Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ618話【最新確定】淡が金毛を討つ!仁は死亡の可能性あり!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダムネタバレ618話【最新確定】淡が金毛を討つ!仁は死亡の可能性あり!



キングダム618話(ヤングジャンプ2019年46号10/17発売より)河了貂の運命が決まります。
淡が救ってくれるだろうと言う予測をしていましたが現実のものになりました。
しかも金毛を討つという大きな功績を残す結果に。
但しそこまでに仁が死する直前となる追い込まれ方をしました。

最初は馬上から槍で狙われた河了貂ですが寸前で金毛の兵の頭に矢があたります。
即死でしょう。

それによって槍がずれて河了貂は助かります。
しかしその一発で何とかなる状況ではないのは想像に容易いと言えます。

この矢を討ったのは仁です。
走りながら河了貂の元に近づこうとしています。

仁に救われ続けるのかとも感じますが先程手も弓も限界が近づいていると話があったので、
すぐに射てなくなってしまうのは容易に想像出来ます。

それではキングダム618話を考察していきましょう。

中華十弓ランキング!




キングダム618話 次々に現れる金毛の兵

金毛は兵を一人だけ連れてきた訳ではありません。
次々に河了貂を狙おうと向かってきます。
一人仁た倒したところで危機を脱したとは言えない戦況になっています。

弓で河了貂を射ようとした兵に対しても仁が手を射ち抜きます。
河了貂は何とか立ち上がり逃げ出そうとしますが金毛とその周辺の兵は逃すまいと追います。

仁の射撃だけが頼りの状況ではありますが、
次の一撃で矢が中心から折れてしまいます。
まさに絶体絶命と呼べる状況になってしまいますが仁は諦めずに自ら走り出して河了貂の元に向かいます。

すでにかなり近くまで来ていたので辿り着くのはすぐですが接近戦が出来るタイプでないのは言うまでもありません。

信の嫁は!?河了貂か?

キングダム618話 仁が討たれる

河了貂を討とうと馬上から槍で狙う兵の馬に対して体当たりを決める仁。
馬はそのまま前かがみに倒れますが仁も無事であるはずがありません。
倒れて動かなくなってしまっています。

落馬した兵はまず仁の頭を掴み取って首に目掛けて槍を突き刺そうとします。
途中まで槍が入った様に見えますがマフラーの様なものを巻いているのでどこまで貫かれているのかは定かではありません。
もし首に届いていた場合は失血死する可能性が十分にあると言えるほどの刺さり方ではあります(現状で死亡かどうかは定かではない)。

ここで淡が登場しなければ話にならないのは誰もが分かる所でしょう。

新六大将軍は誰の手に!?




キングダム618話 淡の矢が強力過ぎる

当然の登場ではありますが仁の首をハネようとしていた兵に対して淡の矢が当たります。
その矢の威力が仁のものとは比べものになりません。

今まで矢が突き刺さるのが見えていましたが、
淡の矢は顔全てが吹き飛んだ上に尚も先に飛んでいく様子が描かれます。
(実際には口から下が吹き飛んで頭の半分は空中に飛んでいます)
見た感じでは何かしら太めのレーザーがぶち当たった様な印象です。

何しても仁の矢とは意味が違っている気がしてなりません。
当然仁はすでに疲れ果てていた事が原因ではあるでしょう。

ここで淡が人を討つ覚悟を持ったと言う事になります。
淡も仁を傷つける人を許さないとありえない腕の筋肉で矢を射ちもう一人金毛の兵の頭を蹴散らします。
強すぎるの一言に尽きます。

朱海平原の史実は王翦圧勝!?

キングダム618話 淡が金毛将軍を討つ

一人また一人と淡に討たれる中で金毛が自ら河了貂を狙おうとします。
馬上から剣で河了貂を討とうとした刹那淡の矢が胴体を貫きます。
全ての兵を殺して最後が金毛となります。

心臓一直線に見えますが金毛の驚いた顔に違和感を覚えます。
今の状況では狙おうとすれば射たれるのは容易に想像出来た所だとは思いますが、
河了貂を討たなければ勝てない金毛からしても必死だったと言うところでしょう。

落馬しながらも立ち上がり河了貂と会話する金毛将軍。
戦場は子供の夢追い場ではなくお前たちの様な者がいるから戦はなくならないと言います。
河了貂は逆だと言うがそれでも立場が違うからであってそれを否定する事もないと伝えます。

そしてその考えの違いは仕方ないからこそ、
信はいつも言うのだと河了貂が語ります。

金毛の思いも背負った上で進んで行くと。
だから信も飛信隊も強いのだと河了貂は金毛の目をまっすぐに見て伝えます。
金毛は慶舎を思い出しながらなぜ信に討たれてしまったのか合点が言ったと頭で感じています。
それでも最後は「勝つのは自分たちだ」と剣を振るうが頭に淡の矢が貫かれ絶命です。

淡は金毛将軍を討つ功績を上げた事になります。
金毛を討った右翼ではあるが次に戦うのは龐煖となるのでしょうか。

619話 信の前に龐煖

龐煖が史実と異なる!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【王翦の強さは史実にあり!
⇒【趙の三大天呼称は実在しない!?
⇒【信と龐煖の武の決着はいつ!?
⇒【趙滅亡の流れ!悼襄王の末路!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【項燕と昌平君が最強の敵!?
⇒【中華十弓ランキング!



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.11.6

【七つの大罪考察】グロキシニアとドロール本当に死亡!?伏線が残っている!?

(鈴木央先生 七つの大罪 22巻引用) チャンドラーを相手に ピンチとなった 七つの大罪。 そこに 現れたのは 先王のグ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る