Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【七つの大罪考察】メリオダスの強さ!?総戦績(勝率)をまとめてみた!勝率がめちゃめちゃ高い!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(鈴木央先生 七つの大罪 29巻表紙引用)

メリオダスというと
冒頭からツイーゴを
倒した事に始まり、

結構いろんなキャラと
戦ってきました。

今回では、
メリオダスが戦ってきた相手をまとめて
戦績も見ていけたらと思います。

ちょっとした暇つぶし程度に
楽しんで頂けたら幸いです。

⇒【魔力の発生と発現パターンとは!?
⇒【メリオダスとエリザベスに息子!?




第1部

第1部からまとめていきます。

ツイーゴ

第1話では、
メリオダスのところに
エリザベスがやってきて、
そのエリザベスを追って
ツイーゴ達がやってきました。

今思えば、
この出会いも呪いによって
2人を巡り合わせていたものなのかも
しれませんが、

この後は、
メリオダスが全反撃(フルカウンター)を使い
ツイーゴを倒しています。

1戦1勝

⇒【光の聖痕と魔神軍の戦力は!?

ハイドアンドシーク

白夢の森にやってくると、
ハイドアンドシークがエリザベスに化け、
メリオダス達の行く手を妨害する事に
なりました。

しかし、
メリオダスはあらかじめ、
エリザベスのパンツを盗み、
エリザベスだけジャンプさせない形で
ハイドアンドシークを討っています。

これのワンシーンも
ただのすけべかと思いきや、
実はメリオダスの作戦だったと思うと
結構面白い見方ができます。
(第5話)

2戦2勝

⇒【十戒の元ネタはモーセの掟!

ギルサンダー

これは白夢の森にやってきた
ギルサンダーに対して
ディアンヌとメリオダスが
闘う事になっています。

最後はディアンヌが
ギルサンダーを投げて
遠くに飛ばしているので
メリオダスの戦いに入れていいのか
微妙なものになりますね(笑)

ここは
メリオダスの差しでもないので
省いて考えていきます。

⇒【ゴウセルの正体!?元ネタあり!!




ゴルギウス

ダルマリーの町では、
透明になれるゴルギウスが
メリオダスの剣を奪いに
やってきましたが、

メリオダスに撃退され
馬に乗って退散していきました。

3戦3勝

ルイン

<不気味な牙>のルインは
メリオダスとディアンヌに幻覚をかけ、
2人を戦わせていました。

しかし、
エリザベスが幻覚のもととなる、
鈴を口で取って見せると、
メリオダスの術が解け、

最後は腹部に思い切りパンチをして
倒す事になっています。

4戦4勝

⇒【戒禁=闘級!?

ギーラ

死者の都では、
ギーラと対峙しています。

今思えば七つの大罪全員が
遊んでいたんだと思うんですが、
結構いい勝負をしていましたね。

ただ、
最後はギーラが魔法を向けると
メリオダスが全反撃(フルカウンター)で返し
撃退しています。

5戦5勝

グリアモール

バイロンでは
情報収集のために
メリオダスが外に出て
エリザベスを家の中に
かくまっていたのですが、

エリザベスも家の外に出てしまい
ベロニカとグリアモールに
捕まってしまいます。

そのあと、
エリザベスとグリアモールが
待機していた部屋に
メリオダスが侵入し、
グリアモールを手刀で倒す
ワンシーンが描かれました。

6戦6勝

⇒【結末は悲しい物語!?完結間近!?



バン

ディアンヌの神器を
回収しにいった際には、
バイゼル喧嘩祭りにて
バンVSメリオダスが行なわれました。

最終的に、
バンの身体狩りでメリオダスが
力を全部奪われるんですが、
メリオダスが魔神の力を解放する形で
勝利しましたね。

7戦7勝

⇒【バンの強さは十戒以上で確定!?

ヘルブラム

メリオダスが女神の琥魄から
抜け出すと、
禍々しい姿になっていました。

この辺からメリオダスの
魔神族説が濃厚になり出したのですが、

戦いの行方としては
ヘルブラムの「同調(リンク)」に
ヘンドリクセンが力を貸すと同時に
メリオダスが敗れる事になっています。

8戦7勝1敗

デール(魔神化)

オーダンの村の近くの山では
魔神となっていたデール(ギーラの父)と
遭遇。

メリオダスはエリザベスから
リズの剣を受け取る形で
デールを撃退しました。

9戦8勝1敗

⇒【アサルトモードは魔神王と同じ!?

ギルサンダー、ビビアン、ヘンドリクセン

エリザベスがさらわれ、
王都に突撃したメリオダス。

ここでは
アーサーと共に
ヘンドリクセン、ビビアン、
ギルサンダーを相手にする事に
なりましたね。

結果的に、
メリオダスがギルサンダーを救って、
ギルサンダーがヘンドリクセンを倒し、
マーリンがビビアンを倒したので
ちょっと戦いに含めていいものかどうか
怪しいですが、
これも省いて考えます。



ヘンドリクセン(魔神化)

王都決戦の最後の戦いにして
第1部のラスボス戦ですね。

魔神化したヘンドリクセンを
倒す術として、

メリオダスが初めて
リベンジ・カウンターを見せた
ワンシーンになっています。

10戦9勝1敗

⇒【魔神王の闘級が100万!?

結果

ということで
まとめてみると
10戦9勝1敗という結果に
なりました!

勝率にして90%ですが
めちゃめちゃ高い(笑)

普通のこういう漫画って主人公が弱く、
負けたりを繰り返して強くなっていくんですが
もうメリオダスは最初から強いので
基本的に勝ち続けていますね(笑)

ヘルブラム戦がなければ
100%だったのに!

⇒【十戒メリオダスの戒禁判明!

第2部

ここからは魔神王直属の精鋭部隊
十戒が復活!

戦いは更に激しく
なっていきます。

(第1部とは別に勝率のみを見ていきますが、
最後の結果で1部と合わせます)

ドゲッド

メリオダスの活躍を称え、
勲章をあげようとしていた所に
ドゲッド、デスピアス、ワイーヨが
やってきます。

そして、
ドゲッドが力あわせとして
組み手をするんですが、
普通に吹き飛ばされていますね。

1戦1勝

アルビオン

王都キャメロットの外に
兵器アルビオンが出現。

マーリンはホークママごと
転送してきて、
アルビオン戦に。

ここではマーリンが
メリオダスの神器ロストヴェインを返し、
メリオダスが全反撃(フルカウンター)で
アルビオンを撃退しました。

2戦2勝

⇒【殲滅状態メリオダスの闘級判明!

ガラン

ガランがキャメロット内に飛来。

メリオダス、ディアンヌと
キャメロットの聖騎士で対処にあたるも
全く歯が立たず。

更に、
メリオダスが魔神化をしても
勝つ事は叶いませんでした。

3戦2勝1敗

⇒【ガラン紹介!強すぎ!?噛ませ?

ガラン(2戦目)

イスタールで力を取り戻した
メリオダス。

マーリンに転送してもらい、
十戒が大罪するエジンバラ城の跡地に
ワープしました。

そして10秒以内に再度ワープしてもらう
という条件付で、
10秒以内にガランを倒しています。

4戦3勝1敗

ドルツォ&カルツォ

グロキシニアとドロールが
開催したバイゼル大喧嘩祭りでは、

青色の魔神として
ドルツォとカルツォを相手に
戦う事になりました。

ただ、
実際はバンとメリオダスが
口喧嘩になり、
気づいたら倒しているという落ちに
なっています(笑)

5戦4勝1敗

グロキシニア、ドロール

バイゼル大喧嘩祭りで
エスカノールがグロキシニアと
ドロールに奇襲をしかけると、
メリオダスが十戒に襲い掛かりました。

結果的に、
後一歩ってところで他の十戒が
乱入してきたのですが、

あのまま戦ってたら
メリオダスが勝っていますね。

ただ、
決着とはならなかったので
ノーカンって事にします。

⇒【グロキシニアとドロール再登場!?

十戒全員

バイゼル大喧嘩祭りでは
十戒が全員集結。

メラスキュラ、エスタロッサ、
グロキシニア、フラウドリン、
ゼルドリス、モンスピート、
ドロール、デリエリ、グレイロード
VS
メリオダス

となりました。

最終的にはメリオダスの
リベンジ・カウンターを
エスタロッサが止めて
殺されています。

6戦4勝2敗

⇒【十戒の元ネタはモーセの掟!




デリエリ、モンスピート

メリオダスが復活すると、
デリエリとモンスピートと
戦う事になりました。

最後は、
モンスピートの灰燼龍を
全反撃(フルカウンター)で返し
2人を撃退しています。

7戦5勝2敗

⇒【モンスピの手品師の悪戯が強い!

フラウドリン

王都内にいたフラウドリン。

自爆を試みたも、
長年ドレファスの中にいた事で
人の情が移り、
グリアモールを殺せず自爆を解除。

最後はメリオダスに
上半身ごと吹き飛ばされています。

8戦6勝2敗

⇒【ドレファスが巨大化の理由!?

カルマディオス

過去編となり、
化石の谷ではカルマディオスに
襲われています。

キング(グロキシニア)と
ディアンヌ(ドロール)の協力もあって
最後は全反撃(フルカウンター)で
倒しています。

9戦7勝2敗

⇒【チャンドラーとは!?

魔神王、最高神

これも回想には
なってしまいますが、
エリザベスの呪いが発動した時点で、

魔神王&最高神
VS
メリオダス&エリザベス

の内容が語らています。

内容としては、
一方的でメリオダスとエリザベスは呪われ
死ぬ事になりました。

10戦7勝3敗

⇒【魔神王の支配者が強い!?
⇒【メリオダスVS神2人!?

エスカノール

コランドでは
メラスキュラの暗澹の繭から
抜け出すために魔神の力を
解放しすぎてしまい、
感情がほとんどなくなって
しまいました。

そして、
十戒の統率者だった頃に逆行し、
残酷なメリオダスとなっています。

ここでは、
エスカノールと戦う事になるも、
エスカノールの天上天下唯我独尊(ザ・ワン)の前に
敗れています。

11戦7勝4敗

⇒【エスカノールはメリオダス越え!

ゼルドリス、エスタロッサ

残酷な頃に戻ったメリオダス。

エリザベスを連れ
キャメロット城に戻ると
ゼルドリスとエスタロッサと
闘う事になります。

しかし、
メリオダスは一人で2人を抑え込むと、
邪魔に入ろうとしたキューザックまでも
一人で動きを封じ込めてしまいます。

12戦8勝4敗

⇒【マエル=エスタロッサで確定!




結果

ということで結果的に
12戦8勝4敗という事に
なりましたー!

勝率でいうと
66%って事になりますね。

第1部と比べると
勝率は落ちていますが、
それだけ十戒が強いって事ですね。

負けたのもガランとエスタロッサですし。

他の2人は神とエスカノールとちょっと
次元が違う相手ですけど。

⇒【メリオダスは魔神王にならない!?
⇒【殲滅状態メリオダスの闘級判明!

まとめ

では最後に総戦績を
見ていきますが、

第1部の10戦9勝1敗と
第2部の12戦8勝4敗を合わせると
22戦17勝5敗という事になります。

勝率にして77%という結果に
なりました!

第1部の90%から13%ほど
下がっていますが、
しかし勝率が高いですね。

ちょっとしたゲームだったら
めちゃめちゃヤバイ奴です(笑)

そして、
この先の展開を見るに、
もうメリオダスに勝てるキャラが
ほぼいなくなるんですが、
どうなっていくんでしょうかね…。

ガランでいえばリベンジをしましたが、
エスカノールにもリベンジって事に
なるんでしょうか?

あとは
魔神王と戦うくらいになるのかなー?

なんかこの辺を見てみるともう
バトルシーンもそんなに描かれなさそうですね。

ではではそんなところで
メリオダスの対戦戦績でした!

【こんな記事も読まれている】

⇒【魔力の発生と発現パターンとは!?
⇒【メリオダスVS神2人!?
⇒【戒禁=闘級!?
⇒【魔神王の支配者が強い!?
⇒【マエル=エスタロッサで確定!
⇒【十戒メリオダスの戒禁判明!
⇒【エスカノールに敗北フラグ!?
⇒【バンの強さは十戒以上で確定!?
⇒【殲滅状態メリオダスの闘級判明!
⇒【メリオダスは魔神王にならない!?
⇒【ゲルダとゼルの関係が判明!
⇒【シャスティフォルの6と9形態は!?




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.5.6

【鬼滅の刃考察】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の正体は人間!?産屋敷と同じ一族!?目的は完璧になる事!?

(吾峠呼世晴先生 鬼滅の刃 98話引用) 作中のラスボス候補の 鬼舞辻無惨。 しかし、 分かっていない 事の方が多い。 …

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.3.16

【ワンピース考察】マザー・カルメルとビッグマムの関係は!?命の恩人は事実!?

(ワンピース ライフオアトリート 829話 引用) マザー・カルメルという人物が859話で名前だけ登場。 ※追記※ 861…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る