Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピース考察|記憶喪失のビッグマムがワノ国の食料事情を救う!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ワンピース考察|記憶喪失のビッグマムがワノ国の食料事情を救う!?

ルフィたちをワノ国まで
追いかけてきたビッグマム

しかし百獣海賊団の大看板キング
によってワノ国の侵入を拒まれ、
ビッグマムは船から落ちて記憶を失った

その後、記憶喪失のビッグマム改めおリンとして
チョッパーらと同行。

ワノ国はカイドウらが豊かな食料を
独占しているため、ビッグマムの
お腹は減る一方。

私はビッグマムが空腹に耐え切れずに、
ワノ国の食料集中する桃源農園を襲い、
ワノ国人々へ食料を開放すると考えている。

クイーンVSビッグマム




記憶喪失のビッグマム

ルフィたちを追いかけて、
カイドウら百獣海賊団が拠点にする
ワノ国をビッグマムが襲来

カイドウはビッグマムとの交戦を嫌い、
部下たちに追い返すように指示。

大看板であるキングが
ワノ国を囲う滝を登ってきた
ビッグマム海賊団を追い返した。

この際に船がさかさまになり、
ビッグマムが海へと落ちてしまった。

さすがの四皇ビッグマム、悪魔の実の能力者で
あっても海に落ちても死なず、
ワノ国の海岸に流されていた。

しかし、落ちたときの衝撃か、
ビッグマムは記憶喪失になっていた。

記憶喪失のビッグマムはチョッパーとお玉
に発見され、共に行動することになった。

ゾロの新しい刀

ワノ国の食料事情

チョッパーらと同行したビッグマムは
お鶴からおしるこをもらった際に、

『食いたりねェけどもあんたも
  貧乏なのにありがとねつるさん!』

と話す。

ビッグマムの言う通り、
ワノ国はカイドウらが武器を生産するために、
土地が汚染されて食べ物が作れない状況。

そして、唯一食べ物が作れる桃源農園は
カイドウらによって独占されていた。

そのため、ワノ国に住む平民は十分に
食料が供給されず、都の食べ残りが
回ってきて何とか飢えを凌いでいた。

カイドウが仲間を増やす理由判明!?




ビッグマム、お腹減る…

ビッグマムはお腹が減っていた。

お鶴からもらったおしるこを
食べた直後にはお腹がなっていた。

また、チョッパーを見ては
食べたそうな顔をして、見つめていた。

ビッグマムの空腹は侮れない。

子供の頃には食い患いを起こして、
巨人族の英雄ヨルルを殺してしまった。

ホールアイランド編でも、
ケーキ求めるあまり食い患いを起こし
大暴れしていた。

おしるこを求めて兎丼に向かうが、
それでもビッグマムのお腹が
満たされなければどうなるのか?

カイドウを倒すのはビッグマム!?

ビッグマムがワノ国食料を解放!

ビッグマムが空腹故にワノ国でも
食い患いになった場合の行動は、
食べ物が集まる場所へまずは向かうだろう。

つまり、ワノ国の食料庫である
桃源農園』をビッグマムは襲うのだ。

桃源農園にはビッグマムのお腹を満たす量の
食料は確実にあり、お腹が満たされた
ビッグマムは正気を取り戻すのだ。

正気を取り戻したビッグマムの次の行動は、
親切にされたワノ国の人々に分け与える』だ。

おしるこをもらったお鶴には
ビッグマムは非常に感謝しており、
恩返しをしたいはずだ。

また、ビッグマムの夢は
全種族差別なく暮らせる国づくり』であり、
記憶喪失になっても夢は忘れてないだろう。

そのため、自分が満たされれば
ワノ国の人々に平等に食料を分け与えるだろう。

日和がゾロに恋をする

まとめ

ビッグマムは兎丼に向かい、おしるこを
食べるクイーンとは交戦必至だろう。

しかし、クイーンの持つおしるこだけで
ビッグマムが満たされるとは思えない。

ビッグマムがワノ国でいつ食い患いを
起こすかドキドキだ。

カイドウとしては、ビッグマムに
入国を許したのは最大のミスとなりそうだ。

ワノ国開国を目論む別勢力!

【こんな記事も読まれています】

⇒【ワノ国開国を目論む別勢力!
⇒【モモの助が開国の鍵!!
⇒【ゾロがカイドウを倒す!?
⇒【河松の正体はカッパ!?
⇒【ギフターズはお玉に奪われる!
⇒【カイドウが仲間を増やす理由判明!?
⇒【ワノ国にポーネグリフ!?
⇒【おトコが光月トキか!?




The following two tabs change content below.
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る