キングダム考察|桓騎は扈輒(こちょう)を討ち取り首10万をハネる!歴史にある本当の話

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム考察|桓騎は扈輒(こちょう)を討ち取り首10万をハネる!歴史にある本当の話

桓騎は大将軍となり新しい六大将軍の一人も担うようになりました。

実際に史実でも活躍した人物でもあります。

但し秦の始皇帝誕生まで生き残る事は出来ていません。

趙侵攻戦の最中に李牧によって討たれてしまう史実があります。

桓騎討ち死にの史実考察はこちら
桓騎は李牧に殺される

今回は桓騎の最期の少し手前の史実に位置する趙の扈輒将軍討ちを見ていきます。

李牧に代わった総司令の扈輒は史実ではない

キングダムにおいては李牧に代わって軍の総司令となった扈輒大将軍。

実際はこの時点で李牧が趙王都で登用されてはおらず扈輒が破られた後に雁門より招集されたのが史実です。

しかしながら鄴を失うまで前線で活躍した趙の武将である龐煖という存在をキングダムでは李牧の武器として描きました。

李牧を中華でも最強クラスの人物にするためのオリジナル要素と言えます。

キングダム45巻 秦将全員がまとめてかかってきても李牧の相手ではないと豪語

キングダム45巻/原泰久先生/集英社
秦将全員がまとめてかかってきても李牧の相手ではないと豪語

嬴政との謁見の際にも秦国将軍を全て繰り出しても李牧には勝てないと言い切っています。

鄴では敗れた様にも見えますが、悼襄王の呼び出しなどが無かったとすれば王翦にも勝利していた可能性があるでしょう。

現状も知略においては敵国最強と言える存在として君臨する李牧。

その李牧と代わる形での扈輒の軍総司令の登用ですが、守護神と呼ばれるだけあり守りは強靭です。

王翦と楊端和、そして桓騎の軍勢に対して全く前進させない力を有していました。

李牧は史実でも最強の武将

史実では扈輒は桓騎に討たれる

李牧が青歌で情勢を見守る中、扈輒は秦国の連合軍の前線と戦い続けています。

そして動きの激しい桓騎軍に狙いを定めて進軍することになりました。

キングダム675話 扈輒本軍15万が出陣

キングダム675話/原泰久先生/集英社
扈輒本軍15万が出陣

結果的にこれが誤算となります。

キングダムにおける桓騎は通常では考えられない策を使ってきます。

史実ではこの戦が大きく描かれていることはありません。

よってどうやって扈輒を倒したのかまでは誰も事実が分からないところ。

ただ分かっているのは平陽と武城を桓騎が奪取する際に扈輒が死んでいるという事実です。

但し史実は二通り存在しています。

平陽と武城で討たれる扈輒とする説と、武遂にて討たれる説です。

キングダムの今の流れを考えても前者を採用するものと考えてよいでしょう。

信は趙滅亡に絡まないのか

扈輒を討って趙兵10万の首を刎ねる

桓騎の史実は扈輒大将軍の首を討つだけには留まりません。

キングダムではすでに「首切り桓騎」の異名を取っています。

キングダム203話 城邑で住民全員の首をはねて「首切り桓騎」の異名を得た

キングダム203話/原泰久先生/集英社
城邑で住民全員の首をはねて「首切り桓騎」の異名を得た

実際は原先生がこの戦を知ったから名付けられたものでしょう。

扈輒を討った上に趙軍の兵士である10万の首を全て刎ねている桓騎です。

キングダムでは桓騎は9日間ずっと劣勢の中で多くの兵を失いました

それに対して趙兵を殺して責任を取らせる様子は容易に想像がつきます。

キングダム22巻 白亀西に痛みを分かち合えという桓騎

キングダム22巻/原泰久先生/集英社
白亀西に痛みを分かち合えという桓騎

山陽の戦で魏の総大将だった白亀西に求めた分かち合いも同じことが言えるのではないでしょうか。

こうして扈輒を討ち、更に扈輒軍の兵の首を10万も刎ねる桓騎。

六大将軍の暴走と列国が考えるに十分な情勢が秦国に訪れる瞬間とも言えるでしょう。

平陽と武城を攻めた後もまだ活躍する

桓騎は扈輒を討って平陽と武城を平定します。

その後ですぐ李牧に敗れる訳ではありません

更に赤麗と宜安を攻めて残る趙の武将も一掃する史実があります。

桓騎を倒せるのは李牧だけと言える状況。

キングダム45巻 李牧が黒羊で桓騎の弱点を知る

キングダム45巻/原泰久先生/集英社
李牧が黒羊で桓騎の弱点を知る

李牧もおそらく慶舎が戦った黒羊での戦いを見ていなければ簡単に勝利することは出来なかったはずです。

最終的に桓騎は李牧の手によって敗れることになりました。

この李牧に討たれる戦は肥下の戦いとして有名な戦の一つでもあります。

以上が扈輒討ちを行う桓騎の史実についての情報となります。

信と蒙恬が大敗する史実がある



The following two tabs change content below.

王キン将軍

キングダムは史実を参考にしながら進むオリジナルストーリーで中国史が好きでも純粋に愉しめるのがいいところですよ、ココココ。

関連記事

コメント

    • マイナンバー太郎
    • 2017年 1月 15日

    かんき将軍がやられるとか考えられない。
    一番強いのはかんき将軍じゃない?

    • てんぺん
    • 2017年 2月 02日

    討ち取られるっめ可能性が一番高いだろうな

    逃げる説もあるにはあるけど、
    それはあくまでも一説だし

    • 虚無僧
    • 2017年 5月 29日

    赤壁の戦いでの曹操の逃亡を孔明が先回りして待ち伏せさせたような展開を期待。待ち伏せの度にマロンやライドを失うが、最後は李牧自らカンキと一騎討ち。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

呪術廻戦考察|両面宿儺(すくな)の元ネタは実在!強い強くないの次元ではない

2021.3.22

呪術廻戦考察|両面宿儺(すくな)の元ネタは実在!強い強くないの次元ではない

両面宿儺(りょうめんすくな)の元ネタは実在しているものになります。 まず呪術廻戦の中で五條先生はこんな話をしていました。 両…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る