
ですから、

今後描かれるであろう
ワノ国編は本人が何よりも
楽しみにしているように
思います。

そして、
ワノ国というと
余所者を受け付けない
鎖国国家であったり、
世界政府に加盟
していなかったり、
侍が強すぎるとの
話しですが、

日本の江戸時代を
モデルにしている
可能性が高いでしょうか。

となると
新撰組のような
人たちが出てくるのか、

ペリー襲来として
黒ひげがやってくるのか、

クーデターで
革命軍が絡んで
来るのか、

何しても
この段階でもさまざまな
展開が予想されています。

⇒【ワノ国で回収される伏線とは!?

ボリュームはかなり多く
なりそうです。

更に
ワノ国編というと
新世界編の終盤と
言って良い。

その後は最終章が
始まる事でしょうが、
そういう意味では
ルフィを急速に成長
させる必要も
あったのかもしれませんね。

それゆえのカタクリ戦
だったとしたら
ルフィは会うべき時に
会うべき人間に出会えている
運の良いキャラクーだとも
言えそうです

では
作中でも
終わりそうな
雰囲気を出して
きましたが、

どうひと段落
つけるのかに
期待です。

⇒【ワノ国で回収される伏線とは!?
⇒【スネイクマンの特徴は!?

【こんな記事も読まれている】

⇒【カイドウのモデルは魔神ブウ!?
⇒【プリン第三の目と万物の声!?
⇒【ゾロ、ダイヤ斬りミホーク越え!?
⇒【ゾロが蛇の目でミホーク鷹の目!?
⇒【ズニーシャの罪と罰!?陸王類!?
⇒【アダム・イブ・ノアの共通点とは!?
⇒【マリージョア楊樹イヴが大秘宝!?
⇒【巨人族ロキが仲間になる!?
⇒【テキーラウルフの真相!?
⇒【懸賞金ランキング!




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.10.15

【東京喰種:re考察】亜門はスケアクロウ(ヒデ)から口止め!?金木に伝えなかった理由は!?共存を願っている?

(石田スイ先生 東京喰種:re 11巻引用) スケアクロウが 自身をヒデだと 公言しました。 そして、 流島編以前より …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る