Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピース考察|小紫死亡はフェイク?狂死郎と小紫の迫真の演技でオロチを騙した可能性!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ワンピース考察|小紫死亡はフェイク?狂死郎と小紫の迫真の演技でオロチを騙した可能性!

(尾田栄一郎先生/集英社/ワンピース)

狂死郎に斬られてしまった花魁・小紫
死亡にはかなり早い展開である。

小紫と狂死郎が
手を組んでいる可能性もある。

小紫が日和様だとすれば、
狂死郎は幼少期から自分の遊郭で
日和様を匿っていたのかもしれない。

最終的な狙いは
オロチとカイドウの討伐なのだろうか?

小紫は“白狐”の能力者




オロチの失恋

オロチは小紫に対して
心より命を乞えば殺しはしないと言う。

やはり、オロチにとって小紫は
1番のお気に入りなのだろう。

しかし、小紫は命乞いなどしないと
きっぱり断る。

最愛の花魁にフラれるオロチ将軍。

小紫に対してブチ切れるオロチは
8つの頭の統制が取れなくなり
周りの家来に噛み付いてしまう。

オロチの悪魔の実 ヘビヘビの実
幻獣種モデル八岐大蛇はそこまで
強い能力ではないのかもしれない。

オロチ自身が短気なのもあるが、
8つの頭が各々好き勝手に動き隙が大きい。

最終的にオロチ将軍と誰が戦うのかは不明だが、
ゾロなら苦戦することなく勝てそうである。

やはり、ワノ国で1番危険な存在はカイドウだろう。

オロチお庭番衆は強い

オロチが鎖国にこだわる理由は!?
小紫の正体は日和様!?

狂死郎が小紫を斬る

狂死郎は小紫を一太刀に斬ってしまうが、
小紫は死んでしまったのだろうか?

死亡するには明らかに早すぎる展開。

小紫=日和様の説が正しければ、
今後モモの助との再会シーンも考えられる。

おトコを庇っただけで死ぬとは思えない。
狂死郎にしても斬るまでの判断が早すぎる。

自分の遊郭出身である小紫をそんなに簡単に
殺してしまうとは考えにくい。

小紫の死亡劇は
狂死郎と小紫の演技の可能性も出てくる。

おトコ=丑三つ小僧

狂死郎は強い!?
プテラの飛行能力とは!?




小紫と狂死郎の関係

狂死郎と小紫は結託してるのか?

斬られたかのように見えた小紫は
オロチ側に小紫死亡を信じ込ませるための
演技の可能性もある。

しかし、狂死郎にも想定外のことが発生する。

錦えもんが配っていた
反乱の意志のある者を集めるビラである。

おそらく小紫が所持していたもので
狂死郎はその存在を知らなかったようだ。

錦えもんと狂死郎には
仲間の繋がりは無さそうである。

小紫も狂死郎に全てを話していないのか?

カイドウ一味とも接点のある
狂死郎の正体にますます謎が深まる。

小紫がワンピ三大美女に

おトコはえびす町出身!?
河松と傳ジローの正体は!?

小紫の後ろ盾

仮に狂死郎が小紫の味方でないとすると
小紫に他の仲間がいる可能性が出てくる。

やはり、狂死郎に斬られて死亡は早すぎる。

何らかの方法で致命傷は回避しているのか?

まだワノ国編で登場していないのは、
・丑三つ小僧
・人斬り鎌ぞう
・河松
・傳ジロー

この4人の中の誰かが
小紫の仲間なのかもしれない。

河松と傳ジローの正体
人斬り鎌ぞう丑三つ小僧の正体

錦えもんのビラを
既に持っていることを考えると、

錦えもんの過去の仲間である
河松と傳ジローの可能性が高い。

カイドウとの決戦は9日後。

それまでに全員登場するのは間違いない。
今後の展開に注目したい。

小紫は“白狐”の能力者

【こんな記事も読まれています】

⇒【麦わら一味懸賞金ランキング!
⇒【オロチが鎖国にこだわる理由は!?
⇒【ワノ国にいるカリブーの狙いは!?
⇒【海楼石はワノ国産!光月家絡む!?
⇒【小紫の正体は日和様!?
⇒【モリア全盛期はカイドウと互角!?
⇒【河松と傳ジローの正体は!?
⇒【人斬り鎌ぞう丑三つ小僧の正体!?
⇒【イム様は過去の登場人物!?
⇒【黒炭オロチの正体は八岐大蛇!?
⇒【火災のキングはマゼランの兄弟!?
⇒【ワンピース三大美女は誰?




The following two tabs change content below.
団長さん

団長さん

漫画はオールジャンル読むが、心理描写が巧みな作品が特に好き。 1番のお気に入りは今も昔もHUNTER×HUNTER。 悪役が放つ名言に陶酔する
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.11.22

【七つの大罪考察】四大天使サリエルはソラシド、タルミエルはアーバス、マエルはななしに憑依か!?

(鈴木央先生 七つの大罪 26巻引用) リュドシエルが復活し、 マーガレットにとり付きました。 となると、 四大天使の復活の…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る