Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム考察|朱海平原の戦い最終日、信を狙う龐煖!羌瘣が犠牲者となる!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダム考察|朱海平原の戦い最終日、信を狙う龐煖!羌瘣が犠牲者となる!?

キングダム602話から遂に朱海平原の戦いは
最終日の15日目を迎えた。

前日の夜に突然と現れた
龐煖(ほうけん)によって
蒙恬が慕っていたじいこと胡漸が殺された。

しかし龐煖が狙うは信であり、
大規模な戦いとはならなかった。

龐煖の気配にいち早く気づいた羌瘣
最終日に龐煖がまた現れ、
信と戦おうとすると考えていた。

羌瘣は龐煖が信に会うの防ぐため、
1人犠牲となるのではと考察した。

信が趙峩龍戦にて信が覚醒!?




朱海平原に龐煖が突然と現れる

キングダム 朱海平原の戦いも
遂に佳境に入ってきた。

14日目は飛信隊は趙峩龍の軍と戦い、
信が見事に趙峩龍を討ち取った。

しかし、趙峩龍の首と引き換えに
飛信隊でも古参の歩兵隊隊長・松左が
死んでしまったことは多くの方が涙しただろう。

激動の14日目が終わり誰もが戦いが
終わりを迎えると感じ始めた中、

秦軍左翼に突然の来訪者が現れた。
趙の三大天である龐煖(ほうけん)だ。

龐煖を相対したのは蒙恬率いる楽華隊。

龐煖の凶斬によって一瞬で多くの兵が倒された。

楽華隊よ副長でもある胡漸も
龐煖によって殺された。

朱海平原の戦いで蒙恬は非常に
大きな痛手を負った。

ただ龐煖とは大規模な戦いは起こらなかった。

龐煖が求めたのは趙峩龍との戦いにて
覚醒した信であったからだ。

龐煖が信の覚醒に気づく!?

龐煖は朱海平原の戦い15日目も現れる

キングダム945話では兵糧を尽き始めた
秦軍がまさに満身創痍で朱海平原の戦い
最終日15日目を迎えるシーンが描かれた。

現在まで激突のない中央軍も
昨日の信の趙峩龍撃破によって遂に動きだす。

一方で、右翼の飛信隊も趙の中央軍を
横から挟撃するために昨日の戦いに
劣らない程の激しさで攻めこむ。

私はおそらく飛信隊の李牧が率いる
中央軍への挟撃は成功すると予想している。

しかし、信が李牧と戦う前に龐煖
現れると考察した。

信を求めて龐煖は必ず朱海平原の戦いに
姿を見せるはずだ。

趙が滅亡しても李牧は死なない!?




龐煖の相手は羌瘣がする!?

羌瘣も朱海平原の戦い15日目が始まる前に、
龐煖がまた信を探して戦場に現れると
考えていた。

私は羌瘣が龐煖との相手をすると考えている。

羌瘣は信を必ず守ると強く思っていた。

戦いの前の信と羌瘣のやり取りで

羌瘣「お前の危機は私が守る」
信「そういうのはやめろ羌瘣
  皆で勝つんだ
  ちゃんと生き残ってな」
(集英社/原泰久先生/キングダム)

明らかに羌瘣が龐煖と戦い犠牲者となる
フラグなのでは?と考えてしまった。

史実では羌瘣は信と同じく将軍となるため、
朱海平原の戦いで羌瘣が死ぬことはないと思う。

ただ、信の為に羌瘣が龐煖の凶斬を
1人請け負うことになるだろう。

羌瘣の信への想いは並々ならぬものが
あると感じてしまう。

最終的には信が羌瘣を助けに入る
展開を予想している。

覚醒した信と龐煖の戦いは近い!?

まとめ

朱海平原の戦いに突然と現れた龐煖

秦軍にとっては予想外の敵だけに恐ろしい。

龐煖は趙峩龍の戦いにて覚醒した信を狙う。

そのため、朱海平原の戦い最終日15日目にも
龐煖は現れると予想。

しかし、羌瘣が龐煖を信と戦わせない為に
犠牲者となると考察。

個人的には羌瘣が勝って欲しいが
龐煖を足止めする位で、

信とバトンタッチする展開を予想している。

果たして、憎き龐煖を
討ち取ることが出来るのか?

朱海平原の戦い最終日も目が離せない!

15日目は信VS龐煖で決まり!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【桓騎の怒りの正体が判明!?
⇒【桓騎は秦を裏切り燕につく!?
⇒【騰は史実では文官としても優秀!!
⇒【秦の滅亡は法整備に失敗したから!?
⇒【朱海平原の戦いは15日目で決する!!
⇒【王翦の歴史的快挙!!
⇒【王翦の強さは史実に存在!?
⇒【騰が韓を滅亡させる!?
⇒【史実では山の民は秦を裏切る!?
⇒【元王騎軍副将、騰の強さとは!?
⇒【信と蒙恬は楚との戦いで失態!?
⇒【信・蒙恬・王賁の誰が一番強い??




YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

よく読まれている記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る