Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム考察|末子・遷で趙は史実より早く滅亡する予想を紹介!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム考察|末子・遷で趙は史実より早く滅亡する予想を紹介!

キングダム645話で趙国王が末子・遷に譲位されました。
遷は幽繆王と名乗り、後に趙を滅亡させた破滅の王として歴史に名を残しています。

キングダムでも遷は悼襄王を超える暗君として描かれていました。
遷が王に即位したことで趙はどのように滅亡するのでしょうか?

気になる趙国滅亡予想を紹介します!

趙滅亡の流れ!悼襄王の死から史実

王翦率いる秦に対抗できずに滅びる!

キングダムでは王翦率いる秦と扈輒(こちょう)率いる趙が対峙します。
史実には無い戦いで、全く先の展開が読めません。

しかし李牧に引けを取らない知略を持つ王翦であれば秦が勝つでしょう!
李牧のいない趙の大将軍である扈輒はこの王都防衛線で討たれてしまうと予想されています。

扈輒が討たれた後に史実では李牧が活躍しますが、現在のキングダムではあり得ません。
断言できるほど李牧と趙王・遷の関係性は悪化しています。

扈輒を失い、秦に対抗できる力を失った趙はそのまま滅びる可能性があります。

桓騎は李牧に敗北する!?

李牧と嘉太子、司馬尚によるクーデターで滅ぼされる!

李牧と嘉太子は命を狙われたため首都を脱出して北へ逃亡しました。
今後李牧は趙を立て直すべく三大天の力を持つ司馬尚へ接触します。

司馬尚は五千の兵で二万の燕軍を追い払った実力者です。

キングダム47巻 司馬尚を大虎と評するオルド

キングダム47巻/原泰久先生/集英社
オルドが大虎と評した司馬尚

史実でも李牧と司馬尚は手を組み、秦を苦しめました。

司馬尚は自分の城が侵略されない限りは動きません。
しかし趙王が遷となり立場が危うくなることを李牧が伝え、司馬尚も重い腰を上げます。

2人が趙の未来のために力を合わせてクーデターを起こし、遷率いる趙を滅ぼすでしょう!
その後は嘉太子を王に立て、新たな王朝を築き、秦を苦しめるとの予想です!

最終戦は燕代の連合!李牧生存も

恐怖政治で味方がいなくなり、自滅する!

末子・遷については詳しく描かれていません。
しかし暗君として語り継がれ、登場時も残酷な雰囲気を纏っていました。

キングダム645話 末子遷の姿

キングダム645話/原泰久先生/集英社
末子遷の姿

残虐な性格から末子・遷は暗君として家臣や趙国民に対して恐怖政治を行います。
最初は従わせますが、国民や家臣の心は王から離れていきました。

そこに嘉太子熱望論が再燃して遷は趙王の座を国民によって引きずりおろされます!
自らの愚策で王自身が滅びるとの予想です。

信は趙滅亡に絡まないのか

まとめ

史実とは異なる趙国滅亡予想を紹介しました。
史実通りに進んでいるキングダムで唯一李牧だけ史実とは異なる活躍をしています。

李牧が関わる趙の滅亡も実通りにならない可能性は十分です。
史実と全く異なる展開で読者が驚く日も遠くありません。

今後もキングダムから目が離せません!

この記事はキングダム好きの【こまたぬき】が書きました。

【こんな記事も読まれています】

⇒【王翦の強さは史実にあり!
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【政が暗殺!?燕の奇行!?
⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.30

【食糧人類考察】あの方の正体とは!?人間を超える知識!?元ネタあり!?

(水谷健吾/蔵石ユウ/イナベカズ先生 食糧人類 2巻引用) 「ゆりかご」と呼ばれる 施設で登場した 「あの方」。 虫のような…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る