【食糧人類考察】山引は桐生の強化改造人間も仲間として引き連れて「ゆりかご」崩壊を目指すか♣

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(水谷健吾/蔵石ユウ/イナベカズ先生方 食糧人類 42話引用)

ナツネの一言で
あっさりと
ペーストになって
しまった桐生教授。

「好きにさせてもらったら」

ナツネの一言に
強化改造人間として
生きてきて彼らの
辛さが垣間見える。

怒りもひとしおという
様子だった。

⇒【夕凪の会!強化人間まとめ





強化改造人間が仲間

ゆりかごで
最も危険な人間は
おそらく所長。

それは、
桐生教授を
いつもの笑顔で
誘っているあたりで
プンプン臭ってくる。

深層には
あの方たちが
存在している。

しかし、
ナツネが一体処理
しているように、
科学技術などを
使われなければ
相手をコロすことは
可能と言える。

こちらサイドには
天才の山引もいる。

さらに、
ここからナツネと共に
強化改造人間までも
味方になる可能性がある。

まず狙うのは
所長という
ことになるだろうか。

⇒【ナツネは生殖種の女性に慈悲

山引の遺伝子

山引は遺伝子の融合
と言えるキメラ化によって
自らも救われている。

なぜ姿形が
変化し無かったのかは
謎のままだが、
それでも強化改造人間たちに
「治るかもよ」
というような話を
する可能性は十分に
あるだろう。

仲間になる理由としては
ナツネのあの一言と
この治療が可能かもしれない
という山引の言葉で
十分だろう。

敵として登場した時は、
絶体絶命な空気が
流れた強化改造人間。

逆に味方なら、
透明のままで
施設内の状況を
確認できるなど
メリットは相当大きい。

⇒【ナツネの正体!?精神年齢は?
⇒【アノ薬液は外で作られている!





所長を倒す

あの方たちの処理も
重要なことだろう。

しかし、
地球の温暖化なども
あの方たちが
やっていることなのだとすれば
圧倒的すぎる技術で
勝てる気がしない。

全部をコロせば
解決というような
簡単な話でも
ないのだろう。

もしそれで解決
するのだとすれば、
発見当時にそうしているはず。

まずは、
所長が現状知っている
情報を洗いざらい
吐いてもらうのが先。

取り込むなら
やはり副所長からか。

⇒【温暖化で世界の面積がヤバい!?

他にもある

あの方たちが
存在するこの施設。

他にも色んなところに
存在しているということも
考えられる。

技術では人間の数倍先を
いっている様子のあの方たち。

その存在が、
このゆりかご以外にも
いるとなれば、
それを全て崩壊させるのが
ナツネの目的となりそう。

伊江たちは
普通の人間だけに
この計画に乗っかるのは
相当に危険。

一旦は地上に出て、
普通の生活に
戻るということも
あるのだろうか。

そこで、
世界を震撼させるような
事件が起こって
再度巻き込まれるという
ようなことになるのか。

それとも、
この施設内での戦いが
このまま継続されていくのか。

【こんな記事も読まれています】

⇒【ナツネの正体!?精神年齢は?
⇒【夕凪の会!強化人間まとめ
⇒【温暖化で世界の面積がヤバい!?
⇒【アノ薬液は外で作られている!
⇒【ナツネは生殖種の女性に慈悲





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.8.21

【闇金ウシジマくん考察】タクシードライバーくん!ユカリと足立のイイお話!?克哉300万の手術とその後!?

(闇金ウシジマくん ふーっ 122話引用) 闇金ウシジマくんの中でも たった1話で終わった 珍しい回。 とはいえ、 さすが…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.10.9

【東京喰種:re考察】旧多とカネキは他人じゃないのか♣半人間説は作品としてあり得ない♠

(石田スイ先生 東京喰種 1巻引用) 旧多とカネキの関係。 和修の王となった旧多と、 隻眼の王を継承したカネキ。 共通点…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る