Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピース考察|令和になったし、ワンピースで個人的に好きなシーン振り返ってみた!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ワンピース考察|令和になったし、ワンピースで個人的に好きなシーン振り返ってみた!

平成から令和になりました。

平成のマンガと言えば『ワンピース』と
言っても過言ではないでしょう。

令和になって尾田栄一郎先生には頑張って頂き、
引き続き私たちをワンピースの世界に
案内して欲しいと思うばかりです。

今回は令和にもなったし、
個人的にワンピースで好きなシーンを
振り返ろうと思います。

個人的好きなシーンを2つ選びました。

『ボン・クレーの死@インペルダウン編』
『ゾロとクマの取引@スリラーバーク編』

2つとも涙無くして語れない名シーンだと
思っていますので、
ぜひ一緒に思い出しましょう!!

懸賞金ランキング




令和でもワンピースに期待

平成から令和となりワンピースも元号を
跨ぐ大作マンガとなりました。

ワンピースでも新しい時代である令和を
祝福しています。

平成最後の日には公式twitterにて、

とツイート。

令和初日の5月1日にも、

とツイート。

令和になってもワンピースが益々面白くなると
一読者として期待しています。

ルフィは既に覚醒!!

令和になったし名シーンを振り返ろう!

平成から令和にもなったので、
過去ワンピースの個人的に好きな名シーンを
振り返りたいと思います。

『ボン・クレーの死@インペルダウン編』
『ゾロとクマの取引@スリラーバーク編』

の2つを選びました。

早速、振り返ってみましょう!!

ボン・クレーの死@インペルダウン

ボンちゃんことボン・クレー。

アラバスタ編ではMr.2として
ルフィたちの敵でもあった。

しかしボン・クレーはアラバスタでも
麦わら海賊団を海軍から逃がすため、
囮を自ら行ったとても良い奴だ。

インペルダウンの脱出でも1人残り、
ルフィたちを逃がすために正義の門を開けた。

自分の命を賭してまで仲間を逃がす
ボン・クレーの『おかま道』には
誰もが涙したはずだ。

最後にボン・クレーの残した言葉で
終わりとする。

地獄にも 咲く一輪の友情の花 
寄せては返す波跡に 
忘れ形見の花びら残し 
いつか再び咲かせてみせよう オカマ道 
(尾田栄一郎先生/集英社/ワンピース)

ボンちゃあ~~~~~~ん!!!!

ジンベエ生存!!




ゾロとクマの取引@スリラーバーク編

スリラーバーク編ではゲッコー・モリアとの
戦いを終えた後にバーソルミューくまが現れた。

麦わら海賊団は全員満身創痍の中、
ゾロがくまに立ち向かう。

しかし、くまの圧倒的な強さに勝てないと
判断し、ルフィの首の代わりに
自分の首を持っていけと言う。

くまはゾロの覚悟をくみ、ルフィが
負っているダメージをゾロが背負うことで
今回は見逃すと言う。

ルフィが負っていたダメージを受ければ、
常人であれば必ず死んでしまう。

ゾロは誰にも言わず、そのダメージを受けた。

その後、事情を知るサンジがゾロに
何があったかを訊く。

このゾロの返事が本当にカッコいい。 

ダメージを受けて、ゾロの周りは
信じられないほどの血。

誰が見ても何かあった。

しかし、ゾロは

・・・なにも!!!なかった・・・!!!!
(尾田栄一郎先生/集英社/ワンピース)

と語った。

こりゃ世界最強の大剣豪になるわ!!!

ゾロの新しい刀

まとめ

平成から令和になるため、ワンピースの
個人的に好きなシーンを振り返ってみました。

令和になったタイミングで過去の物語を
振り返ってみるのも良いかもしれません。

令和になってもワンピースを引き続き
応援していきたいと思います。

懸賞金ランキング

【こんな記事も読まれています】

⇒【ワノ国開国を目論む別勢力!
⇒【モモの助が開国の鍵!!
⇒【ゾロがカイドウを倒す!?
⇒【河松の正体はカッパ!?
⇒【ギフターズはお玉に奪われる!
⇒【カイドウが仲間を増やす理由判明!?
⇒【ワノ国にポーネグリフ!?
⇒【おトコが光月トキか!?
⇒【ビッグマムがワノ国を救う!?
⇒【ゾロはオロチと戦う!?
⇒【コング遂に登場!




YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る