Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピース考察|ジンベエは生きている!?ワノ国でのルフィとの合流タイミングは??

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ワンピース考察|ジンベエは生きている!?ワノ国でのルフィとの合流タイミングは??

ホールアイランド編にてビッグマムとの
戦闘で殿(しんがり)を務めたジンベエ。

ジンベエ死亡の噂が出ているが、
私はジンベエが生きていると考えている。

しかし、まだワノ国に来ていないのは
ビッグマムとの戦いで大きな深手を負い、
回復に時間がかかっているからだろう。

ではいつ合流タイミングになるのか?

私は“火祭りの夜”の前日に
ジンベエが現れると考えている。

日和がゾロに恋をする




殿を果たしたジンベエ

ホールアイランド編では、
ルフィらがホールアイランドから
出るためにビッグマム海賊団から逃げていた。

しかし、ビッグマム海賊団の船に囲まれて、
どうにも逃げられない状況に追い詰められた。

その時、大入道ワダツミらタイヨウ海賊団
が現れ、ルフィらを逃がし殿を務めようとした。

ジンベエはかつての仲間を見捨てられず、
ジンベエ自身も殿を務めるために、
その場に留まると決めた。

ルフィからは

『死んでも死ぬなよ!』

と声をかけられ、ジンベエが完全に
麦わら海賊団一員になった場面だった。

カイドウを倒すのはビッグマム!?

ジンベエは生きているのか?

ルフィらがワノ国に着いてから、
ジンベエの登場はない。

ジンベエが死亡した説が噂にもなっている。

が、私はジンベエが生きていると考えている。

根拠を挙げるとまず、ジンベエがビッグマムに
殺された場合、世間に大きく知らされる
と考えられる。

なぜなら、ジンベエは元王下七武会であり、
世界経済新聞が黙っていない。

そして、世界経済新聞社社長モルガンズは
サンジとプリンの結婚式に出席していた。

ルフィとビッグマムとの戦いが始まっても
ホールアイランド近辺にいたため情報が
手に入らない訳がない。

世界経済新聞によるジンベエの
死亡の公表がなければ十分ジンベエが
生きている証拠となるだろう。

次にビッグマムはジンベエを殺さない。

なぜなら、ビッグマムとしてはジンベエが
ルフィを呼び寄せる囮となると考え、
生かしたまま捕らえるのが最も自然だ。

しかし、ビッグマムがジンベエを
捕まえた様子はなかった。

そして、ビッグマム海賊団がジンベエの事を
言わずワノ国まで来たことは、
ジンベエが生きている証拠となるとなるだろう。

カイドウが仲間を増やす理由判明!?




ジンベエとの合流はいつか?

ではいつジンベエはワノ国で
ルフィ達と合流するのか?

私は鬼ヶ島で行われる“火祭りの夜”の前日に
ジンベエがワノ国に来ると考えている。

鬼ヶ島はワノ国の本島から離れた孤島である。

そのため、鬼ヶ島へ行く船が必要になるだろう。

しかし、“火祭りの夜”の討ち入りは
ばれている可能性があり、鬼ヶ島に向かう船は
厳重に確認が行われそうだ。

そのため、船を用いた通常ルートでは
鬼ヶ島には侵入できない。

侵入ルートに困った前日にジンベエが
現れると考えている。

かつてインぺルダウンからの脱走でも、
ジンベエザメを呼んで海を移動した。

今回はワノ国周りにいた鯉を率いて、
鬼ヶ島まで運んでくれると考察している。

おトコが光月トキ??

まとめ

ジンベエは生きており、ワノ国で
必ずルフィ達と合流する。

ジンベエが生きているとは
私の希望かもしれない。

しかし、ジンベエの死が世界経済新聞で
紹介されないはずがなく、ビッグマムも
ジンベエを殺しはしないだろう。

ジンベエが死んでない根拠はある。

ワノ国でのジンベエの登場が楽しみだ。

ビッグマム、ワノ国救う!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【クイーンがオロチを倒す!?
⇒【ゾロはオロチと戦う!!
⇒【ワノ国開国を目論む別勢力!
⇒【モモの助が開国の鍵!!
⇒【ゾロがカイドウを倒す!?
⇒【河松の正体はカッパ!?
⇒【ギフターズはお玉に奪われる!
⇒【カイドウが仲間を増やす理由判明!?
⇒【ワノ国にポーネグリフ!?
⇒【おトコが光月トキか!?
⇒【ビッグマムがワノ国を救う!?




The following two tabs change content below.
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

よく読まれている記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る