ロジャーはイム様に敗れてワンピースを喪失!愛刀エースはパンゲア城|考察

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ロジャーは一度ワンピースを得て、世界政府に奪われたのではないかという説が浮上しています。

愛刀エースはラフテルに置いてきたという説もありますが、実際はイム様に挑んで敗れたのではないかと言われるところ。

そのワンカットがイム様が登場したワンピース90巻の908話で描かれたワンシーンです。

ワンピース908話 パンゲア城内のイム様と刀と侍女

ワンピース908話/尾田栄一郎先生/集英社©
パンゲア城内のイム様と刀と侍女

ここに刺さっている剣こそが「ロジャーの剣」ではないかという話。

もしそうなら空白の100年の歴史を知ったロジャーがワンピースを手にした状態でイム様に挑んだのではないか。

そして敗れたことで処刑に至ったという予測となります。

ロジャーは自首して処刑台に立ったことになっていますが、それもこの一連の流れが終わった後の話なのかもしれません。

その本当の秘密がまたどこかで暴露されることになるか。

五老星の名は水・金・火・木・土の五惑星なのか

ワンピースは世界政府が持っている

まずワンピースは世界政府が持っている可能性。

それを高めた一言は最終章に入るところでのシャンクスの言葉にありました。

ワノ国の近海で緑牛アラマキに対して強烈な覇気を放った時のことです。

ベン・ベックマンに対しての一言。

「なぁベック。そろそろ奪りに行こうか。ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」

この『奪り』という言葉は「奪う」という意味になります。

探すとか、取りにとか、そういうことではありません。

「今誰かが持っているものを奪う」という意味がひしひしと感じられ、それを持つ存在といえば「世界政府」以外に考えられないとされています。

よって保持者はイム様であるとするのが自然でしょう。

シャンクスの正式名称はフィガーラン・D・シャンクスか

ロジャーの愛刀が遺された謎

最終章に入るところで描かれた「Road To Laugh Tale」にわざわざ書かれた内容。

ロジャーにまつわる遺された謎です。

このVol.1にはロジャーにまつわる遺された謎ということで4つ載せられていました。

週刊少年ジャンプでは2022年の30号から33号の4つに描かれていました。
Vol.1掲載の30号Vol.2掲載の31号Vol.3掲載の32号Vol.4掲載の33号
(雑誌は中古になるので小冊子であるRoad To Laugh Taleが入っていない可能性もあるかもしれません、購入時はご注意ください)

そこに載せられた4つの遺された謎は下記です。

  1. ルージュとのなれそめ
  2. 愛刀「エース」
  3. シャンクスの涙
  4. ロジャーの夢の果て

わざわざ愛刀について書かれていることからも「何か大きな意味がある」と考えていいでしょう。

自分の剣の名前を息子に継がせるというロジャー。

そのロジャーの剣は今どこにあるのか。

シャンクスのグリフォンも形状は似ていますが別物です。

これが先述したパンゲア城でイム様登場時に後ろ側に刺さっていたものではないかという説です。

そうなるとイム様が愛刀エースを保持していることになり、ロジャーとイムに何らかの関係があったことを示す伏線となります。
(確実にロジャーの剣であると決まっている訳ではありません)

四皇シャンクスもマグマで死ぬ可能性

空白の100年を知ったロジャーがイムに挑んだ

ロジャーがラフテルへの到着。

そしてひとつなぎの大秘宝であるワンピースを手に入れたと仮定します。

更に空白の100年を知ったことでイム様に挑んだ可能性もあるでしょう。

もしくは何かしらの事実を突きつけたということもありそうです。

そこでイム様に敗れたロジャーは愛刀を奪われて、自らは処刑台に置かれることになったのかもしれません。

仮にこれが正しいとしてもイム様にこの段階で挑む意味があったと考えるのが妥当でしょう。

ジョイボーイと同じ時代に生きたかったと言ったロジャー。

その思いをシャンクスに繋いだと考えて間違いありません。

そしてシャンクスはルフィにジョイボーイとして世界解放の役割を担わせました。

あの時点でロジャーがイム様に対して何かする必要があり、それが後の世(つまり今現在)で生きてくるということなのかもしれません。

シャンクスが腕を失った原因。4つの説

ロジャーが敗れてワンピースを手にした世界政府

イム様に挑んだロジャー。

そこで敗れたとすれば愛刀もワンピースも世界政府が持つことになったとしてもおかしくはありません。

シャンクスはこの事を知っていて、それゆえに「ワンピースを奪りにいく」という表現をしたのではないでしょうか。

但しロジャーが敗れたイム様との対決となれば赤髪海賊団としても全力での戦いになるでしょう。

本当に世界政府の最上位とシャンクスたちの戦いが発生する可能性はあるのか。

この戦いは世界をひっくり返すのに必要な工程であり、ロジャーには出来なかったことをシャンクスがやり遂げようとしているのかもしれません。

ロジャーの段階はテストのようなもので、シャンクスが本番を担う。

この戦闘でシャンクスが死んでしまうということも無いとは言い切れない気がします。

シャンクスがワンピースを奪りに行く先はどこなのか。

そしてどこかで描かれることになるのか、イム様とロジャーとの関係に注目です。

シャンクスはロジャーから大鷲を受け継ぎラフテルを目指す



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.8.25

【東京喰種:re考察】鱗赫・甲赫・尾赫・羽赫は血液型と関係あり!?赫子の特徴と種類もまとめ!

(東京喰種 赫子の説明 53話引用) 喰種の赫子は 今のところ4種類。 赫包が、 肩まわりにある とされる羽赫。 腰…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る