【約束のネバーランド考察】出荷時ノーマンのトランクは「ほぼ空」♦中身は糸電話だった♥

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(約ネバ 糸電話 4巻 引用)

出荷されるノーマンが
ママにトランクの事を聴かれて
答えている。

ノーマン「うん、ほぼね」(29話より)

そこには何が入っていた
のかと話題になっていた。

その答えが、
4巻で出された。





糸電話

正体は、
「糸電話」

それは、
本編には登場していない
お話。

このあたりは、
粋な計らいと取れる。

単行本で、
ミニストーリーが
差し込まれる事があるが、
そこで登場した糸電話。

病気のノーマンに
近づいてはいけないけど
話がしたい子供たち。

そして、
最終的に出た答え。

それが、
糸電話だった。

これで、
ノーマンは風邪だけど
みんなと話が出来た。

なぜノーマンは糸電話を

トランクに何も入れない
というのではなく、
なぜ糸電話を
入れたのだろうか。

それは、
「思い出の品」だからだろう。

リトルバニーから
この物語は始まったとも言える。

ノーマンにとって
大切なものは
エマやレイたちであり、
物ではなかったと思える。

そして、
もしもコニーのように
リトルバニーに近いもの
と考えた時に
出てきたのが
あのエピソードにあった
糸電話だったのかもしれない。

⇒【脱獄15名のキャラまとめ





ノーマンは生きているのか

ノーマンは出荷された時、
何とも言えない表情を
していた。

それは、
覚悟を決めていた
天才ノーマンの
心を折るような何かだった
とも考えられる。

誰がそこに立っていたら、
この表情になるのか。

鬼や、
クローネなどが
立っていても、
こうはならないはず。

ノーマンがまるで
絶望したかのような表情。

それは、
自分が残してきた全てが
偽りの世界での
戯言だったと知ったような
様子でもある。

ひょっとしたら、
フルスコアでの出荷は
イコール生存ということも
あるのかもしれない。

それならば、
わざわざ危険な外に
導く必要はなかったと言える。

逆に、
ここにエマやレイが
瓶漬けにされて
置かれていたら。

それもまた、
ノーマンにとっては
絶望だろう。

そのエマやレイは
クローンかもしれない。

しかし、
その発想を持っていない
ノーマンにとっては
絶望より他ない。

ノーマンが嘘ばかりの
この場所で見たものは一体。

⇒【レイ最後の本でエマ嘘付き!?
⇒【クローン説の伏線が凄い!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【脱獄15名のキャラまとめ
⇒【ノーマンが敵になる!?
⇒【外の世界は鬼を知らない!?
⇒【鬼の用語と神存在は発音不可!?
⇒【鬼にも武闘派がいる!?
⇒【フクロウが暗示するもの!?
⇒【食人鬼は元人間!?
⇒【隠れ文字HAPPY NEW YEAR!?
⇒【ミネルヴァは食人鬼の抵抗勢力!?
⇒【首のナンバーの謎が解明!?





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 7月 06日 1:09pm

    確かにノーマンの顔見てると、
    恐怖をこえたなんかがあったんだろな

    • 匿名
    • 2017年 7月 07日 4:30pm

    ノーマンが見たものはノーマンだったりすると面白そうです。
    クローン説があったので勝手な想像ですが
    ペンをわざと落としたのも大人になったノーマン(部屋で出荷されたノーマンが見た人物)
    ミネルヴァ自身も(脱獄成功をした)ノーマンなんて事も・・?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2017.5.16

【亜人考察】オグラ博士はなぜIBMが見える?最後のマイセンFKを吸い終わったら命も終わるのか?

(亜人 46話 アメリカの研究所にいるオグラ博士 引用) 亜人の謎をとく中心人物となる オグラ・イクヤ博士。 亜人のことを、 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る