Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム確定ネタバレ648話【最新】呂不韋死亡。最期は政を抱きしめる

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム確定ネタバレ648話【最新】呂不韋死亡。最期は政を抱きしめる

キングダム648話の確定ネタバレの考察となります。史実通りと呼べる展開となりました。

鄴攻めの翌年に呂不韋は死ぬことが史実では確定していました。呂不韋に会いに行くと河南に向かった政です。

結果的にキングダム648話で呂不韋の死亡が確定しました(実際は死体はフェイクで死んだ風に見せいています)⇒但し、これも言わば呂不韋の死後の世界であり、死んでいる可能性も十分にあります。

実は死んでいない?
呂不韋の死亡説と生存説

最期に呂不韋は政を抱きながらの一言。

では心からご武運を祈っております。
-呂不韋-
(キングダム648話より)

政においては最強の敵と呼べる相手であった呂不韋が、ここで命を終わらせました。呂不韋は密かに葬られました。これにて国内での不穏な動きは全て消滅したと言えます。

次は戦に向かっていくのではと予想されますが、桓騎を総大将とする戦いは更に1年が経過します。扈輒VS桓騎の戦。桓騎勝利となりますが、その後に訪れる李牧との戦で桓騎は敗れ去る事になります。

その前に信たちを軸にした戦が繰り広げられる可能性もありそうです。

キングダム648話の詳細な考察を行っていきます。今回は完全なる呂不韋回となります。

李牧処刑の3つの予想

黙ってで河南に向かった政

呂不韋の元に向かうと言っていた政です。

キングダム647話 呂不韋と話すという秦国大王嬴政

キングダム647話/原泰久先生/集英社
呂不韋と話すという秦国大王嬴政

河南は大王嬴政の反対派が集まっているので、非常に危険な場所です。それだけに準備が必要になりそうですが、昌文君にも黙って夜の内に移動してしまいました。昌文君は驚いていますが、政にも考えがあったのでしょう。

次の場面では政と呂不韋が話をしています。

昌平君が秦国を裏切る




呂不韋の目を確認に来た

政は呂不韋の目を見に来たといいます。舌戦を繰り広げ、呂不韋が負けを認めた時と同じ目をしているという政です。呂不韋は「本当にそうですかな?」と投げかけます。

呂不韋を自身で確認するために危険を犯して、一部の精鋭の護衛だけを連れて河南に来た政です。呂不韋はその危険性も承知していました。今から反乱を起こすような気持ちは呂不韋にはないでしょう。

呂不韋は河南に不穏分子が集まり、平定がままならないのは自分のせいではないといいます。

性懲りも無く反乱の徒が湧いて集まる原因は私ではなく…
あなたに問題があるのです、大王。
はっきり言って肆氏の方が正しい。
私に会おうと誘い出して刺客を送ればよかったのです。
(中略)
あなたは優しすぎるのです、大王。
-呂不韋-
(キングダム648話より)

呂不韋は政に対して「優しすぎる」と言い放ちました。確かに史実では死んでいるはずの母親の子供である2人も逃していると言いました。

政は優しさ

呂不韋は言います。その優しさだからこそ、今こうして王として立っていられる反面、それが弱点にもなると忠告します。

これが呂不韋の最初で最後の忠告だと政に伝えます。政はなぜ最後なのか疑問に感じています。

政が暗殺!?燕の奇行!?

呂不韋の最期

政の呂不韋との戦いは、中華統一の後に戦のない世界を創って初めて決着となります。呂不韋がその事を持ち出し、政も分かっていると答えます。

今も人の正体は光だと信じますか?
-呂不韋-
(キングダム648話より)

この質問に対して政は「勿論だ」と答えました。呂不韋は政を抱き、「ご武運を祈っております」と残します。そして河南を平定する約束をしてその場を去りました。

これが呂不韋の最期となります。1ヶ月しても動きがなく、徐々に反対勢力が拡大する中で、呂不韋は河南と財産の差し押さえを命じられる事になります。しかし入ってきた報は全く政たちが予想しなかったものでした。

呂不韋の死です。

服毒による死で呂不韋は最期を迎えたのです。呂不韋という強力な求心力があってこその反乱分子だったのは間違いありません。それを失えば、言ってみればただの烏合の衆です。

自らの死を持って、一つの材料を消し去ったと言えるでしょう。しかし、死んだのフェイクでした。最後に馬車に乗って旅立つ呂不韋です。

「外に出るのに何とも大掛かりなことをされましたねぇ」
「ただの外出ではない。そなたらとの放浪の旅だ。あのくらいせねば何かと面倒であろう」
「でも死体が別人とすぐ分かるのでは?」
「ばれるくらいでよい。大王は分かってくださる」
(キングダム648話の馬車内の会話)

煽りにもありますが、呂不韋の旅は流浪の旅は永遠に続くと締めくくられています。死んでいないと思わせながら、実際には呂不韋の死後の世界を描いている可能性は十分にあります。

キングダム648話はこれで終わりです。呂不韋が事実上、本線から退く死に方をしました。次は戦の開戦となるのでしょうか。

次週は休載となります。

【こんな記事も読まれています】

⇒【桓騎は李牧に敗北する!?
⇒【幽繆王は史実で愚王の代表格
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る