【キングダム考察】キタリは死を覚悟♦壁との結婚でメラ族当主まで可能性があるか♣

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

キタリは犬戎との戦いでブネンの
非情と言える策に敗れそうになる。

自軍の精鋭も戦う中での乱戦場に
そのまま矢を射ち込むという通常では
ありえないような策を講じたブネン。

そして矢の攻撃を受けてしまった
キタリは落馬してそこに多くの犬戎の
騎馬が登場してしまう。

一度は目を瞑り命を諦める。

そこに壁が登場した。

⇒【カタリ討ち死に壁とキタリ覚醒!?





壁が命を賭けて

壁といえば、
何かと失態の多い武将というイメージ。

それなりに強くはあるが、
やはり強者相手に力を発揮しているのは
あまり見ないと言えるだろう。

そんな壁だが、
恩義や義理というものはしっかりと
守り通す人間と言っていい。

だからこそ信の兄貴分としても成立している。

キタリが命を諦めかけた時に
かなり強引ではあったが救出を行う。

今まで山の民に世話になった身で
次は自分が命を賭けて守るという。

キタリは壁に対してもかなり悪態を
ついている人物だっただけに、
この一言に想いが変わったとしても
さほど驚くことはない。

最初は嫌いだった人を徐々に好きに
という何とも恋愛マンガにありがちな
未来が見えなくはない。

実際に、
壁と山の民は政を救ったあの最初からの
付き合いと言える。

ひょっとしたら、
メラ族当主は壁という可能性もあるか。

⇒【キタリがメラ族を継ぐ事になる!?





壁とキタリの結婚

壁も誰かと結婚することになるだろう
というのは何となく想像がつきます。

しかし、
相手が分からないでいましたが、
このメラ族キタリとのエピソードで
一気に親交が深まって結果的に結婚
ということになるかもしれません。

そうなれば、
次期当主である可能性の高いキタリの
旦那ということでメラ族の当主は
必然的に壁ということになります。

一気にメラ族という圧倒的な戦力を
手にすることになる壁。

それはそれでただ基本戦術しかなかった
壁軍に大きな強みをもたらす。

勝手な想像でも、
これから先で信や蒙恬や王賁と共に
戦う機会があるとすれば、
そのくらいの強化は必要。

キタリとの結婚とメラ族の当主が
壁になるという説は
あながち間違いすぎているという
こともないかもしれない。

メラ族を率いるほどの実力を
壁はこの鄴攻めにおいて会得するのか。

注目したい。

⇒【キタリがメラ族を継ぐ事になる!?
⇒【カタリ討ち死に壁とキタリ覚醒!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【蒙恬の史実は活躍が少ないの!?
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【羌瘣が王翦軍の幹部になる!?
⇒【李牧は史実でも最強の武将!?
⇒【趙滅亡の流れ!悼襄王の末路!?
⇒【李牧が嘉と!三大天全員逃亡!?
⇒【信が李信に改名する理由!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?
⇒【最後の戦は起こらない!?斉の約束



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2016.12.9

【進撃の巨人考察】ループ説はミカサorエレン!?否定と正解ルートの先にあるのが平和な未来なのか!?

(進撃の巨人 1巻 「シなないで」 引用) 進撃の巨人ではコミックの 表紙に描かれている絵が、 本編ではなかった絵というのが 結…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.3.30

【ハレ婚考察】龍之介は一体何者?実は初恋の小春を想い続けるピュアな男だった?

(ハレ婚 2話 小春にプロポーズする龍 引用) 一夫多妻制度を存分に利用している 伊達龍之介。 何人も…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る