【ホリデイラブ考察】渡は育児も家事せずの最低男♦フリンされて当然か♣義母も義父も呆れる♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(こやまゆかり/草壁エリザ先生方 ホリデイラブ引用)

渡は里奈に
離婚を突きつけた。

更に、
フリンを理由に
子供二人も自分の
元に置くことにする。

里奈としては、
すべてを奪われて
純平しかないという
状況。

しかし、
渡もまた
苦境に立たされている。

⇒【渡の反省!?離婚届出さずに謝罪!?





渡は育児も家事もしない

里奈の夫である渡。

確かに、
フリンをした里奈が
悪いという見方も多い
かもしれない。

しかし、
渡は働いているのは
自分だという典型的な
亭主関白男という感じ。

育児も家事も
すべて里奈に任せている。

最近の男女では
育児については
それなりに
協力する男性も増えてきた。

渡に関しては
ほぼノータッチ。

それだけに、
カイとレミに
渡は明らかに
好かれていない様子。

母親である里奈のことを
思いながらいつも
激しく泣いている。

父親として
失格と言わざるをえない。

⇒【渡が全ての元凶!?

レミとカイを道具と思っている

渡の母親が
決定的なことを
言っていた。

レミとカイを
里奈を取り戻すための
道具だと思っているのでは
ないかと。

しかし、
さすが同じ女の母親。

里奈の気持ちは
はっきりと分かっている
のだろう。

渡に自分から
頭を下げない限り
里奈は戻らないと一喝。

実際にそれは間違いない。

すでに渡への愛情は
里奈の中で消え去っている。

渡が完全に気持ちを
入れ替えたとしても
戻るかどうかは怪しいと
言える状況だろう。

⇒【里奈の魔性っぷりで純平に危機!?





渡が折れる可能性は

渡は明らかに
里奈に未練がある。

確かに、
良き妻であり続け、
育児という意味では
レミとカイに大きな愛情を
注いできていた。

可愛い感じの女性で
純平を知るまでは
まさにウブという様子の
里奈でもある。

そんな女性だけに
好きになる男性も
多いのは間違いない。

たまたま何も知らない
里奈にアプローチしたのが
渡だったというだけだろう。

確かに、
渡はエリート。

成功者の1人と
言っても良いかもしれない。

そんなプライドが
「自分が悪かった」という
一言を出せないでいる。

そのプライドで
すべてを失うのか。

⇒【里奈が純平を略奪する!?

フリンは当然か

渡の対応から
フリンは当然という
声もあるだろう。

逆に、
どんなに辛くとも
耐えるのが、
という声もあるかもしれない。

是か非かという
答えは出てこない。

徐々に、
悪女になっていく
里奈の怖さは
元々持っていたものなのか。

渡と里奈の関係。

里奈の怖さが
際立った時、
さらなる展開を
見せる気がしてならない。

【こんな記事も読まれています】

⇒【里奈の魔性っぷりで純平に危機!?
⇒【里奈が襲われて破滅の入り口!?
⇒【里奈にイライラMAX!?嫌われ役
⇒【里奈が純平を略奪する!?
⇒【渡の反省!?離婚届出さずに謝罪!?
⇒【渡が全ての元凶!?
⇒【純平のクズっぷりを検証!?
⇒【里奈嫌いから可哀想へ昇格!?
⇒【杏寿の浮気は許される事!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.8.3

【ヒロアカ考察】ホークスは敵か味方か!?敵連合に取り入る命令を断れない理由と二重スパイの可能性は?

(堀越耕平先生 僕のヒーローアカデミア引用) No2ヒーローとして突如登場した ”速すぎる男”ホークス。 18歳で事務所を立ち…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.10.20

【キングダム考察】臨時の将軍となった蒙恬の思いとは!?サラブレッドに生まれた男の宿命!

(原泰久先生 キングダム 29巻引用) 趙との戦いの1日目、 李牧に王翦の 左腕、麻鉱が討たれ 全滅寸前だった 麻鉱軍を立て直…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る