【三角的恋愛の饗宴考察】妹の響は兄の亮に何でもやらせてしまう♦ダメ男製造機になりかねない♠

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(日高トラ子先生 三角的恋愛の饗宴引用)

響と亮が
関係を持ってしまって
数話はかなり亮が
ゲス道を進むことに
なってしまった。

響は容姿端麗な
美少女。

亮にアプローチを
ずっと仕掛けて
いたのは響。

響としては
願ってもない展開
と言える。





関係していから亮が狂う

関係して、
そこから引っ越した亮。

しかし、
忘れられずに
響を呼び出す。

響としても、
亮を好きだったからこそ
すぐに忘れられる
わけもなくそのまま
通い妻のような
関係になってしまう。

これで、
亮に彼女がいないと
なればまだ分からなくも
ないのだが、
実際には彼女がいない
日だけに呼び出される状況。

それに素直に従う響。

しかも、
やりたくもないことを
強要されている。

もはや、
亮にとって響は
愛すべき存在では
なくなっているのでは
と感じさせる。

ダメ男を作り出す

何でもいいよいいよという
女性の元に男性がいると
ダメ男が製造されると
言う話は有名なところ。

やはり、
甘える先があり、
それが何でも許容される
となれば
エスカレートしていくのは
確実だろう。

もう一回するから
下着をつけないでとか
義理の妹に言う言葉ではない。

というか、
彼女にすらそんなことは
中々言わないだろう。

実際に、
亮はカヤにはあまり
自分の欲望を
さらけ出していない。

そのあたりを含めて
響の許容と
カヤへの対応。

亮が狂い始める
手前まで
来ているのが目に見える。

このまま響を
ものにした状態で
彼女であるカヤと
上手に付き合えるのだと
すれば余程のクズ。

しかし、
そうはならないだろう。

実際に、
昌平に対してすでに
罪悪感が生まれている
響。

全てが明るみに出るのも
時間の問題と言える。

⇒【響が昌平に全てを明かす!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

複数ライター様よりご寄稿頂いたネタバレを含む考察を掲載させて頂いております。編集時点で内容に誤りが生じる部分は直しを行っていますが全てに目が行き届かないケースもありますのでご了承頂けると幸いです。誤字などありましたらコメントで教えて下されば修正を行います。 またライター希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.6.24

【キングダム考察】麻鉱が最強の攻撃力♦亜光が最強の防御力♠王翦が最強の軍略か♣

(キングダム 麻鉱が認める 522話 引用) 王翦は軍略の才だけで、 六大将軍に入れるほどの 天才だというのを、 昌平君の師であ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る