【キングダム考察】楊端和の武力は舜水樹の想像を遥かに超えた強さだった♦ゴバ瞬殺で作戦を完遂♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

楊端和の武力というのはあまり
見る機会がなかった。

しかし、
舜水樹の策によって包囲された楊端和が
ゴバに突撃してこれを撃破。

この武力には舜水樹も目を見張る。

それほどの力があった。

ハッキリ言ってしまえば
強すぎる。

羌瘣を超えるレベルの剣術か。

⇒【ロゾと楊端和はどちらが強い!?





剣術最強は羌瘣

現状登場しているキャラで剣術最強は
おそらく羌瘣だろう。

あらゆる死線をくぐり抜けてきた
圧倒的な剣術。

しかし、
ここにきて楊端和の実力もそれに匹敵すると
いうのがわかってきた。

羌瘣もあの状況なら楊端和同様に
くぐり抜けた可能性は十分にある。

最強は羌瘣だとしても、
大将軍の器などを加味していけば
女性キャラでの最強は楊端和と言っても
いいのかもしれない。

ゴバ討ちを無傷で果たした楊端和の武力。

それは舜水樹をも驚かせるものだった。

少しずつ作戦にひずみを感じざるを
得ない状況の趙軍。

作戦の一人であるゴバの首を
しっかりと落としてから退却。

さすがとしか言いようがないものだった。

⇒【舜水樹は史実にいない!?

想定外の舜水樹

この四方の囲い込みで討ち取れると
考えていた舜水樹。

それは楊端和の武力の読み違い。

同じ様に、
舜水樹の読みを超えた策がこれから登場
してくるとなれば、
趙にとって大きな損害となるだろう。

まさに、
猿手族の一手はそういうものになると
推察される。

初日の作戦では、
ブネン討ちがカタリの死で難しい状況。

しかし、
3人の内で2人を討ち取れた功績は大きい。

⇒【猿手族を使い楊端和が城を取る!?





楊端和は武力で勝ち得た

楊端和は美女であり、
カリスマ性も持っている長。

しかし、
フィゴ王も言っていたが何もカリスマ性だけで
山の民をまとめあげたのではない。

単純な強さ。

これが山の民のどの長よりも
圧倒的に上だったのが理由。

均衡しているのなら、
寝首を掻こうという者も現れたはず。

そういったことがないのは、
それでも倒せないと感じたからではないか。

単純に、
今いる山の民の誰よりも圧倒的に強い
武力を持っていると考えられる楊端和。

次席にバジオウなら、
次がダントというところか。

橑陽の戦いで、
楊端和の個人としての強さもはっきりした。

この場所でまともに張り合えるのは
ロゾ王だけということになるだろう。

舜水樹としても、
あの強さに対してロゾを当てるほか無い。

ロゾVS楊端和。

これもまさかの瞬殺という流れになれば、
また楊端和の恐ろしさが際立つ。

⇒【李牧は史実でも最強の武将!?
⇒【ロゾと楊端和はどちらが強い!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【猿手族を使い楊端和が城を取る!?
⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【龐煖が史実と異なる!?
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【李牧の史実にある処刑はナシ!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【燕の楽毅は歴史の名将だった
⇒【政が暗サツ!?燕の奇行!?
⇒【項燕がラスボス!?李牧を超える!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.9.27

【ワンピース考察】アポロ1号とエース・白ひげ・ロジャーという死者の関係♦宇宙絡みは大事な要素♠

(尾田栄一郎先生 ONEPIECE 71巻引用) 有名な話ではあるが、 尾田先生は 作中の進行する リアルタイムでの死に つい…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.8.15

【七つの大罪考察】ホークママが強い!?正体は魔神族?闘級は万超えか!?

(七つの大罪 ばくん 128話引用) 正体がまだ 未知数なホークママ。 一方で、 ちょこちょこ ヒントがされているような …

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る