【キングダム考察】王翦の閼与落とし♦精鋭のみの攻め上がりは李牧の想像の外♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生/集英社/キングダム)

王翦と李牧の戦い。

朱海平原において繰り広げられる。

しかし、
史実においての王翦は
この朱海平原という戦に登場しない。

そもそも朱海平原という戦が
史実にはない。

閼与に向けてある程度の武功の者のみを
連れて攻め上がり突破する。

この事実を考えると、
すでに王翦は朱海平原にいないと
考えるのが妥当か。

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?




閼与の戦

鄴攻めは王翦が史実で最初に
名を轟かせる戦と言える。

その後も、
趙と楚の滅亡に関わっている。

そう考えると、
秦国にとって強敵であり
危険を伴う国の崩壊は全て王翦が
いたから成せたとも言える。

その鄴攻めのクライマックスが
閼与の戦いになる。

王都圏に入り込んだ王翦は、
桓騎と楊端和を置き、
さらに自軍を精鋭のみにしてから
閼与を攻めた。

朱海平原の部分は史実にはない。

しかし、
この部分を見れば朱海平原での戦が
両軍10万規模であり、
史実と異なる展開となる。

閼与撃破という部分を
考えると王翦はすでに朱海平原を
抜け出して閼与に向かっていると
考えてもいいのか。

ただ、
中央にもそう多くはない軍しか
存在していなかった。

李牧の目を盗んで
どの程度の規模で閼与に向かったのか
それはまだ分からない。

⇒【李牧は史実でも最強の武将!?




王翦が最強

李牧は現状で見れば
中華最強の武将に思える。

しかし、
それは王翦の鬼才に気づいていない
からという事も言えるだろう。

知略のみで若い頃から六将の席に
入り込めるレベルにあったという王翦。

大人となり幾つもの戦を経験した
王翦はさらに知略に磨きがかかっていると
考えて間違いない。

楊端和のところでも
隙きをついての城取りが行われた。

閼与というもう一つの出入り口を
先に陥落させることで
秦国からの援軍にも期待出来る。

秦国としても残る武将はそう多くない。

それでもこの戦のために
蒙武か騰が援軍として閼与まで
上ってきていた場合。

李牧の敗北は確実と言えるだろう。

⇒【李牧の史実にある処刑はナシ!?
⇒【信は趙滅亡に絡まない!?

朱海平原の惨状

ただ援軍が現れたとしても
朱海平原での秦国軍が壊滅状態なら
話は変わってくる。

問題なく鄴の解放が可能になるだろう。

やはり、
朱海平原は朱海平原として
援軍到着によって趙が戦えない
状況まで追いやる必要がある。

そういう意味では、
信が尭雲を討つなどの功績は
必須と言える。

紀彗や尭雲や馬南慈といった
精鋭が残った状態であれば
閼与が陥落したと言っても
李牧は諦めはしない。

李牧の誤算というのは
王翦の動きにプラスして
信や蒙恬や王賁といった
新勢力の戦力を見誤ったことに
あるといえるだろう。

王翦の閼与陥落。

信の尭雲討ち。

蒙恬の紀彗討ち。

王賁の馬南慈討ち。

もしこれが成れば、
秦国の大勝利といえる。

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【李牧は史実でも最強の武将!?
⇒【李牧の史実にある処刑はナシ!?
⇒【李牧が嘉と!三大天全員逃亡!?
⇒【王賁は史実で4国を滅ぼす!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?
⇒【項燕がラスボス!?李牧を超える!?
⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.8.4

【エクスアーム考察】8巻までに登場したEX-ARMの種類と判明した能力まとめ!

(エクスアーム 46話 競売人 引用) 誰がどんな意図で エクスアームを製作したのか? 未だに 解明されていない 謎は多い…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.11.3

【キングダム考察】王賁の最期はどうなる♣史実と比較♠息子の王離は項羽に敗北♦

(原泰久先生 キングダム 47巻引用) 朱海平原で 大将軍の景色が 見えるまで覚醒を 果たした王賁。 実際に、 史実では…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る