Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私たちはどうかしている考察|城島は七桜が好き!女将とグルになるも七桜に惹かれていく!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(安藤なつみ先生/講談社/私たちはどうかしている)

城島祐介。

光月庵で働く菓子職人。

城島はもともと椿を恨んでおり、
椿と七桜を別れさせたい女将と
利害が一致していました。

城島が椿を恨んでいた理由は、
実家の店が潰れてたのは椿のせいだと
思っていたから。

実家の借金返済のために、
城島は女将から報酬をもらって
椿と七桜に悪さをします。

その犯歴がなかなかに
恐ろしいです…。

その悪さもいずれ
七桜に助けられることで
消えていきます。

そしていつしか城島は
七桜の一生懸命さに惹かれるように…。

光月庵の火事をきっかけに
七桜は光月庵から姿を消しました。

それでも城島は
七桜のことを忘れていません。

七桜と城島が今後再会を果たして
2人がどのように関わっていくのかも
楽しみであります!!

さくら嫌いの理由は子供時代の嘘




城島の犯歴

城島が女将とグルだったころ、
城島は椿と七桜に
劣悪な行為を行っていました。

椿と七桜にはバレることなく済んでいるものの、
その行為はかなり恐ろしいものです。

城島の犯歴をおさらいしましょう!

<犯歴その1.>ツボ落とし事件

3巻13話で七桜が椿に
菓子帳が置かれている部屋に
閉じ込められているとき。

無理やりその部屋から出た七桜を
見逃さなかった城島は、
七桜を目がけて上から大きな壺を
落としました。

(安藤なつみ先生/講談社/私たちはどうかしている)

この行為は女将に
頼まれたものではありません。

椿への当てつけで、
七桜を利用しているものです。

椿によって七桜は難を逃れたものの、
もしこれが頭にでも激突していたら…
死んでいてもおかしくありません。

城島の行動。

考えてみれば女将と同等に
恐ろしかったです…。

<犯歴その2.>茶会の電話を伝えず

4巻で大事な茶会を控えていた椿と七桜。

大旦那に認めれもらうためにも
この茶会は絶対に
失敗してはいけないものだった。

しかし城島は茶会で
小豆アレルギーの子がいるという電話を
椿と七桜に敢えて伝えなかった。

(安藤なつみ先生/講談社/私たちはどうかしている)

椿がいつも涼しい顔をしているのが
ムカツくと話す城島。

こちらももし当日に確認がなく
子どもが小豆の御菓子を食べていたら…

城島自身の身が危なくなりますよ…!

高校時代にグレていた経験もある城島。

この犯歴を見返せば
グレる性格であるのも納得です笑

以上、
城島が行った犯歴でした!

どちらも人の命に関わる危険な行為。

今となっては
何事もなく過ぎていますが、
どこかで償いも込めて、
椿と七桜を救うシーンがあればいいなぁ
と密かに思っています!

女将のフリン相手は椿と血縁!?




城島と七桜

椿を恨むあまり、
七桜へ日頃から悪さを行っていた城島。

しかし自分の過去を七桜に語ると、
七桜は騙されていることも知らずに
城島を助けようと必死になります。

かつて城島の両親が経営していた
御菓子店『しまや』。

しまやの名物であるわらび餅を
作り出そうと七桜は奮闘します。

その姿を見た城島は
少しずつ七桜に惹かれ始めます。

完成したわらび餅は音羽百貨店の
催事に出されて見事1位になりました。

城島の実家が抱えていた借金も
椿が一括返済をし、
しまやのわらび餅が全国で
販売されることに。

七桜に嘘をつき続けた城島。

七桜に罪悪感を感じますが、
わらび餅のことで頭いっぱいにだったと
語って笑顔を見せる七桜。

6巻27話で満面の笑みを見せる七桜に
城島は顔を赤らめます。

(安藤なつみ先生/講談社/私たちはどうかしている)

城島の恨みは消え、
再び父のお店『しまや』を
再開できるように御菓子作りを
純粋に行います。

城島は七桜に惹かれてるのは
明らかですが、
その後七桜にアタックする姿は
ありませんでした。

椿に借金を一括返済をしてもらい、
椿に借りができたからでしょうか?

七桜が光月庵を去り、
厨房から七桜の姿がなくなった。

その寂しさから城島は今でも
七桜を忘れていません。

(安藤なつみ先生/講談社/私たちはどうかしている)

8巻39話で
七桜を思わせる発言をする城島。

今後城島が七桜と再会するとなれば、
城島は七桜に気持ちを伝える
可能性が出てきます。

椿のことを忘れようと必死な七桜。

多喜川には恋愛感情はなさそう?ですし、
七桜は城島に気持ちが揺れても
おかしくないかも?

このタイミングで城島の過去の犯歴が
七桜にバレることもありそうですが…

城島の今後の動きも楽しみですね!

【こんな記事も読まれています】

⇒【さくら嫌いの理由は子供時代の嘘
⇒【女将のフリン相手は椿と血縁!?
⇒【7巻 七桜と女将が直接対決!
⇒【6巻 七桜の妊娠が発覚!
⇒【5巻 城島の憎しみが明らかに!
⇒【4巻 椿が事件の嘘を告白!
⇒【3巻 七桜の母親が登場する!?
⇒【2巻 七桜の正体が女将にバレる!
⇒【1巻 七桜の母親が犯人!?



YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.8.16

【約束のネバーランド考察】ノーマンとアダムが似ている!!Λ7214はクローン農園!?

(白井カイウ/出水ポスカ先生方 約束のネバーランド74話引用) GPにてルーカス達の門番として 登場したアダム。 レウウィスと…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.9.9

【進撃の巨人考察】エレンにとってライナーは超えられない存在だった♠エピソード不足をどう補うか♣

(諫山創先生 進撃の巨人 97話引用) エレンとライナー。 エレンはライナーのことを、 兄貴の様な存在と 感じていた。 …

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る