Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピース考察|なぜ??ゾロを認めた牛鬼丸が武器を集める理由!!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ワンピース考察|なぜ??ゾロを認めた牛鬼丸が武器を集める理由!!

ワンピース937話-938話では
鈴後(りんご)のおいはぎ橋でゾロが奪われた
秋水を取り戻すため、弁慶のような
出で立ちの“牛鬼丸”と戦っていた。

牛鬼丸はおいはぎ橋を渡ろうとする者の
武器を奪うと有名なようだ。

ではなぜ牛鬼丸はおいはぎ橋にて
武器を奪うのか?

私は牛鬼丸が仕えるべき強き者を
求めていると考察している。

日和がゾロに恋をする!




おいはぎ橋の“牛鬼丸”

ゾロは秋水を奪われた。ゾロは奪った人物を
追いかけ、鈴後のおいはぎ橋まで来ていた。

おいはぎ橋に待つのは、弁慶のような
風貌とした“牛鬼丸”だった。

ゾロが秋水を返すように言うと、
牛鬼丸は『秋水はワノ国の宝であり、
リューマの墓に戻されるべき』と語った。

そのため、ゾロの交渉?は決裂して
牛鬼丸との戦いが始まった。

ゾロが刀を二本しかないが、
ゾロと互角に打ち合っている牛鬼丸は
相当な実力を持っていると予想される

ゾロと牛鬼丸の戦いは人斬り鎌ぞうの
登場によって中断。

そして、ゾロが鎌ぞうを倒した姿を見て、
牛鬼丸はニヤリと笑い消えてしまった。

この不敵な笑みを見るに、鎌ぞうを倒すほど
の実力を持つゾロを認めたと考えている。

ゾロの新しい刀

牛鬼丸のモデルは弁慶

牛鬼丸のモデルは“弁慶”と考えて
間違いないだろう。

般若のような顔つき、服装を見て、多くの方が
牛鬼丸は弁慶だ』と思っただろう。

また、牛鬼丸が武器を集めている点も
弁慶の逸話と一致する。

弁慶は京にて橋を渡る武芸者に戦いを挑み、
武器を奪っていたそうだ。

源義経が通りかかり負けてしまい、
弁慶は義経に仕えるようになった。

牛鬼丸もゾロに負けて、
ゾロに仕えるようになるとも考察されている。

ゾロがオロチを倒す!?




弁慶が武器を集めていた理由

牛鬼丸の武器を集める理由は、
弁慶が武器を集める理由を考察すると
明らかになると考えた。

弁慶が武器を集めていた理由を
調べたが確定情報はなかった。

そのため、ここからは私の想像だ。

弁慶は京で武器を集める以前も
荒くれ者として、暴れまくっていた。

弁慶は強さを求めていたのだと考察する。

純粋に強さを求めて、弁慶は誰かと
常に戦いたいと思っていたのではないか?

そのために京に来て、武器を奪い続けて
いけばいずれ自分の求める強さを持つ者に
会えると思ったのではないかと考えた。

そして自分を負かした義経に強さを見出し、
仕えるようになったと考えている。

ワノ国にポーネグリフ!?

牛鬼丸が武器を集める理由

牛鬼丸も弁慶と同様に、強き者を
求めて武器を集めていると考えている。

牛鬼丸はワノ国の英雄リューマを
非常に尊敬している点からも、
強き者を求め仕えるべき先を
探しているように感じた

ではなぜ牛鬼丸は自分が仕えるべき先を
探しているのか?

それは牛鬼丸はカイドウによって
枯れていくワノ国の行く末を憂い、
自分が認める主人とともにワノ国を
変えたいと思っていると考えられる。

ワノ国の宝を重宝し、ワノ国の歴史を
よく知る牛鬼丸が現状のワノ国を
良しとはしないだろう。

そのため、強き者を牛鬼丸は探していた

河松=河童!!

まとめ

牛鬼丸のモデルは明らかに弁慶だ。

風貌や服装、戦いを挑み武器を橋にて
奪うエピソードは弁慶と一致する。

弁慶のように牛鬼丸はゾロの
仲間になると考えている。

牛鬼丸についてはまだ不明な点も多く、
牛鬼丸だけが持つワノ国の秘密もありそうだ。

今後もゾロと牛鬼丸のやり取りは目が離せない。

世界政府がワノ国に干渉!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【ワノ国開国を目論む別勢力!
⇒【モモの助が開国の鍵!!
⇒【ゾロがカイドウを倒す!?
⇒【河松の正体はカッパ!?
⇒【ギフターズはお玉に奪われる!
⇒【カイドウが仲間を増やす理由判明!?
⇒【ワノ国にポーネグリフ!?
⇒【おトコが光月トキか!?
⇒【ビッグマムがワノ国を救う!?
⇒【ゾロはオロチと戦う!?




YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

よく読まれている記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る