ワンピースネタバレ939話展開予想2|小紫(日和)がゾロに恋する!?ゾロの対戦相手はオロチで確定か?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピースネタバレ939話展開予想2|小紫(日和)がゾロに恋する!?ゾロの対戦相手はオロチで確定か?

※確定情報更新(リンク下あらすじ)

939話 ヒョウ五郎が強い!

ゾロは素性を明かして日和が安心する。

モモの助と出会えるのも時間の問題と言えるが、
ビッグマムと採掘場に向かっていてひと悶着あるのは確実。

大相撲インフェルノでは新たな敵が現れる。

アルマジロのSMILEが相手でルフィはレイリーの覇気を練習する。

ヒョウ五郎がルフィが何をしようとしているのかが分かる。

アルマジロ相手にレイリーの覇気を使って相手を吹き飛ばす。

ワノ国での師匠はヒョウ五郎となるか。

939話 ヒョウ五郎の覇気

小紫死亡はフェイク




おトコと共に鎌ぞうから逃げていた美女は
モモの助の妹・日和(ひより)であった。

日和とおトコはオロチの怒りを買い
花の都には戻れないため、
今後はゾロが護衛役になるのだろう。

ゾロvsオロチ将軍の戦いが実現するのか?

小紫=日和

ゾロが助けた美女の正体が
光月家の日和(ひより)ということが判明した。
また、小紫の正体も日和ということになる。

日和とおトコはオロチの逆鱗に触れてしまい
都には戻れないので、しばらくの間は
ゾロと行動を共にするのだろう。

鎌ぞうを倒したゾロを見て
日和はドキドキしてしまっているので
ゾロに恋をする展開も考えられる。

そうすると、日和の宿敵である
オロチと戦うのはゾロになるのだろうか?

ゾロが黒炭オロチを倒す可能性

牛鬼丸との決戦

おいはぎ橋の牛鬼丸は
都でも有名な存在であった。

武器を持って橋を渡ろうとすれば
僧兵の牛鬼丸が追い剥ぎに来る。

しかし、秋水の奪還には
牛鬼丸との戦いは不可欠となる。

人斬り鎌ぞうとの死闘の後に
ゾロに対して追撃をやめた所を考えれば、
牛鬼丸は悪いキャラではなさそうだ。

今後の展開によっては
牛鬼丸がゾロを認めて秋水を託すといった
可能性も考えられる。

モモの助の“スナッチ”の意味!




ゾロが今後戦う相手

ワノ国編ではゾロの活躍が期待されているため
今後もゾロの戦闘シーンは増えるはずだ。

麦わら一味の中で
ルフィの次に強いキャラはゾロかサンジ。
現在の懸賞額はサンジがゾロを上回っている。
⇒【麦わら一味懸賞金ランキング!

しかし、ゾロが連続で大物を倒していけば
ワノ国編で懸賞額の逆転もあり得るだろう。

対戦する相手が剣を使う人物だと考えれば、
オロチ将軍やキングなどが当てはまる。

ワノ国が本当にゾロにスポットを当てるような
舞台となるのであれば、幹部級を二人程度は
倒すのではないだろうか。

ゾロの活躍に期待が高まる。

河松=河童

麦わら一味が強い

麦わら一味とカイドウ一味の
戦力を比べてみると
大きな差は無いように見える。

大看板三人の強さは規格外だが
飛び六胞については
サンジとページワンとの戦いから
そこまで危険視するものではない。

麦わら一味側はまだローも控えており、
アシュラ童子も仲間になれば
ジャック級の強さが期待できる。

カイドウのみを除けば
麦わら一味に分があるのではないだろうか。

この状況を一転させるのは
やはりビッグマム海賊団だろう。

もし鬼ヶ島で麦わら、カイドウ、ビックマムの
三つ巴の戦いになれば展開は全く読めない。

ティーチの読みどおり、
海賊王の覇権を賭けた戦いが始まるのか。

トランプ以外は裏切り者

小紫の正体は日和様!?
ヒョウ五郎と狂死郎の関係とは!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【麦わら一味懸賞金ランキング!
⇒【オロチが鎖国にこだわる理由は!?
⇒【ワノ国にいるカリブーの狙いは!?
⇒【海楼石はワノ国産!光月家絡む!?
⇒【小紫の正体は日和様!?
⇒【モリア全盛期はカイドウと互角!?
⇒【河松と傳ジローの正体は!?
⇒【人斬り鎌ぞう丑三つ小僧の正体!?
⇒【イム様は過去の登場人物!?
⇒【黒炭オロチの正体は八岐大蛇!?
⇒【火災のキングはマゼランの兄弟!?
⇒【ワンピース三大美女は誰?




The following two tabs change content below.

団長さん

漫画はオールジャンル読むが、心理描写が巧みな作品が特に好き。 1番のお気に入りは今も昔もHUNTER×HUNTER。 悪役が放つ名言に陶酔する

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る