Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【食糧人類考察】ナツネ復活で人類を救う糧になり得るのか♣人類全滅までカウントダウン♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(水谷健吾/蔵石ユウ/イナベカズ先生方 食糧人類 引用)

ナツネが山引の背中から復活する
流れとなった食糧人類。

もはや、
色々と今の技術レベルを無視した
ような話になっているが、
この宇宙人が人間を作ったという
事実は間違いない様子。

しかし、
今の状況ではナツネが復活したところで
すでにどうにもならないと
言える気がする。

このゆりかごに残った数人が
人類の希望となるのだろうか。

⇒【ナツネは死んだのか!?





死んだと思ったナツネ

死んだと思われたナツネの復活という
それ自体が凄いことだが、
まさか山引の背中から現れるとは
完全に想定外と言える。

増殖種とこの天才山引がいれば
もしかしたら人類の勝利も
あるのかもしれないと思わせてくれる。

今現状は、
世界各国に大量の虫のような宇宙人が
襲来している状況。

襲来というかは、
地下に潜って共存していた奴らが
外に出たというだけだが、
すでに人類は滅亡のカウントダウンに
入っていると言えるだろう。

圧倒的な繁殖力にプラスして、
太刀打ちできない強さ。

軍が出てきても、
数の利は宇宙人側にある。

勝ち目のない様にみえる戦いに
ナツネと山引はどんな決断を
下すのだろうか。

そして、
宇宙人の親玉はあいつらに
命令を下したりして終わらせる
事が出来るのか。

今の状況をみれば、
それは不可能に思えるが、
また人類という餌を食い尽くして
資源を失い星ごと滅ぶという
結末を望んでいるようにも見えない。

⇒【人類を猿から進化させた宇宙人!

ナツネと山引が救う

天才と言える山引。

そして、
唯一の成功例であるナツネ。

この2人の存在が、
宇宙人との共存をやり果せるか。

もしナツネが人類のために
餌になる決断をしたとしても
今地上にいる奴らを抑え込む
術が存在しない。

もしあるとすれば、
山引が奴らにだけ効くような
毒を作り出すというものか。

もしくは、
圧倒的な天敵を作り出す。

キメラを作っていた山引。

それも可能に思えるが、
その天敵が次は人間の敵に
なってしまうということも
十分にありえる。

現状を見る限り、
人類に時間は残されていない。

山引とナツネ。

この2人は、
ゆりかごの中で何を模索するか。

【こんな記事も読まれています】

⇒【人類を猿から進化させた宇宙人!
⇒【ナツネは死んだのか!?
⇒【あの方の正体とは!?元ネタ!?
⇒【強化改造人下も仲間に!?
⇒【ナツネの正体!?精神年齢は?
⇒【夕凪の会!強化人間まとめ
⇒【温暖化で世界の面積がヤバい!?
⇒【アノ薬液は外で作られている!
⇒【ナツネは生殖種の女性に慈悲



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.12.19

【鬼滅の刃考察】我妻善逸は強い自分の夢を見る!?失神で眠りに落ちている時も意識あり!?

(吾峠呼世晴先生 鬼滅の刃 88話引用) 鬼サツ隊として 活躍をする善逸。 個性的で面白い キャラクター。 というより…

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.7.27

【ワンピース考察】ナミとゾロが酒に強いのは酒鉄鋼を使用する為か♣バロックワークスからの伏線が拾われる♦

(尾田栄一郎先生 ワンピース引用) ナミとゾロは酒に強い。 特にナミはザルと言えるレベル。 最初のバロックワークスとのやり…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る