【キングダム考察】飛信隊の本戦は右の戦場♦討ち取る武将は尭雲か♣李牧が王翦の中央に押し込む可能性♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

朱海平原の戦。

最初の布陣では、
飛信隊は王翦本軍の背後に
付けていた。

最初の進軍は
八百の精鋭を
率いての紀彗討ちを
目的としたもの。

しかし、
逆に麻鉱が李牧に
討たれることになる。

麻鉱軍が復活する
きっかけをつかむ為に
奮戦する飛信隊の精鋭。

それは本戦とは
異なるもの。

⇒【信・蒙恬・王賁は誰が一番強い!?





3人の武功

事前に鄴攻めの作戦を
知らされていた
信・王賁・蒙恬。

この鄴攻めが成功した時、
3人は将軍としての地位に
つくことになる。

将軍になるに
ふさわしい武功を
ここで上げるというのは
ほぼ間違いないだろう。

蒙恬は左の戦場で
すでに覚醒している。

それを見抜いた王翦は
蒙恬に臨時の将軍職を
与えることになった。

左の膠着も
蒙恬の実力があって
こそのものと言える。

麻鉱が討たれた今、
臨時の蒙恬将軍だけで
紀彗軍と渡り合っている。

⇒【蒙恬の史実は活躍が少ないの!?
⇒【蒙恬将軍は臨時でも人気者!?

飛信隊の武功

飛信隊は、
羌瘣の部隊を含めた
八千からなる大舞台。

楽華隊と玉鳳隊よりも
隊の数が多いこともあるが
期待値も高いと
言っていいだろう。

本戦の場を
右の戦場とされた
飛信隊は四人の武将が
ひしめく部隊へと
移された。

相手は、
藺相如の武力そのものと
言われている尭雲。

同じく藺相如の側近の
一人である趙峩龍。

この戦の総大将となっている
李牧の側近馬南慈に
慶舎の側近岳嬰。

一番討ち取って
大きな手柄となるのは
やはり尭雲だろう。

ついで趙峩龍というところか。

⇒【趙峩龍と尭雲は完全に格違い!?

馬南慈についても、
李牧の側近であることから
猛者であることは間違いない。

しかし、
ここは最終戦に向かって
馬南慈も含めた最強布陣で
李牧は秦国との最後の戦いに
望むように思える。

馬南慈のここでの
討ち死にはなさそう。

⇒【李牧と王翦はどちらが強い!?





尭雲と趙峩龍と岳嬰

この右の戦場で
討たれることに
なりそうなのは
尭雲と趙峩龍と岳嬰だろう。

最大の武功という
意味で見れば、
尭雲討ちが最大に感じる。

しかし、
いきなり尭雲を討てる程
趙左翼も甘くはない。

何よりも、
尭雲は幻の三大天である
藺相如の武力。

⇒【趙の三大天呼称は実在しない!?
⇒【藺相如とは一体どんな人物!?

これが討たれれば
李牧としても
完全に読み違いと言って
いいのではないか。

さすがに、
飛信隊もそのレベルに
達しているとは
考えていないだろう。

尭雲を信が討ち、
王賁が趙峩龍を討つ。

これで、
共に大きな功績を
あげたことになる。

⇒【王賁は史実で4国を滅ぼす!?

羌瘣の武功

気になるのは
羌瘣の武功。

同じ飛信隊だが、
実際に邯鄲を陥落させる時、
王翦についているのが
この羌瘣という史実。

⇒【羌瘣は史実で趙を滅亡させる!?

王翦は羌瘣の実力を
ここでしっかりと
見極めるのでは
ないだろうか。

羌瘣は智略の面でも
天才的な素養を見せる。

その実力は、
信たちのような
武将としてのカリスマ性は
なくとも比類なきもの。

⇒【蒙恬=王翦の知略!?羌瘣天才!?

武力についても、
一掃する破壊力は
信の方が上だろうが
個別に戦うという意味で
見るのなら羌瘣に勝てるのは
現状では龐煖だけと
言ってもいいだろう。

尭雲を信が討ち、
趙峩龍を王賁、
岳嬰を羌瘣というだけに
留まらない功績を
羌瘣が残すように思える。

⇒【李牧と王翦はどちらが強い!?
⇒【信・蒙恬・王賁は誰が一番強い!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【蒙恬の史実は活躍が少ないの!?
⇒【王賁の最期とは!?子は王離
⇒【藺相如とは一体どんな人物!?
⇒【羌カイが王翦軍の幹部になる!?
⇒【羌カイは史実で趙を滅亡させる!?
⇒【李牧が嘉と!三大天全員逃亡!?
⇒【王賁は史実で4国を滅ぼす!?
⇒【信の嫁は!?羌カイか河了貂か?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.10.15

【ブラッククローバー考察】アスタとシスターは結婚できる?ユノはまさかライバル?

(田畠裕基先生 ブラッククローバー 1巻引用) アスタが育った 教会のシスターは 優しくてみんなの 癒しの存在ですね。 ア…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.9.8

【鬼滅の刃考察】我妻善逸は強い!?おもしろキャラの人物考察

(吾峠呼世晴先生 鬼滅の刃 4巻 引っこんでろ!!! 引用) 個性の強い登場人物のなかで、 強さが前面に出ていない ヘタレキャラの…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る