Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダムネタバレ597話(確定速報)|趙峩龍と信の一騎打ち始まる!藺相如は中華統一を示唆した!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
キングダムネタバレ597話(確定速報)|趙峩龍と信の一騎打ち始まる!藺相如は中華統一を示唆した!



キングダム597話で趙峩龍と信の一騎打ちが始まる事になる。
(ヤングジャンプ2019年20号より)

藺相如の回想が始まるが、
場面は王騎将軍と退治している戦の最中となる。

藺相如はかなりイケメンで、
どこか贏政に似ている気がしなくもない。

王騎と二人で語り合う中華の話となるが、
今秦国がやろうとしている事が間違いであると感じている藺相如か。

確かにこの時代では中華統一を成し得るまでにはいかない。

領土の拡大や戦の拡大になるだけで、
目指す姿にならないと藺相如は分かっていたと言える。

キングダム597話を見ていこう。

※情報は一部となるため随時更新となります

趙左翼の武将は全滅




キングダム597話 国の準備

戦の中で中華の話を敵とした事があると言う藺相如。

相手は王騎。

藺相如はその時の事を思い出している。

藺相如と溝を隔てて相対している王騎軍の姿。

三大天の藺相如と六大将軍の王騎の戦が回想されていく。

大きな溝を隔てて二人の会話が繰り広げられる。

王騎軍の強さを認めた上で藺相如はそれでもまだ足りないと考えている。

国が準備出来ていない。

しかし、
今やっている事が無意味なのではなく、
来る日に向けての準備をしていると考えているのだろう。

実際に王騎の死によって信の行末が確定付けられた部分も大きい。

藺相如も同じ、
王騎すらも後に訪れる中華統一のための布石だったと藺相如はこの時点で感じ取っていたと言う事か。

藺相如は考えている。

中華は一つになりたいと思っているのだと。

しかし、
それが今藺相如が生きているこの時ではないのも理解している。

更に藺相如は続けて、
尭雲と趙峩龍に言葉を残している。

藺相如の史実




趙峩龍と信の一騎打ち

藺相如がこの場で尭雲と趙峩龍に残した言葉。

今後訪れる圧倒的な強さ。

まさに中華統一を可能にする強さには剣が存在する。

今その人物であろう信と相対している趙峩龍。

もしこの人物と出会ったら全力を振るってこれを殺す様に命じられている。

中華統一の道は非常に険しいものとなる。

もし失敗してしまえば、
二度と中華は一つに成れない程に大きな痛手を受ける事も藺相如は予見していた。

よって、
半端な強さでは足りない。

趙峩龍は信と向き合って一騎打ちに挑む。

さすが趙峩龍。

恐ろしい豪腕と言えるが、
信もこれに負けじと応戦する。

まさに藺相如が伝えた務めを果たすべく趙峩龍は信を葬ろうとする。

ここで自分が葬られるのなら、
それもまた中華の行末の一つに過ぎないと趙峩龍は覚悟を決めているのか。

キングダム598話で趙峩龍が討たれる可能性が高くなってきた。

尭雲の討ち死には最終日!
馬南慈と趙峩龍と尭雲全て死亡!

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【王翦の強さは史実にあり!
⇒【蒙恬の史実は活躍が少ないの!?
⇒【騰が韓を滅亡させる!
⇒【桓騎の裏切り!?討死か逃亡か!?
⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【燕の楽毅は歴史の名将だった
⇒【項燕と昌平君が最強の敵!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.7.11

【ホリデイラブ考察】里奈が純平を略奪して子供も取り返す怖い女に加速する♠

(ホリデイラブ 里奈の巧みな行動 65話 引用) 純平のふりん相手である 里奈。 自分を慕ってくれる 若い女性ということもあ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る