【キングダム考察】亜花錦は強いのか!?少ない描写から読み取ってみる!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

千人将であり
亜光軍の腫物と
言われている亜花錦。

数少ない描写ながら
その存在感は大きい。

それは、
関常の亜花錦に対する評価
「性格難でずっと千人将ですが
はっきり言って亜光軍内で一番惜しい男です」
ということからも分かる。

また、大事な局面での
判断力と行動力。

一連の行動を
見ているだけでも
その有能さが伝わる。

有能なのに千人将
この理由も
亜光軍にいるから
その立場で留まっている
からではないだろうか。

亜花錦について
考えてみたい。

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?





存在感

538話で登場した亜花錦

登場するや否や
他とは違う存在感を見せる。

戦局は
王賁が敵の背後から
横陣を挟撃したことで
一気に形勢が秦側に傾いていた。

対して、趙峩龍は
王賁が嫌がる手として
騎馬一千を狩場へと突撃させる。

峩龍軍の対処に悩む王賁
そこに登場したのが亜花錦で
二百の騎馬で趙峩龍軍を
止めに行くと。

登場の仕方もカッコいい!

王賁に対して、
この貸はお忘れなく
とアピールも忘れない!

つまり、
この局面で何をすべきか
即座に把握し行動に移すだけの
判断力と行動力を
持ち合わせている。

王賁も
亜花錦を死なすには?
と関常に確認している。

王賁がすぐに
気にかけ
さらに応援の騎馬を
向かわせるほど
有能であることが分かる。

⇒【王賁が臨時の将軍になる!?

性格難

実際に突撃して
趙峩龍軍の
進撃を止めている。

そのおかげもあり
馬南慈軍に
再起不能なほど
打撃を与えることができた。

亜花錦の生死は
描かれていないが
しっかりと
戦果を挙げているだろう。

亜花錦の行動がなければ
この結果には
ならなかった可能性がある。

これだけの器の男が
千人将で留まっている理由。

性格難と言われている。

実力はあっても
扱いづらく
戦術を組んだとしても
勝手に行動することも
あったと推測される。

違う軍にいたら
千人将で留まっては
いないだろう。

⇒【信・蒙恬・王賁は誰が一番強い!?
⇒【趙滅亡の流れ!悼襄王の末路!?





まとめ

描写が少ない
亜花錦であるが
実力は本物でありそうだ。

戦局を読む知力

武力の面でも
一千騎に対して200騎で
突撃するだけの
自信も持ち合わせている。

これから先、
間違いなく
秦軍の中で
その存在感は
増してくるのではないか!

突撃の際に王賁へ
言った言葉
「私か私の子に十倍にして返されよ」
への言葉に対して
王賁は答えるだろう。

つまり、
鄴攻めに勝利した際
確実に位は上がるだろう。

さらに
王賁の隊に
入る可能性もある。

亜花錦の
今後の活躍が
楽しみですね!!

⇒【王賁が臨時の将軍になる!?
⇒【郭開が趙を滅ぼす原因となる!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【藺相如とは一体どんな人物!?
⇒【龐煖が史実と異なる!?
⇒【舜水樹は実在しない!?
⇒【羌瘣が王翦軍の幹部になる!?
⇒【王賁は史実で4国を滅ぼす!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?
⇒【項燕がラスボス!?李牧を超える!?
⇒【王賁の最期とは!?子は王離



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
烏の王様

烏の王様

マンガ好きになり20年以上 二児の親になるも、少年誌を読み続けています。オールジャンル・なんでも読んでます!
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.10.13

【東京喰種:re考察】リゼの赫包は何が特別!?V(ヴィー)や旧多が放っておかない理由は?

(石田スイ先生 東京喰種:re 7巻引用) 東京喰種:reの 話もどんどん進み、 金木がリゼ赫包であった 理由すらも明らかに…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.11.28

【ワンピース考察】ジュエリー・ボニーと世界政府に深い因縁!?涙は白ひげへ向けたもの?

(尾田栄一郎先生 ワンピース 51巻引用) 「大食い」という 異名を持つジュエリー・ボニー。 ファンブックでは、 年齢を操る…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る