Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム考察|楚の巨人・汗明は最強の武将じゃない!本当の正体を紹介!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム考察|楚の巨人・汗明は最強の武将じゃない!本当の正体を紹介!

合従軍編で活躍した楚の将軍汗明を覚えていますか?
秦国最強の武将・蒙武を追い詰め、圧倒的な武力を見せつけました。

楚の将軍の強さに驚かされた人も多いでしょう。
しかし史実で汗明は最強の武将ではありません!

意外な汗明の正体とは?
史実で明かされる汗明について紹介します。

楚戦で最強の敵が現れる
項燕と昌平君がラスボス

合従軍編で活躍!楚の総大将・汗明の実力!

趙・魏・韓・燕・楚の五か国が連合を組み秦を攻めた戦いが合従軍編です。
楚軍の総大将として秦の前に立ちはだかりました。

キングダム29巻 合従軍での楚軍総大将汗明

キングダム29巻/原泰久先生/集英社
合従軍での楚軍総大将汗明

楚は中華一の巨大な国土を誇ります。
その中で将軍になるためには数多くの兵から選抜される必要があります。

そのため楚軍は他の六国よりも競争が厳しく、強い将軍が多いです。
汗明はその中でも群を抜いており、秦の六大将軍・王齕(おうこつ)を一太刀で倒しました。

中華一と言っても過言ではない武力を誇ります。

武将の強さランキング(TOP10)

中華最強を決める戦い!汗明VS蒙武

中華最強を自負する汗明は合従軍編で中華最強を目指す秦の武将・蒙武と戦います。
一騎打ちとなった戦いは激しいものとなりました。

蒙武は汗明に押されますが、徐々に強さを覚醒させ、一進一退の攻防を繰り広げます。
互いに視力を尽くし、ボロボロになった時、楚の刺客が蒙武を背後から討とうと試みました。

しかし蒙武の息子・蒙恬が刺客を阻みますが、一騎打ちの邪魔をしてしまい、汗明に切られます。
息子が切られた蒙武はこれまで以上に力を発揮して汗明を最強の力で討ちました。

キングダム649話 汗明を討ち取る蒙武

キングダム649話/原泰久先生/集英社
汗明を討ち取る蒙武

こうして中華最強を決める戦いは蒙武に軍配が上がります。
この戦いに勝利したことで蒙武は中華全土にその名を轟かせる武将になりました。

新六大将軍は誰の手に!?

史実では武将じゃない?汗明の本当の正体!

汗明は蒙武に負けるまで中華最強でした。
しかし汗明の実際の正体は意外なものです。

史実では汗明は「遊説家」と記録されていました。
話の才で春申君に取り入ろうとしたと記録されています。

故事成語「塩車の憾み」を遺したとされ、一度も戦場で戦った記録はありません。
屈強な大男というイメージの汗明は実在しなかったのです!

春秋戦国時代の史実から予想

まとめ

汗明の正体について紹介しました。
遊説家は意外な正体だったのではないでしょうか?

実在しない武将を最強の武将として描きあげたキングダムの世界観が素晴らしいです。
オリジナルの武将の活躍も光るキングダムの今後から目が離せません!

この記事はキングダム好きの【こまたぬき】が書きました。

【こんな記事も読まれています】

⇒【王翦の強さは史実にあり!
⇒【騰が韓を滅亡させる!
⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【羌瘣は信と結婚するのか!
⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.4.24

【ブラッククローバー考察】真の黒幕がいる!?エルフ族が王族を嫌う理由!?光魔法は本当にテティア兄!?

(田畠裕基先生 ブラッククローバー 146話引用) 146話で 描かれた リヒトやパトリらの エルフ族の回想。 ここに彼ら…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る