Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私たちはどうかしているネタバレ49話10巻(確定速報)|大旦那の死亡確定!?七桜が女将にハメられた!栞は火事の秘密告白!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
私たちはどうかしているネタバレ49話10巻(確定速報)|大旦那の死亡確定!?七桜が女将にハメられた!栞は火事の秘密告白!

(安藤なつみ先生/講談社/私たちはどうかしている)

ついに女将と七桜が対面しました!!
3年ぶりに繰り広げられる壮絶なバトル。

二人の間で何が行われるのか…もうドキドキハラハラでした!!
七桜は以前のような恐れる態度は全くしていませんでしたね。
堂々と女将に向かっていく姿が格好良かったです。

そして気になるの大旦那の状態。
起きてはいるけど意識がはっきりしないのか??
女将に光月庵へと連れられて、なんと七桜と出会った瞬間に倒れてしまいました!!

これは女将の作戦なのか、それとも偶然なのか??
しかもその瞬間を椿に見られてしまうという最悪の事態。

急展開を見せた「私たちはどうかしている」49話。
七桜はこのピンチをどう超えるのか。

49話の見どころを紹介していきます!

前48話|椿が栞の誘いを断る!
七桜の目的は椿の救済!?




七桜VS女将

溝口議員に七桜の存在を知らされた女将。
大旦那と七桜を会わせないために、女将は急いで病院へと向かいます。

ちょうど女将が大旦那を光月庵へと連れて行こうとした時、七桜と鉢合わせてしまいました。

女将が「さくら」と発したときに大旦那の指がピクッと動きましたが、フェイントでしたね。(笑)
このタイミングで大旦那は目覚めませんでした。

それよりも七桜と女将もバトルが怖かったです!
七桜は昔のように女将を怖がる姿は微塵も見せませんでした。
今の七桜は大きな覚悟を持っていますから、女将にも強く立ち向かえるんでしょうね。

一方女将は使えるものは全て使う作戦に出ます。
七桜が一番動揺するであろう言葉を本人にあっさりと告げました。
そう、栞が椿の子を妊娠した話です。(実際は栞の妊娠発言は真っ赤な嘘ですが。笑)
この言葉は七桜にとっては耐え難いものでしたでしょうね…。
※七桜は3年前、椿との子供を妊娠していたけど火事の日に流産しています。

七桜と女将のバトルが再開してしまいましたね。
女将の陰湿な七桜イジメは見ていて正直辛いですが、
いつか七桜が女将を散々な目に合わす日が来るのを待って応援したいと思います!

女将の七桜イジメが陰湿!
七桜は真犯人を見た?

椿を本当に愛するのはどっち?

「こまち」で出す御菓子の試作品ができたと椿に連絡する七桜。
この話を使って七桜は光月庵に乗り込みました。

厨房で御菓子を確認する椿と七桜。
そこで椿の顔が近づくと七桜は照れる表情を見せました。
こういう瞬間を見ると、七桜はまだ椿が好きなんだなぁ感じます。

愛するを椿を光月庵の呪いから一刻も早く解放してあげたいですね!

隙きを見て大旦那を探す七桜。
そこでばったりと栞に出会ってしまいました。

七桜はそこで栞に椿に目の治療をするよう頼んで欲しいと訴えます。
自分にはできないけど、椿の子を妊娠する栞の頼みであれば椿は動くかもしれないと。

必死に訴える七桜を見て栞は動揺します。
椿の目の状態が悪くなっていることすら栞は知りませんでした。
しかしここで以前の椿の異変を思い出します。
物を落としたときの椿の異変が目の病気によるものだったと、栞は初めて気が付きました。

椿を自分のものにしたいとずっと願っていた栞。
そんな愛する人の小さな異変にも栞は気づきませんでした。
七桜の必死さを見て、自分の不甲斐なさを強く感じたと思います。

この七桜とのやり取りで栞は改心しそうですね。
徐々に女将の味方をするものがいなくなりそうです!

椿は過労?選ばれる和菓子は?
椿と多喜川は兄弟だった!?




城島の御菓子で気づく栞

城島に食べて欲しいものがあると呼ばれた栞。
あんが入っていない饅頭。
これは軽羹(かるがん)だと言われます。

栞が昔父親に食べさせられていたあんのないまんじゅう。
それは栞だけが愛されていなかったわけではありませんでした。
娘が虫歯にならないようにと気を利かせて渡されたまんじゅうだったのです。

城島、栞のことをすごく気遣ってくれますね。
これはもしや城島と栞がくっつくパターンでしょうか…?

父親から愛情を受けられなかったと思いこんでいた栞。
妊娠告白したときも体に良いと言われるくるみを持ってきてくれたり、
なんだかんだ父親は栞のことを心配してくれていました。

これまで栞が感じていたものは、勘違いだったもかもしれませんね。

栞が火事の秘密を告白

城島との出来事のあと、栞は椿にずっと隠していた秘密を明かしました。
その秘密は、火事のとき椿は七桜との約束を守ろうとしていたことでした。
椿はやっぱりあの日七桜を迎えに行っていたんですね!!

ニュースでは椿は家宝を取りに行ったと言われていましたが、
本当は七桜との約束を守るために七桜を迎えに行っていたようです。

どうして栞がこのことを知っているのでしょうか??
ずっと真実が明かされなかったので、きっと椿はその部分だけ断片的に忘れているのでしょうね。

火事のとき椿を助けたのは栞なので、栞は椿は七桜の元へ向かおうとしていたのを知っているのでしょうね。
それをずっと椿に伝えずに、七桜と椿を引き離そうとしていたのでしょう。

このタイミングで椿に明かしたということは、
椿への思いにケジメをつけたということでしょうか?

嘘の妊娠告白をした栞。
この嘘はいずれバレてしまうし、椿は栞を抱くこともしません。
完全なる栞の負けです。

もう戦う術がないので、せめて椿と七桜が幸せになるようにと今まで隠していた秘密を明かしてくれたのかもしれませんね。

栞のおめでた発言!嘘の理由は!?
栞のセンスが光月庵を立て直す!?

大旦那死亡=女将の作戦

光月庵で大旦那を探す七桜。
ようやく見つけると、大旦那は七桜の肩を持って「さくらなのか?」と言葉を発しました。

しかしその途端、大旦那は車椅子から倒れました。
七桜の隣で倒れる大旦那は息をしていませんでした。

青ざめる七桜。
その矢先に椿がちょうどやってきて…。

「あの女と同じ目に合わせてやる」

病院で七桜にそう話していた女将。
大旦那を殺した犯人として七桜を仕立て上げる。
女将のあの言葉はそういう意味だったのでしょう。
しかもこのタイミングで椿が来るのも作戦だったかもしれません。

全てが女将の作戦だったとすれば、女将は大旦那が死ぬことを分かっていたということですね。
大旦那の死が病気のものなのか、女将が毒薬かなにか飲ませて殺したものなのかはまだ分かりません。

椿の父・樹を殺した犯人もまだ不明なのに大旦那まで死んでしまうとは…
更に謎が深まってしまいましたね!

大旦那がこれで本当に死んでしまうのであれば、いよいよ光月庵の時期当主論争は激しくなります。
次期当主は椿になるのか、七桜になるのか。

そして椿と七桜の恋の行方は??

さらに盛り上がってきた「私たちはどうかしている」。
次回は記念すべき50話となります!

50話も面白い展開になることを期待して、楽しみに待ちましょう!

大旦那が血筋にこだわる理由は!?
樹殺しのナイフに指紋あり!

【こんな記事も読まれています】

⇒【七桜の元に警察が来た理由は?
⇒【女将と男女仲にあった富岡はどこ!?
⇒【女将の賄賂で和菓子は決まる?
⇒【七桜の蛍和菓子の込めた想いは!?
⇒【女将は樹を殺せない!?
⇒【多喜川が七桜と恋仲狙う!?
⇒【七桜が金沢に戻った理由は?
⇒【七桜は椿に見捨てられた?
⇒【栞は3姉妹で一番地味!?
⇒【椿は七桜を忘れて栞と結婚!?
⇒【七桜は嘘の代償で赤ちゃんを失う!?



YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.9.28

【東京喰種:re考察】ウタが地下24区へ!?ヨモに助言!やっぱり味方か!?最後に笑うのは“ピエロ”

(石田スイ先生 東京喰種 11巻引用) 地下24区へ戦が 繰り広げられる中、 ヨモの前に 姿を現した 謎の人物。 恐…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る