Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私たちはどうかしているネタバレ53話(11巻)|除夜祭の御菓子対決!大旦那が次期当主に選んだのは七桜で決まり!?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

私たちはどうかしているネタバレ53話(11巻)|除夜祭の御菓子対決!大旦那が次期当主に選んだのは七桜で決まり!?

(安藤なつみ先生/講談社/私たちはどうかしている)

ついに除夜祭が始まりました!
光月庵の次期当主を決める御菓子対決。

七桜も椿も渾身の和菓子を準備してきていましたね!!
美味しすぎて大旦那も昇天しそうな勢いになっていました。笑
どちらが選ばれてもおかしくないくらい、それぞれの思い出が詰まった和菓子でした。

次期当主が誰になるかは、53話では明かされませんでしたが、最後の決定権は女将にあったのがビックリでした。
これで七桜が選ばれてしまったら女将、どうなるんだろう。
自分が選んだから何も言えないだろうけど、発狂しそうですね。笑

そして対決以上に気になったのが、栞と多喜川。
栞が多喜川のことを知っているみたいです。
多喜川の本性が栞によって暴かれるかもしれませんね!

それでは私たちはどうかしている53話のネタバレをしたいと思います!

52話|七桜と椿が最後の情事!?




私たちは53話|栞と多喜川が関係アリ?

除夜祭の御菓子対決当日。

城島と栞は除夜行灯つけを行っていました。
なんかこの二人いい感じになってきましたね、。笑
栞はまだ椿のことを引きずっていそうですが、城島が栞を優しく支えている感じが伝わります。
少しずつ惹かれ合っていずれは一緒になるのでしょうか??

除夜祭の準備中に、栞が多喜川を発見しました。
多喜川と面識があるようです。
ここにきて、多喜川と栞に接点があることが発覚!

城島は栞にあの人のことを知っているのか?と聞きますが、栞は「ちょっと…」としか答えませんでした。
この焦らす感じ、めちゃくちゃ気になりますね…。

除夜祭を前にして、栞と多喜川のことが気になって仕方ありませんw
多喜川から時々見受けられる怪しい雰囲気、もしかしたら栞は知っているかもしれませんね。

二人とも金沢に長くいる人達ですから、昔からの知り合いなのかもしれせん。
そしたら栞は多喜川の過去を知っているかも!

これをきっかけに光月庵殺人事件の真犯人にも一気に近づくかもしれませんね!

栞のおめでた発言!嘘の理由は!?
椿と多喜川は兄弟だった!?

私たちは53話|除夜祭対決始まる

いよいよ光月庵の次期当主を決める対決が始まりました。

まずは七桜から。
お椀の中から出てきたのは、可愛らしい柚子の形をした御菓子!
柚子の中身をくり抜いて、皮をまるごと御菓子の中に入れていました。
七桜らしい、遊び心が詰まった御菓子でしたね。
いつか香りがずっと続く御菓子を作りたいと、幼い頃にお母さんと約束していた七桜。
母親との思い出を元に、心から好きだと思える御菓子を完成させました。

次は椿。
椿が出した御菓子は、“つばき餅”。日本の和菓子の期限ともいわれている御菓子です。
椿の葉で道明寺を包んだシンプルな御菓子に、七桜もびっくりしていました、
それでも椿の繊細さは、御菓子の起き方や葉の先までしっかり施されています。

大旦那は椿の御菓子を食べた瞬間動揺しました。
その御菓子は、椿が父・樹から初めて教わった御菓子だったのです。
樹の御菓子の味を見事に再現させた椿。

椿が樹から教わったのは本当に小さなころでした。
それでも大切な味だから絶対に忘れることはないと、椿は自信を持って伝えます。

なるほどね…。
椿が前話から絶対に負けないと自信を持って言っていた理由が分かりました。
この御菓子を出すことを最初から決めていたのでしょう。

大旦那はこのあと涙を流します。
なんだかこの涙するシーンを見ると、勝敗は椿で決まりな感じがしますね。
でも七桜の御菓子もなかなか良かったと思います!

どっちが勝ってもおかしくない勝負でした。

七桜の出生の秘密!樹の子だった!
七桜の目的は椿の救済!?




私たちは53話|女将が御菓子を選ぶ

どちらのお菓子も素晴らしかったと話す大旦那。
もう少しじっくり考えたいとのことで椿と七桜にはそれぞれ部屋に入ってもらい、大旦那がこの御菓子だと思ったほうの戸を開けることに。

椿と七桜が部屋に入ったあと、大旦那は廊下側の戸を開けて、聞き耳立てていた女将に声をかけます。
女将にチャンスを与えると良い、跡継ぎにふさわしい御菓子を選べと言います。

聞き耳立てていたのに、女将どちらがどちらの御菓子か分からないの!?!?笑
ここは思わず突っ込んでしまいました。笑笑

椿の御菓子を選べばいいだけだ、と女将は悪い顔をし始めました。
両方の御菓子を食べて心に決めた女将。

大旦那は扉を開けて、「光月庵はおまえに譲る」と言います。
そして最後にシーンは、七桜が振り向くシーンで終わりました。

これってつまり勝利したのが七桜ってこと!?!?
女将も大旦那が扉を開いた瞬間驚いた顔をしているように見えましたが…。
まだ確信することはできませんね。

めちゃくちゃ気になるところで終わってしまいました!!
七桜の振り向くシーンも思わせシーンかもしれませんしね。

選ばれたのはどちらなのでしょうか!?

BELOVE次回の発売は12月28日なので、年内には勝敗はどちらになったか判明するでしょう!
最終回に向けて、着々と進んでいる「私はどうかしている」。

次回が待ちきれませんね。
それでは次回54話の発売を楽しみに待ちましょう!

女将の賄賂で和菓子は決まる?
七桜の蛍和菓子の込めた想いは!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【七桜の元に警察が来た理由は?
⇒【女将と男女仲にあった富岡はどこ!?
⇒【栞のセンスが光月庵を立て直す!?
⇒【椿は過労?選ばれる和菓子は?
⇒【大旦那が血筋にこだわる理由は!?
⇒【樹殺しのナイフに指紋あり!
⇒【女将の七桜イジメが陰湿!
⇒【七桜は真犯人を見た?
⇒【女将は樹を殺せない!?



YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.9.16

【約束のネバーランド考察】顔のない鬼の正体は元人間?!お寺の絵画で鬼文字と歴史が判明?!

(白井カイウ・出水ポスカ先生方/集英社/約束のネバーランド) もともと世界では、 鬼と人間が何年も 争い合っていました。 そ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る