Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム625話【最新ネタバレ考察】龐煖は死なない?史実を考えるとどちらもある!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダム625話【最新ネタバレ考察】龐煖は死なない?史実を考えるとどちらもある!



※確定情報更新(リンク下に簡易あらすじ)

キングダム625話 最新情報

【キングダム625話の簡易あらすじ】

糸凌と馬呈は互角の状況となっている。
王翦は田里弥の元まで来ている。

李牧に動きはなく飛信隊が何かに時間を取られているのが分かる。

龐煖と信は少し互角の戦いになってきている。
李牧が言うに17年前にすでに龐煖は個人としての武の極みに達していた。

それ故に山を降りて摎(きょう)を討っている。
そこに現れた王騎に敗れて再度山ごもりとなったが、
現実に信や王騎の力というのは龐煖の対極に位置するものだと言う。

龐煖は個人を極めた武の力であり、
信のものはそれまで関わった者たちの心を引き継いでいる力。

この二つの矛盾を李牧も感じながらどちらに答えがあるのかを見極める意味で、
今逃げずに二人の行く末を見ていると言える。

龐煖が史実と異なる!?




信は自分を天下の大将軍だと言いました。
龐煖は個で武力の頂点として人間を超える事で結果的に争いを終わらせるという立場に立っています。
カイネは求道者のその想いを聞いて涙していましたが信もまた争いを終わらせようとする王の元で矛を振るうものです。

元より天下の大将軍を目指していましたが廉頗将軍との話の中でも六大将軍や過去の三大天を超える為の方法を教わりました。
時代が信たちを認める為には統一する王の元にいる将軍である事です。

この朱海平原の戦の終わりには実際に将軍として活躍する事になる信や蒙恬や王賁ではありますが、
ここで龐煖の個の武力との対峙が終わりを迎えるのでしょうか。

龐煖が死ぬと言われる予想もあればまだまだ生き残る予想もあります。
果たしてどちらが正しいのか。
今の戦力差で龐煖を討つのは相当難しいでしょうが。

龐煖は死なない

史実の龐煖とは全く違っているキングダムだけにオリジナルの死を迎えるであろうと言えます。
現実に悼襄王の時代には活躍する龐煖ですが次の幽繆王の時には登場しません。
これが史実ではありますが鄴攻めと同じ年に史実では趙の悼襄王は死ぬ事になります。

よってここでもし龐煖が殺されてしまったとしても史実的な問題は起こりません。

それでも信と龐煖の現状の武力さを見ているとここで龐煖が死ぬとは考えにくいでしょう。
羌瘣が先に奮闘したという点もありますが二人とも趙峩龍の戦いがかなり消耗してる上にまともに食事を取れていません。

この二人に武力最強である武神龐煖が殺されるというのも違和感があります。

龐煖は死なずにこの二人の決着は先に引き伸ばされると考えていいのではないでしょうか。
しかし今の状態からの引き伸ばしとなれば別の理由で李牧が敗北を決しなければなりません。

李牧は史実でも最強の武将!?

糸凌と馬呈の戦い

龐煖と信の戦いも気になりますがもう一つ李牧を攻めようとしている部隊である正面の王翦軍。
その特攻とも呼べる糸凌は馬呈と戦っています。
どちらも巨躯であり武力に対して相当な自信があると言える存在。

この糸凌が馬呈を破って部隊を進軍させたとなれば李牧も後退を余儀なくされると思われます。
王翦軍を馬南慈と傅抵が攻め切れればまだ分かりませんが蒙恬と王賁があそこに現れた以上それも叶わないでしょう。

李牧にとって膠着もまた敗北を意味します。

朱海平原の史実は王翦圧勝!?




李牧は和睦を申し出るか

龐煖と信の戦いが飛信隊有利で幕を閉じる事になれば李牧の敗北は決します。
それが相打ちの様な形でも同じでしょう。
討たれれば当然勝ち目はなくなります。
羌瘣も信もどちらも疲弊してすでに李牧を討つだけの力は残っていないとも言えますが、
横からの勢いがおさまらなければ正面からの王翦軍が進行してそのまま李牧まで刃が届くでしょう。

結果的には李牧は王翦に対して和睦を申し入れる事になると感じます。
このまま膠着させれば王翦軍は死に絶えますが鄴も終わります。
鄴の民は桓騎の残虐な方法で殺されてしまうでしょう。

丞相である李牧としては王翦に和睦を申し出て即座に馬を走らせて桓騎が民を傷つけない様にしてもらう必要があります。

これは流尹平野と朱海平原がお互いに対比していると言われいる事からもそうなると予想されます。
廉頗は蒙驁に対して和睦を申し入れました。
その時には桓騎の手綱という話をしていたのでまた同じ展開ではないかと思えます。

龐煖VS信が終わり李牧が和睦して決着。
朱海平原の戦いの後は趙の悼襄王が死ぬ事になるでしょうから、
それについての趙の内部での変革が数話描かれるのではないかとも思えます。
その前に論功行賞が行われて信たちが将軍になるのでしょう。

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【王翦の強さは史実にあり!
⇒【騰が韓を滅亡させる!
⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【項燕と昌平君が最強の敵!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.4.24

【ヒロアカ考察】ジェントル・クリミナルの個性と能力は強い!?動画投稿で偉大な男を目指す義賊!

(堀越耕平先生 僕のヒーローアカデミア171話引用) 文化祭前に登場した ジェントル。 迷惑行為にて 名を馳せようと して…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る