Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ616話【最新確定】蒙恬が馬南慈に一撃!このまま討ち取りとなるか!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダムネタバレ616話【最新確定】蒙恬が馬南慈に一撃!このまま討ち取りとなるか!



キングダム616話の確定情報から考察を行います。
(ヤングジャンプ2019年44号10/3発売より)
王賁が傅抵を止めて蒙恬が馬南慈に一閃を浴びせる展開となりました。

王賁が少ない騎馬部隊で王翦を救うべく馬南慈軍の背後から迫ります。
関常は自殺行為だと言いますが父親である王翦を救うには今向かうしかありません。

王翦は丘から降りて傅抵の少数だった騎馬側に向かっていますが、
退路はすでに絶たれており絶体絶命で時間の問題と言えます。

正面からは傅抵が現れ横からは馬南慈。

途中王賁が現れますが僅か数十騎で本陣に現れても何も変わらないと王翦は一蹴します。
終わったと思われる状況の中で退路組を突破する楽華隊が現れます。

この状況で蒙恬登場もまた流尹平野の戦いとの対比と呼ばれたこの朱海平原と言った所ではないでしょうか。
途中の段階でもかなりの類似点が見えていました。

それではキングダム616話を考察していきましょう。

朱海平原と流尹平野の対比!




キングダム616話 退路が絶たれた王翦

王翦の退路を作ろうとするが出来ずにいる直近の護衛部隊です。
戦の常識と言える相手の退路絶ちはすでに馬南慈がしています。

傅抵が近づいてきている事にも直近の護衛は警戒しています。
横からは馬南慈で馬ごと当たって何とか勢いを殺そうとしていますが、
馬南慈は王翦の終わりが見えている様子です。
馬南慈を通過して王翦を取りに行こうとする兵たちもいます。

どう考えても絶体絶命に思える戦況ですが、
後ろから現れたのは王賁でした。

番陽や関常を含めて王翦の目の前まで騎馬数十で王賁が現れました。
それで危機回避出来る程、今の王翦本陣の状況は甘くありません。

王翦の強さは史実にあり!

キングダム616話 馬南慈と傅抵

王賁が現れた事に対して王翦の冷たい一言が放たれます。

理解に苦しむと言い、
更にお前がその数で入ってきても死地は変わらないと伝えます。
何とも切ないというか心無い一言です。

それに対しては番陽もショックを隠しきれないと言った様子で「王翦様、賁様は・・・」と泣きながら伝えようとします。

そこに現れたのは傅抵です。
傅抵としても王賁が入ってきた所で何も変わらない事が分かっているのでしょう。
更に傅抵と同時に王翦の目の前に馬南慈が現れました。

今の武力の差を見ればこの二人を処理するだけの力が残っていない事は明白です。

傅抵の強さは羌瘣並!?




キングダム616話 楽華隊の蒙恬が現れる

馬南慈は「幕だ」と言いますが王賁があのギリギリの身体で総大将には触れさせないと馬南慈も討つ気持ちを持っています。
傅抵はその時遠くから聞こえる馬の音が聞こえていました。

退路絶ちを行っていた部隊は王翦の絶望的な状況を眺めていました。
後ろから現れるのが蒙恬率いる楽華隊です。

退路絶ちを行っていた場所に楽華隊が入り込む事で王翦にも希望が見えると言えます。
蒙恬はあまり功績が残っていないなんて話もありましたが、
ここで大功を上げる可能性が出てきました。
蒙恬の史実は活躍が少ないの!?

馬呈を追ってきた楽華隊でしたが王翦本陣が狙われて今にも陥落しそうな状況で、
こっちに来て正解だったと感じる蒙恬です。
走り込みますがそれを見た傅抵が混戦となる前に王翦を討とうと動き出します。

傅抵の速さに間に合わないと感じる蒙恬ではありますが、
それを止めたのは王賁でした。

王賁は史実で四国を滅ぼす!?

キングダム616話 馬南慈を討つ蒙恬

傅抵は王賁に任せて蒙恬が狙うのはもう一人の猛者である馬南慈です。
馬南慈がいなくならなければ今の戦況に変化が生まれない事は蒙恬が即座に見抜いています。

報告を受けている蒙恬は今の武力差は100回戦って1回勝てるかどうかだと判断しています。
これもまた流尹平野でも同じ様なパターンでの飛び込みがありました。
あの時は廉頗将軍に向かっていった所ではありますが今回は雁門で戦い抜いた猛将である馬南慈です。

しかし馬南慈側は蒙恬の事を知らないのが唯一の勝機だと考えている蒙恬。
最初の一撃で仕留め損なったら敗けると思っています。

馬南慈の矛による強力な一撃を剣で受け流して落馬の瞬間剣で馬南慈の顔目掛けて一閃。
これで貫ければ良かったのですが当たったのは目を含めた顔への一撃でした。

当然これで馬南慈が死ぬはずもないので蒙恬の一閃は失敗したかに見えます。
それでも視界を奪えたのだとしたら可能性は大いにあるでしょう。

ここでキングダム616話は終了します。
キングダム617話で遂に馬南慈が死ぬ事になるのでしょうか。
それとも危機はそのまま継続する事になるのでしょうか。

李牧側も危険な状況ではありますが馬南慈が消えなければこの戦においての勝利は無いと言えます。

李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【王翦の強さは史実にあり!
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【王賁は史実で四国を滅ぼす!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【王賁の最期とは!?子は王離



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

よく読まれている記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る