【キングダムネタバレ】519話 「李牧と王翦の激突!歴史に挑む秦の挑戦か!?」

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(キングダム 相対する敵を討つ 517話 引用)

※確定更新※
⇒【519話 確定の内容
⇒【520話 確定の内容

楊端和が公孫龍に向けて
先に放った刃。

舜水樹を待たずに、
趙の一部分を崩壊させる
ということなのでしょうか。

そうすれば、
舜水樹が到着したとしても、
すぐに攻撃に転じられる程の
余力が無いという
ことにもなりそうですね。

⇒【前話 518話の内容





李牧と王翦

何と言っても、
今回の戦いは閼与軍に
王翦率いる部隊がどのように
戦っていくのかが見ものです。

李牧と王翦の直接対決。

今までは、
どちらかと言えば、
遠距離での指示ですぐに
行動を変化させることが
できずにいた李牧。

閼与軍に入って指揮をすれば
そんなことはないでしょう。

紛れもなく、
中華最強クラスの知略と武勇を
持っている李牧。

そこに軍略だけで、
六将になれると評された
王翦が立ち向かいます。

すでに勝ちの絵は描けている
のかもしれませんよ。

⇒【趙滅亡の流れ!悼襄王の末路!?

飛信隊の配置は

王翦は、
自軍の本軍である7万と、
独立遊軍の1万8千を率いて
李牧の入る閼与軍と対峙します。

飛信隊は、
持ち前の突破力があります。

場合によっては、
最前線の第一軍に配置される
って可能性もありそうです。

517話の対戦構図で見ると、
飛信隊は紀彗の軍と戦う
ことになりそう。

紀彗もまた、
李牧が認めた将軍の一人。

容易に勝たせてはくれないでしょう。

⇒【太子嘉の行末!王位継承せず!?





閼与という場所

閼与という場所は、
六大将軍と廉頗がいた三大天の時代に
秦国と趙国で戦が
行われた場所としても有名。

閼与の戦いといえば、
史実でも有名です。

この時は、
六将の胡昜が、
趙奢に負けました。

胡昜といえば、
昌平君の師匠にあたる人物。

そして、
王翦を軍略のみで
六将になれると評価した
人物でもあります。

六将レベルといっても、
何ら遜色のない王翦と、
現三大天が、
今この場所で戦う。

正に、
秦国にとっては
負けられない戦いとなります。

李牧の軍は初めて

キングダムで、
李牧の軍が普通に激突するのを
見るのは初めてですね。

合従軍はあくまでも
連合として率いていた
だけに過ぎませんでした。

そういう意味では、
秦軍にとっても
予想外の強さを見せつけられて
しまうかもしれないという
危険性をはらみます。

カイネと河了貂。

戦場であったら、
敵同士なのは間違いないですが、
もしも飛信隊とカイネの部隊が
ぶつかるようなことがあれば。

ちょっと切ない気持ちに
なるかもしれません。

王翦が見せる策略。

李牧の見せる策略。

そして、
想像を超える力のぶつかり合い。

副将の亜光と麻鉱の強さも
未だ誰も見ていません。

注目の一戦の幕開けですね!

⇒【520話 確定の内容

⇒【趙の三大天呼称は実在しない!?
⇒【桓騎は李牧に敗北!?扈輒に勝利!?
⇒【李牧は趙王(幽繆王)に処刑!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【趙滅亡の流れ!悼襄王の末路!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【燕の楽毅は歴史の名将だった
⇒【政が暗サツ!?燕の奇行!?
⇒【太子嘉の行末!王位継承せず!?
⇒【信が李信に改名する理由!?
⇒【信の嫁は!?羌カイか河了貂か?
⇒【楚の大戦は強敵全員集合!?
⇒【項燕がラスボス!?李牧を超える!?
⇒【最後の戦は起こらない!?斉の約束
⇒【蒙恬が万里の長城の大功績の礎!?
⇒【武将の強さランキング(TOP10)





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.

王キン将軍

キングダムは史実を参考にしながら進むオリジナルストーリーで中国史が好きでも純粋に愉しめるのがいいところですよ、ココココ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.2.25

【東京喰種:re考察】旧多の目的は全ての「王」の統一か!?唯一の人間サイド!?(トーキョーグール)

(東京喰種:re 旧多とエトの結末 82話 引用) 強すぎた旧多ニ福(ふるたにむら)。 隻眼の王と思われていたエト(高槻)をも瞬…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る