Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私たちはどうかしている考察|七桜の出生の秘密!父親は樹だった!椿は誰の子?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
私たちはどうかしている考察|七桜の出生の秘密!父親は樹だった!椿は誰の子?

(安藤なつみ先生/講談社/私たちはどうかしている)

火事の一件から3年。

七桜と椿は再会を果たしましたが、
光月庵殺人事件は謎に包まれたままです。

お互いの出生の秘密を知ってる七桜。

椿も薄々気づいてはいるものの、
決定的な事実としてはまだ分かっていません。

この二人の出生の秘密が、
事件解明に繋がるかも??

当記事では七桜と椿の出生について
考察したいと思います!

七桜は嘘の代償で赤ちゃんを失う!?
大旦那が目覚めて事件解決!?




七桜の父親は樹だった

光月庵で椿の婚約者として
暮らしていた七桜。

母親の潔白を証明するべく、
何か手がかりはないかと探していました。

そこで城島の部屋が以前母親と
光月庵に住み込みしていたときに
使っていた部屋だと判明。

城島の部屋で入れさせてもらった七桜は、
押入れから母親の遺品を見つけてしまいました。

そこに残されていたものは、
七桜と椿のDNAの鑑定書。

七桜と椿の父・樹の血縁関係はほぼ100%に対し、
椿と樹の血縁関係はほぼ0%だったのです。

樹を殺した犯人はこの事実を知り、
樹に魔が指したのかも…?

もしくは、
誰かをかばうために樹が間に入り
殺されしまったとか?

樹殺しのナイフに指紋あり!
女将は樹を殺せない!?

椿の父親の正体

椿の父親が樹でないと判明したことで、
椿の父親が誰なのかという
新たな謎が出てきました。

一番可能性として近いのは、
女将のフリン相手です。

七桜の母親と樹が愛し合っていると知った女将。

悲しみと憎しみから、
女将も別の男性と関係を持ってしまいました。

樹を自分の物にしたい、
でも樹は一度も触れてくれなかった。

やるせない気持ちの女将は
子供を作ることで樹との関係を
保とうしたのかもしれません。

しかし、それでも樹の気持ちは
七桜の母親に向けられたまま。

こうやって見ると、
なんだか女将が気の毒になってきますね…

しかも今の栞の状況とすごいかぶってきます…

女将の子作りに協力した男性、
一体誰なのでしょうか?

ひょっとすると、
すでに物語に登場してきた人物の
誰かかも知れません。

早く正体が知りたい!!

椿はさくらが大嫌い!?
女将のフリン相手は椿と血縁!?




出生の秘密と事件解明

七桜と椿の出生の秘密。

これが事件解明の大きなヒントとなりそうです。

樹が殺された原因が憎しみからのなのか、
誰かを守るためだったのか。

七桜と椿が関わっているのだとしたら、
二人と深く関係のある人物が犯人の
可能性が高いですね。

もしかすると、
樹は自殺した可能性もありますね。

自分が妻を愛せず、
七桜の母親も女将も苦しめ、
そして子供たちまでも巻き込んだ。

そんな罪悪感から逃れるために、
自ら命を絶ったとか。

死んでも残された人たちを
救うことにはならいですけどね…。

むしろ余計に迷惑かけてますw

光月庵殺人事件。

そろそろ新たな真相が出てきほしいですね!

では今後の動向も楽しみにしています!

七桜は真犯人を見た?
椿と多喜川は兄弟だった!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【栞がおめでた発言をした!
⇒【椿と多喜川は兄弟だった!?
⇒【七桜の元に警察が来た理由は?
⇒【女将と男女仲にあった富岡はどこ!?
⇒【栞のセンスが光月庵を立て直す!?
⇒【椿は過労?選ばれる和菓子は?
⇒【大旦那が血筋にこだわる理由は!?
⇒【七桜が金沢に戻った理由は?
⇒【七桜は椿に見捨てられた?
⇒【栞は3姉妹で一番地味!?



YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.4.18

【七つの大罪考察】エスカノール正午の闘級を計算で予想!人間族の頂点強すぎる!!

(七つの大罪 エスカノール“探知” 149話 引用) 魔神族にも引けを取らない 人間族の最強の男、 エスカノール! しかし、…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る