Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【七つの大罪考察】本体ゴウセルの正体!?マーリンと異母兄弟!?元ネタのゴウサー卿から分かる新事実!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(七つの大罪 ―外伝―人形は愛を乞う引用)

今のところ正体が不明な
本体ゴウセルとマーリン。

二人は
アーサー王伝説では
異母兄弟という
ことになっています。

また、
ゴウセルの元ネタ
となったであろう
「Sir Gowther」
を読んでみると、
面白いことが
かかれています。

という事で、
そこから分かることを
軽くまとめていけたらと
思います。

⇒【十戒の元ネタはモーセの掟!





Sir Gowther

「Sir Gowther」とは、
ゴウセルの元ネタと
なったであろう物語。

ゴウセルの
ローマ字表記は、
「Gowther」

また、
「Sir Gowther」を
日本語訳すると、
ゴウサー卿となります。

ゴウサー卿の話は、
ストーリーになっており、

簡単に言うと、
罪人ゴウサーが罪を償い、
神の恩寵を受け、
奇蹟の聖人となる物語です。

⇒【結末は悲しい物語!?完結間近!?

元ネタあらすじ

公爵の夫人は、
果樹園で夫に瓜二つの
男と関係を持つ。

しかし、
その人物の正体は
悪魔であり、

悪魔の子供を身ごもると
忠告を受ける。

母は子供を
ゴウサーと名づけ、
洗礼を受けさせる。

しかし、
ゴウサーは尼僧を襲ったり、
焼きコロすなどして、
罪を犯す。

そして、
年老いた伯爵から、
叱られ悪魔の申し子と
呼ばれる。

怒ったゴウサーは、
母のところへいき、
出生のいきさつを聞く。

真相を知ったゴウサーは、
改心することを誓う。

そうして、
主人公ゴウサーは、
ローマ教皇の下へ旅立ち、
自らの罪を償いにいく。

⇒【魔神王と最高神の素顔!





悪魔の子

ゴウセルは、
悪魔の子として
悪行を行って
しまいます。

ただ、
マーリンの場合は、
悪徳の道へは
進みませんでした。

その違いについて、
マーリンの場合は
神から未来についての
知識を与えられていたために、
神のしもべになったと
書かれています。

恐らくは、
悪さをすると、
その先に待ち受ける罪や
人の悲しむ姿が眼に写るために
慈善に悪行に走らずに
済んだということ
なのでしょう。

ゴウセルの場合は、
後に母から真実を知り、
改心する展開。

作中でも、
ゴウセルは無心で
悪さを繰り返しますが、

今では、
その罪を償おうと
頑張っているようにも
思えます。

元ネタを
参考に作られた
シナリオだったとしたら
奥が深いと考えさせ
られますね。

⇒【エスカノールとマーリンの恋!?

元ネタあらすじ:2

苦行を続けるゴウサー。

ある日、
サルタンという人物が、
皇帝の美しい、
口が利けない娘に
結婚を申し込むも
断られる。

サルタンは激怒し、
皇帝に軍勢を率いて
攻め込む。

ゴウサーは、
皇帝を助けるべく、
神に武具と馬を与えて下さい
と祈ると神に与えられる。

ゴウサーは
軍勢と戦うも、
三日目の戦闘で
肩に傷を受けてしまう。

それを見ていた
皇帝の娘が悲しみ、
塔から落ちてしまい
身動きが取れなくなる。

このとき、
神が奇蹟を起こし、
シんだはずの娘は生き返り、

口の利けないはずの彼女が、
神に代わってゴウサーの
罪が許されたことを告げる。

二人は結婚し、
過去の過ちの償いとして、
修道院と女子修道院を設立。

そうして
神に忠誠を示した。

そして、
シ後もゴウサーの
墓地を拝んだものは
病が癒される奇蹟が起こり、

真の聖人として、
崇敬を得る。



ナージャ

作中では、
ゴウセルはナージャと
恋に落ちています。

元ネタでは
口の利けない女性が
描かれましたが、

ナージャの場合は、
重い病気を患っていた
という設定。

そして、
元ネタでは、
一度シんだ皇帝の娘が
蘇るという展開。

作中だと、
ナージャはシんでしまい、
蘇ることはありませんでしたが、

今後のゴウセルが
幸せになるような
シナリオを描くのなら、

ナージャが復活するなんていう
展開もありえるのかも
しれませんね。

ただ、
普通に復活した、
というのでは
納得する読者も
少ないので、

そうするならば、
これまた作者の
腕が試されることに
なりそうですね。

⇒【マーリンはメリオダスが好き!?

まとめ

元ネタを読んでみると、
作中との共通点も
幾つか確認ができます。

ただ、
作中だと本体ゴウセルが
人形ゴウセルの生みの親
なので、

ちょっとゴッチャ?
になる部分もありますが、

本体ゴウセルの親が
悪魔の可能性で、

元ネタのストーリーと
人形ゴウセルに当てはめた
可能性があります。

そうして、
ゴウセルとマーリンが
異母兄弟であるという
設定が

作中で扱われた
という可能性が
出来てます。

実際のところ、
二人は魔術士。

そして、
人間とは思えないような
魔力をも保持しています。

マーリンに限っては
戒禁の耐性があったりと、
常人を超えています。

また、
作中だと、
本体ゴウセルが
聖戦を終わらせたとの
発言も出ていますが、

ゴウセルはいまだに
その答えを伝えずにいます。

それらが語られる際には、
出生の秘密についても
描かれるのでしょうか?

今後の展開に期待です。

⇒【エスカノールとマーリンの恋!?
⇒【マーリンはメリオダスが好き!?

【こんな記事も読まれている】

⇒【強さランキング!最強は誰!?
⇒【結末は悲しい物語!?完結間近!?
⇒【十戒の強さランキング(TOP10)
⇒【メリオダス化け物!?魔神族の正体
⇒【アーサー王の強さを予想!?
⇒【ゼルドリス最強!?
⇒【エスタロッサ生存は濃厚!?
⇒【デリエリ&モンスピの再登場!?
⇒【魔神王と最高神の素顔!





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.11.3

【約束のネバーランド考察】鬼文字とミネルヴァは同一人物!?ウィリアムはエマ達の敵!?

(白井カイウ/出水ぽすか先生方 約束のネバーランド 1巻引用) 発音不可能な鬼文字。 食人鬼は、 その何かを大切に している…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.4.25

【トーキョーグール:re考察】六月と山頭火の伏線♥名前の数字もタロットを意味するのか♣

(東京喰種:re 六月とカネキの再開 122話 引用) 佐々木琲世と、 六月が話をするきっかけとなったのが、 山頭火。 琲世…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る