Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私たちはどうかしている考察|椿の目の治療はもう遅い!?跡継ぎになれずに向かった先は?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

私たちはどうかしている考察|椿の目の治療はもう遅い!?跡継ぎになれずに向かった先は?

過労により、目の病気を患っている椿

医師には今すぐに治療しないと手遅れになると言われています。

光月庵の跡継ぎに選ばれず、姿を消してしまった椿。

七桜は、今頃目の治療を受けているはずだと考えていますが、果たして真相はどうなのでしょうか。

椿は今どこで何をしているのか?

当記事では、姿を消した椿の目の治療と居場所について考察したいと思います!

七桜の出生の秘密!樹の子だった!
椿は過労?選ばれる和菓子は?




私たちは考察|椿は目の治療をしているか

大旦那が倒れてから、ずっと光月庵を支えてきた椿。

目に違和感を抱えながらも治療をせずに、大旦那の代理を務めていました。

そして跡継ぎが正式に七桜に決まった今、椿は光月庵を離れることに。

自由の身となったいま、椿は目の治療をしているのでしょうか?

大旦那が亡くなる前に椿に言い残した“自由に御菓子を作りなさい”という言葉。

これを叶えるためには、今の目のままでは難しいでしょう

そのため、まずは目の治療をすることが最優先です。

手遅れになる前に、まずは病院に行ってしっかりと検査をしてほしいですね!!

七桜もそれを願っています。

椿と多喜川は兄弟だった!?
七桜の目的は椿の救済!?

私たちは考察|椿の目の治療は手遅れ?

目の治療をするために病院に言った椿。

これまで手術を後回しにしていたことにより、治療しても手遅れの場合もあります

もし手遅れとなってしまったら、椿はこの先どうなってしまうのでしょうか?

菓子作りにとって失明してしまうのは致命的

しかし椿は大旦那の最後の言葉を胸に、諦めずに菓子作りを続けられる方法を探すかも知れません。

目が見えなくても菓子作りができる、菓子職人とかになるかも!?

また、七桜とばったりあったことで、七桜と共同で菓子作りを始めるなんていう展開もありそうな…

どちらにせよ、椿の目が治ることが一番です!

どっちの展開に転がるのか、楽しみで仕方ありません!

七桜が金沢に戻った理由は?
七桜は椿に見捨てられた?




私たちは考察|椿の居場所は?金沢にいる?

光月庵を去ることになった椿。

現在はどこにいるのでしょうか?

心機一転、金沢のお店でお菓子職人として働いている可能性もありますし(雇う側としたら、複雑かも笑)、
心を落ち着かせるためにどこかの宿で休んでいるかもしれませんね。

また自分の父親は誰なのだろうと思い立ち、父親探しをする可能性も!?

椿の父親、女将の不倫相手みたいですが誰なんでしょうね。

多喜川と異母兄弟説も浮上していますが、このあたりもめちゃくちゃ気になります!

光月庵から離れた今、椿がどう動き出すのか見どころですね!

樹を殺した真犯人を探すために、記者に話を聞きに行ったりして!

それでは引き続き、私たちはどうかしているの動向を楽しみにしましょう!

樹殺しのナイフに指紋あり!
女将の七桜イジメが陰湿!

【こんな記事も読まれています】

⇒【七桜の元に警察が来た理由は?
⇒【女将と男女仲にあった富岡はどこ!?
⇒【栞のセンスが光月庵を立て直す!?
⇒【女将の賄賂で和菓子は決まる?
⇒【椿は過労?選ばれる和菓子は?
⇒【大旦那が血筋にこだわる理由は!?
⇒【七桜は真犯人を見た?
⇒【七桜の蛍和菓子の込めた想いは!?
⇒【女将は樹を殺せない!?
⇒【多喜川が七桜と恋仲狙う!?



YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.9.19

【東京喰種:re考察】篠原幸紀が回復する可能性は!?鈴屋什造(じゅうぞう)はどうなる!?

(石田スイ先生 東京喰種 13巻引用) 東京喰種の中でも トップに入る 人気キャラクターの 鈴屋什造。 現状は、 篠原の…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る