Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム考察|趙が滅亡しても李牧は死なない!?史実とは異なる結果に!!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダム考察|趙が滅亡しても李牧は死なない!?史実とは異なる結果に!!

キングダムでも屈指の軍師、
趙の三大天である李牧

李牧の策略に秦軍は数々悩まされてきた。

そして、秦の六大将軍であった王騎でさえ
李牧には勝てなかった。

しかし史実上での李牧は呆気なく死んでしまう。

李牧は当時の趙の王であった悼襄王に殺された。

そのため、キングダムでも趙滅亡にあわせてに
李牧は死ぬと予想されている。

しかし、私は李牧は趙滅亡後も
キングダムでは生きていると考察した。

そして、中華統一において
最後に残った国「代」の将軍として
李牧が信と戦うと予想している。

桓騎、李牧に敗れる!!




史実では趙滅亡直前に李牧は殺される

李牧はキングダムでも
屈指の強さを誇る武将で、趙の三大天だ。

史実上でも存在しており、
秦との戦いの前は北から攻めてくる
異民族である匈奴から趙を守っていた。

李牧の強さは匈奴にも
知れ渡っていたと言われる。

勿論、秦国でも李牧は最も注意すべき人物
として考えられていた。

何故なら、かつて秦の六大将軍と呼ばれた
王騎が李牧の策略によって討ち取られたからだ。

王騎は秦の中でも屈指の強さを誇っており、
李牧は秦にとって無視できない存在だ。

趙と秦の大きな戦いの1つである
朱海平原の戦いでも李牧は大将だあった。

しかし、そんな李牧の最後は
史実では呆気ないものだった。

趙の当時の王であった
悼襄王によって李牧は殺されるのだ。

悼襄王が李牧を殺したのは、
秦の将軍王翦の策略だとされている。

趙滅亡直前に李牧は戦いではない所で
命を落とすのだった。

李牧が中華統一を目指さない理由とは?

キングダムでは趙が滅亡しても李牧は死なない

しかし、私はキングダムでは李牧が
趙滅亡とあわせて死なないと考察した。

キングダム作者である原泰久先生は
史実の造詣が大変深く、当時の社会制度まで
細かく表現している。

しかし、全てが史実通りではない

多くのキングダムならではの
オリジナルキャラも存在する。

物語も史実と異なる時もある。

そのため史実とは異なり、
李牧が死なない物語も考えうるのだ。

李牧が死なないと予想した理由としては、
キングダム作中での李牧のキャラとしての
存在感の大きさだ。

現在、李牧はキングダムでは信の最大の敵
という位置にいる。

そのため、信が倒さなければ物語はつまらない。

そして、趙滅亡からまた存在感ある新たな敵を
描いていくのは難しいと考えている。

そのため、史実通り李牧が
あっさり死ぬような展開はないと考察した。

朱海平原の戦いは李牧の和睦で終わる!?




李牧が信の最後の敵となる

では李牧はいつまで生きているのか?

私は李牧は中華統一を賭けた戦いの最後まで
生きていると考察した。

趙には悼襄王の子である、太子嘉が存在した。

太子嘉は趙滅亡後、新たに「」を建国した。

李牧は太子嘉を非常に有望視しており、
李牧は代の将軍として仕えると予想している。

そして、史実では代との戦いは
中華統一の最も最後。

そのため、代との最終決戦にて信が遂に
李牧と将軍として直接対決すると考察している。

鄴の食糧無くなり、李牧は敗北

まとめ

史実とは異なり、李牧は趙滅亡とともに
死ぬことはないと考察した。

最後まで生き残り、代の将軍として太子嘉に
仕えるだろう。

果たして、最後の代との戦いで信が
どのように李牧に勝つのか。

今から楽しみで仕方ない。

桓騎、李牧に敗れる!!

【こんな記事も読まれています】

⇒【桓騎の怒りの正体が判明!?
⇒【桓騎は秦を裏切り燕につく!?
⇒【騰は史実では文官としても優秀!!
⇒【秦の滅亡は法整備に失敗したから!?
⇒【朱海平原の戦いは15日目で決する!!
⇒【王翦の歴史的快挙!!
⇒【王翦の強さは史実に存在!?
⇒【騰が韓を滅亡させる!?
⇒【史実では山の民は秦を裏切る!?
⇒【元王騎軍副将、騰の強さとは!?
⇒【信と蒙恬は楚との戦いで失態!?
⇒【信・蒙恬・王賁の誰が一番強い??




YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る