【キングダムネタバレ】576話:4は王翦の閼与攻めが確定か♣朱海平原は信と蒙恬と王賁と羌瘣にかかる♦

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(原泰久先生/集英社/キングダム)

※確定あらすじ※

10日目が終わる。

亜光は天幕で寝込んでいる。

亜光軍を引き入れるのは
若君である王賁だけと言われる。

夜中に番陽と関常の話。

今の采配は異常。

そして、
王翦に対しての噂。

王賁を実の息子ではないと
疑っているという。

⇒【576話 王翦は王賁を疑う!
⇒【577話 王賁指揮で右が動き出す!?

⇒【王翦の閼与落とし!李牧想定外!




王翦からの指示がないままに
始まってしまった朱海平原の戦。

右の戦場では信が王翦の考えを
分からないままに進んでいる。

亜光が危険な状況になる
という想像も王翦にはなかったのか。

しかし、
今朱海平原の中央に王翦が
いないという説が濃厚になっている。

史実の閼与攻めに
向かっているということか。

閼与を攻める

必ず勝てる戦しか興味ない。

そう言われる王翦。

しかし、
今の朱海平原の流れを見ると
そうは感じられない。

麻鉱を討たれて、
次は亜光が犠牲になる形。

信や王賁を信じているとしても
さすがにギリギリを狙い過ぎている。

また咸陽でもこの王翦の兵糧の戦は
無謀という話になっていた。

全く別の方法を取っているのは
ほぼ確実だろう。

それが、
史実にある閼与陥落ではないかと
予想されている。

実際に閼与を王翦が少数にて
攻め抜きそこから秦国の援軍を
引き入れることができれば
この戦は容易に勝利に導ける。

李牧も想像していない事態だろう。

閼与は王都圏のもう一つの出入り口。

昌平君が少し想像して考えれば
王翦のやろうとしていることにも
届いているのではないか。

兵站の確保はもちろんのこと、
そこに騰あたりの援軍が待っていると
李牧も勝利を導けない。

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【李牧は史実でも最強の武将!?




信も重要

ただ王翦不在の間に
朱海平原が敗れてしまえば何の意味もない。

李牧としては、
もう一歩中央軍の減少を
狙っているだろう。

王翦がいない今の間に
攻め込めれば李牧の勝利が確定する。

しかし、
右の戦場での状況からそこを
狙って力を集中させるのは
当然のことと言えるだろう。

ムダな犠牲を出さない。

李牧のそういった平和主義が
勝利を逃した可能性もある。

それでも右の戦場を
抜かれないために信や王賁の役割は
大きなものとなる。

王翦の指示がない状況でも
尭雲討ちを目指していく。

それが無ければ、
閼与が陥落したとしても
李牧に戦う矛を持った状態に
させてしまう。

信の尭雲討ちというのは
やはり必須事項と言えるだろう。

⇒【信は趙滅亡に絡まない!?
⇒【藺相如とは一体どんな人物!?

王賁と蒙恬

王賁と蒙恬は将を誰も討っていない。

信はすでに岳嬰を討っているが、
朱海平原において将討ちという
武功を上げるのんだとすれば
蒙恬が紀彗ということになるか。

それとも、
今回は紀彗の側近の馬呈を
蒙恬が討ち、
馬南慈を王賁。

信が尭雲と岳嬰という流れか。

生き残るだけでも
将軍への約束がされたようなもの。

いま現状でも十分にこの三人に
将軍としての素養があるのは分かる。

朱海平原の戦は
王翦不在という状況なら
この三人と羌瘣の四人に
かかっていると言って
間違いない。

⇒【577話 王賁指揮で右が動き出す!?
⇒【王翦の閼与落とし!李牧想定外!

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【羌瘣が王翦軍の幹部になる!?
⇒【信と龐煖との武の決着はいつ!?
⇒【李牧は史実でも最強の武将!?
⇒【信は趙滅亡に絡まない!?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?
⇒【項燕がラスボス!?李牧を超える!?



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.13

【東京喰種:re考察】カネキのタロット7は何を意味するのか♣逆位置の「暴走」はまさに♠

(石田スイ先生 東京喰種:re 144話引用) カネキの暴走。 その前に、 ちょっとコメディタッチな 感じでカネキの中の …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る