Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ600話(確定速報)|胡漸(蒙恬じぃ)副長死亡!王賁復活!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダムネタバレ600話(確定速報)|胡漸(蒙恬じぃ)副長死亡!王賁復活!



キングダム600話で蒙恬のじぃである胡漸(蒙恬のじぃ)が討ち死にすることになる。
(ヤングジャンプ2019年24号より)

※追加情報を考察しています※

キングダム600話の大まかなポイント

・龐煖と胡漸
・胡漸討ち死に
・李牧の指示ではない龐煖の出現
・王翦からの指示
・王賁の復活

龐煖が現れて危機に瀕した楽華隊のいる場所。

しかし龐煖は蒙恬を狙ってきた訳ではない。

あくまでも王騎の力を見せた信に対して求道者としての登場である。

但し、
ここに蒙恬が戻ってくれば戦いになる。

結果的に蒙恬が敗れれば秦国左翼は機能しなくなり、
紀彗の攻勢によって秦国軍の敗北が決まってしまう。

圧倒的な異分子と呼べる龐煖の存在に対して、
どう対処していくのか。

キングダム600話を考察していこう。

朱海平原の史実は王翦圧勝!?
蒙恬の史実は活躍が少ないの!?




キングダム600話 胡漸が龐煖を突く

胡漸(蒙恬のじぃ)は龐煖の危機を感じ取る。

蒙恬が生まれた時の事を思い出している胡漸。

女性問題で色々な苦労があれども、
蒙恬に「大好きだよ、じぃ」と言われ続け本当の孫の様にかわいがってきた存在。

蒙恬は自分に子供が出来たら最初に抱っこさせてあげるとも胡漸に言っていた。

倒れていた胡漸ではあるが、
蒙恬から遠ざける必要があると立ち上がり剣を龐煖に刺す。

誰にも傷付けられなかった相手を、
武力では圧倒的に劣るじぃが刺せた事に周囲は当然驚く。

その刹那龐煖の矛は胡漸を切り伏せる。

胡漸の討ち死にが確定する。

蒙恬も軍略を練っている最中ではあったが何かを感じ取った様子。

外が気になり蒙恬じぃがいた本陣に向かう。

龐煖の史実

李牧も知らない

龐煖の出現の報告が李牧の元にも入ってきた。

李牧も知らなかった龐煖の居場所。

李牧は信との決着を付ける為に彼が現れたのだと感じている様子。

王騎と同等の武力を纏いつつある信の存在を龐煖が許せるはずもない。

このまま最終日に龐煖は信の元に現れる事になるのだろう。

信と龐煖の武の決着はいつ!?




王翦からの指示が入る

キングダム600話でようやく河了貂の元にも王翦からの指示が入ってくる。

最終日は李牧の中央を横撃せよとの指令だった。

これで李牧中央を王翦中央と共に挟撃出来る体制が整っていく。

趙軍でも尭雲が「明日は出る」と右腕の無理を承知の上で前線に現れる事になる。

李牧が言っていたが、
まさに役者が揃ったと言える状況になっていく。

李牧は処刑される

玉鳳隊では王賁が復活

秦右軍では玉鳳隊で動きがある。

天幕で寝ていた王賁ではあるが、
どうやら一日寝続けて復活した様子。

どこまで回復したのかは不明だが、
立ち上がって話せるレベルには成っている。

最終日は恐らく王賁も戦場に戻るものと思われる。

これで亜光も復活する事があれば、
万全の体制で望める。

状況次第で、
龐煖に対応するのが信となり、
尭雲を討つのは王賁となる可能性もある。

601話 蒙恬の悲しみ

馬南慈と趙峩龍と尭雲全て死亡!

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【王翦の強さは史実にあり!
⇒【ホウ煖が史実と異なる!?
⇒【騰が韓を滅亡させる!
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【王賁は史実で四国を滅ぼす!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【項燕と昌平君が最強の敵!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る