【キングダム考察】壁がキタリを連れてブネン軍から退却する決断♦カタリ死亡でやむを得ずの英断となるか♣

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

ブネンに殺されてしまったカタリ。

嘆くキタリではあるが、
奮闘虚しく壁はメラ族を含めて
退却を促すことになる。

この日にブネンを討てなければ
それだけ楊端和軍の敗北が濃厚に
なっていくことになる。

それを進言してはいるが、
それもメラ族のカタリという超が付く
武力があってこそのもの。

全滅回避は必須とも言える。

⇒【エンポじィ猿手族が舜水樹討ち!?





決死で救い出したキタリ

カタリの妹であるキタリ。

カタリが討たれて走り出し、
周囲の犬戎を撃破するその力量はまさに
メラ族の次期当主を思わせるものだった。

しかし、
当然1人でどうにか出来るような数でもなく、
道半ばに倒れてしまう。

壁は危険を承知でキタリを救い出し、
退却を促した。

二度命を救っていると言っていい。

キタリの壁に対する評価もこれで
変化があるのか。

今ブネン軍の目の前から退却することで
ブネン討ちが難しくはなる。

しかし、
カタリ亡き今の状況でメラ族も士気低下。

場合によっては、
ブネン討ちどころか全滅という憂き目に
合いかねない状況だけに壁の判断は
この時点で出来る最高のものと考えて
いいのかもしれない。

バジオウとダントが共にゴバとトアクを
討ち取ってくれれば、
まだ勝機はあるだろう。

⇒【キタリと壁が結婚する可能性!?




二日目はブネンとロゾ

バジオウがゴバを討ち取れば、
残るはブネンとロゾということになる。

楊端和がロゾの相手をするとして、
ブネンをダントとバジオウの2人に
壁とキタリという軍勢で挑むのか。

楊端和軍の主力がバジオウの元にいたことを
考えてみると、
楊端和がそれを引き継いでロゾを楊端和と
バジオウで討ち取って、
ダントの軍がメラ族にプラスしてブネン討ちに
加わるということになるか。

もとの作戦では初日で三兄弟を撃破する
予定だったが、
それにズレが生じてより難しい展開になる。

舜水樹としても、
ロゾ三兄弟が討たれるのも想定にあったはず。

次なる策を講じて、
橑陽の城を事前に守るという戦略に
出ることも考えられる。

そこに現れるのが猿手族となるか。

⇒【舜水樹は史実にいない!?

楊端和はロゾを倒す

楊端和はロゾを倒せるのか。

山の民の癖ある集団を全てまとめあげた
実力というのは、
魅力からくるものではない。

その力の差が中心となっている。

カリスマ性があるのは否定しないが、
ダントやバジオウよりも圧倒的に
武力が上なのだとすれば、
楊端和の実力はロゾを遥かに凌ぐものと
考えてもいいのか。

その自信があるからこそ、
ロゾの本陣まで切り込める初日の作戦。

壁とキタリに挽回のチャンスは
訪れるのか。

⇒【キタリと壁が結婚する可能性!?
⇒【エンポじィ猿手族が舜水樹討ち!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【舜水樹は史実にいない!?
⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【龐煖が史実と異なる!?
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【羌瘣が王翦軍の幹部になる!?
⇒【李牧は史実でも最強の武将!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?
⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?
⇒【王賁の最期とは!?子は王離



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.4.4

【約束のネバーランド考察】グランマとイザベラ失脚の可能性♣水浸しの門が示すのは♦

(約束のネバーランド 水浸しの門 3巻 引用) ノーマンの計画で、 子供たちの脱獄が完了しそうなGFハウス♦ レイが燃え上がる…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.10.31

【七つの大罪考察】ドロールは本当に巨人族!?魔神族とのハーフ!?カルマディオスとの共通点!

(鈴木央先生 七つの大罪 25巻引用) 巨人族の祖として 崇められた ドロール。 人間には バロールとも 呼ばれていたそ…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る