【キングダム考察】羌瘣(きょうかい)と信が恋人つなぎで寝る♦嫁の最有力候補はやはり♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

羌瘣は
復讐が終わった後に
2つの事を目標に
していた。

・大将軍を目指す
・信の子供を産む

一つ目は想像もついたが
二つ目は衝撃的。

何よりも、
羌瘣は子供の
作り方を知らなかった。

⇒【信の嫁は!?羌瘣か河了貂か?





羌瘣と信が恋人つなぎ

信と羌瘣が、
朱海平原の戦の
戦闘で傷ついた。

それを癒やすために
羌瘣は信の手を
恋人つなぎで繋いで
添い寝していた。

驚いた信は
照れながら離していた。

羌瘣は勿論、
それが恋人同士が
することとか
男女だからという
発想はない。

各々の命を
分け合いながら
回復を早める術
という思いでやっている。

羌瘣にとっては
治療法の一つ。

しかし、
この状況から
信の嫁候補は
やはり羌瘣ではないかと
言われ始めた。

⇒【羌瘣は史実で趙を滅亡させる!?
⇒【羌瘣の巫舞の強さは!?

羌瘣が嫁か

羌瘣と信は
結婚するのか。

河了貂説も一つ
有力な説ではあるが、
今の現状を見ると
羌瘣の方が可能性は
高そうに思える。

史実でも、
羌瘣は趙の滅亡以降
名前が出てこない。

邯鄲の滅亡は
羌瘣と王翦が
共に行うが、
その時に信はいない。

⇒【信は趙滅亡に絡まない!?

この戦をきっかけに
羌瘣が戦場から
身を引くとも考えられる。

それが、
信の子供を
身ごもったからという
ことも十分に
あるのではないか。

⇒【信が李信に改名する理由!?





王騎と摎

王騎と摎。

二人共に六大将軍だった
存在だが、
二人は結婚を
約束していた。

王騎がなんとなく
オネエ感があるのは
この果たせなかった
約束を胸に抱いて
生き続けたからでは
ないかと思える。

この時代で、
王騎ほどの年齢で
嫁がいないというのは
やはり違和感の
あることだっただろう。

その仇である
龐煖を目の前に
価値寸前で途絶えた命。

感動の名シーンで
信が目標とする
存在だけに
この王騎と摎の関係は
信の未来に
影響していると感じる。

⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?

対比する信と羌瘣

王騎と摎は
結ばれることなく、
さらに道半ばで
命の火が消えた。

それと対比するように
信と羌瘣は
共に将軍として
圧倒的な力を
中華に示しながら
どちらも生き続け
結ばれるのではないかと
推察される。

河了貂説を
完全否定は出来ないが、
それでもキングダムでは
信と羌瘣が
結ばれるのではないかと
感じられる。

勿論、
どちらも違って
全く別の嫁を
貰うということも
十分にあるだろう。

羌瘣と信の恋人つなぎ。

果たして未来は。

⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?
⇒【李牧の史実にある処刑はナシ!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【河了貂が死亡する展開もある!?
⇒【羌瘣は史実で趙を滅亡させる!?
⇒【信は趙滅亡に絡まない!?
⇒【李牧が嘉と!三大天全員逃亡!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信が李信に改名する理由!?
⇒【信の嫁は!?羌カイか河了貂か?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【最後の戦は起こらない!?斉の約束



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.5.10

【七つの大罪 考察】メリオダスのシ亡確定!?紋様から見る性格の変化と予想!ゼルドリス戦どうなる!?

(七つの大罪 メリオダス七つの心臓を貫かれシ亡 177話 引用) 魔神王の呪いを受けたメリオダス。 シぬ度に、 変化していく様…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.1.26

【ワンピース考察】ジャッジからブルック(ソウルキング)に世代交代か!?聖書の歴史が物語る!?”ジャッジ”&”サウル王”との関係とは!?

(ONEPIECE 848話 ソウルキング”魂王” 引用) 「ジャッジ」と「ブルック」 この二人に関しては、 今のところほとんど共…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る