Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

進撃の巨人考察|リヴァイの宿主はジークになる?!エレンとの対立も終わるか

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
進撃の巨人113話|リヴァイの宿主はジークになる?!エレンとの対立も終わるか

(諫山創先生/講談社/進撃の巨人113話)

「ウーリを殺そうとしたケニー」は、
ウーリーを宿主として設定した。

「エルヴィンを殺そうとしたリヴァイ」は、
エルヴィンを宿主として設定した。

もしアッカーマンの宿主の
変更が可能だと仮定するならば、

「ジークを殺そうとしたリヴァイ」が、
ジークを宿主として認識し直しても
おかしくはないだろう。

(リヴァイの現宿主はおそらくエルヴィン)

エレンとジークを見る限り、
二人は世界のために動いている。

リヴァイも世界を守るために、
ジークとエレンとの対立を終え、
彼らの側近となるのではないだろうか。

ジークの思惑は113話で決定的?!
エレンジークの目的は巨人絶滅?!




リヴァイの宿主はジークになるか

リヴァイの宿主がジークになる
可能性は大いに有り得るだろう。

そもそもアッカーマンは
王家の血(フリッツの血)を
守るために作られた、
巨人科学の副産物だ。

進撃の巨人112話 アッカーマンの宿主と巨人

(諫山創先生/講談社/進撃の巨人)

ジークは王家の血を引いている。

よってリヴァイがジークを
宿主とするのは極自然だと言える・

ただ、
その昔アッカーマンは
王家の民衆の記憶改ざんに反対し、

だから地方に追いやられ
迫害を受け続けた、と
ケニーの曽祖父は述べていた。

つまり、アッカーマンは王家に
必ず従うわけではないのも確かだ。

この反証については次章で考察する。

アッカーマンは巨人化不可能?!
クサヴァーの正体は先代獣?!

アッカーマンはお受けを守る存在

ただ、この曽祖父が語った相手、
”ケニー”はあろうことか、
王家のウーリに仕えたのだ。

ウーリの土下座に
惚れ込んだとケニーは思っているが、

やはりアッカーマンは本能的に
王家に仕えてしまう可能性がある。

そうであるならば、ケニーと同様に、
リヴァイもジークに仕える可能性がある。

リヴァイはジークを嫌っている。

仲間を大勢殺された上に、

いままでずっとジークが
人類(パラディ島)の
敵だった名残なのだろう。

その考えが変わる可能性がある。

エレンジークの目的は巨人絶滅?!
ジークをヒスに食わせる?!




リヴァイとジークの対立→和解へ

おそらくリヴァイの宿主はエルヴィンで、
それは作者コメントからも明らかだ。
(後で詳しく述べる)

宿主エルヴィンを殺したジークを
リヴァイが恨むのも無理はない。

しかし、
ジークも人類を救うためだった、
ということを馬車で明かしたのなら、
話はまた別となってくる。

リヴァイも過去に、
目的の相違というだけで、
なんの罪もない中央憲兵を大勢殺した。

まとめると、
リヴァイがケニーを宿主とする
可能性は十分にありえるだろう。

論点となってくるのが、
宿主の変更はできるかどうかだ。

ジークの思惑は113話で決定的?!
ピクッ巨人がリヴァイ食う?!

アッカーマンの宿主の変更は可能か

アッカーマンの宿主変更は
可能なのだろうか?

おそらく可能だろう。

宿主変更可能の例として、
おそらくエレンがミカサにわざと
嫌われようとしていた例がある。

それは、
ミカサがエレンに縛られないように
宿主を変更するためと考えられる。

したがって、
やはり宿主の変更は可能
なのではないだろうか。

エレンのミカサ嫌い発言は嘘?!
エレン目的は全巨人食い水晶化?!

アッカーマンの習性は嘘が必ず混じっている

ところで、
113話時点で読者が知っている
アッカーマンの知識には信憑性がない。

アッカーマンの宿主の情報については、
この中の誰かが嘘をついていたら、
嘘の情報が下層に伝わってしまう。

一次情報:王家やその側近
二次情報:マーレの巨人科学会
三次情報:ジーク(マーレ以上の可能性あり)
四次情報:エレン
五次情報:ミカサ、アルミン、ガビ、と読者

進撃の巨人112話|ジークはマーレ以上の巨人知識を持つ?

(諫山創先生/講談社/進撃の巨人112話)

少なくともエレンは、
ミカサやアルミンに嘘を
ついているだろう。

頭痛なんてリヴァイや
ケニーにはなかった。

リヴァイやケニーに頭痛は?!
いってらっしゃいはミカサ?!

リヴァイのアッカーマンの元宿主はエルヴィン

ただ、
アッカーマンの宿主自体が嘘、
ということは無さそうだ。

以下の二点がその根拠だ。

・ミカサがエレンを守るために、
自動反応でアルミンの殴りを阻止した
・アッカーマンは誰かを守るときに力を発揮する、
と作者が公式ガイドブックで語っている

つまり、宿主システムは真実で、
リヴァイの元宿主はエルヴィンだろう。

公式ガイドブックでも
創作者が述べている。




作者が公式ガイドブックでリヴァイの宿主を言及

公式ガイドブックでも、
宿主はエルヴィンだとも
明言されているのも根拠だ。

インタビュアー:
ミカサにはエレン、ケニーには
ウーリという主君的存在がいますが…

諫山先生:
リヴァイの場合はエルヴィンですよね

(諫山創先生/講談社/進撃の巨人 ANSWERS(1))

このころは
宿主システムが明らかになっておらず、
”主君的存在”として先行情報扱いだ。

宿主システム登場前に言及しているので、
設定として「リヴァイの主君はエルヴィン」
というのはもはや確定と言えるだろう。

リヴァイやケニーの宿主は誰?!
エルディアの最終戦争を予想!!

リヴァイがエルヴィンを生き返らせる選択をしなかった理由

エルヴィンが片腕をなくした際、
リヴァイが足を折ってでも止める、
と言っていたことも証拠になる。

エルヴィンを殺したくなかったのだ。

アルミンとエルヴィンの
どちらを救おうか考えたとき、
エルヴィンでなくアルミンにしたのも、
エルヴィンを地獄から開放するため。

人類のことなんて考えずに、
ただアッカーマンの宿主システムに
思考を支配されていたと言える。

この強制力を利用した
恐ろしい考察が浮かぶ。

ジークが王家の血を利用して
リヴァイの習性を悪用するという考察だ。

王家の無垢巨人は奇行種になる?!
エレンがマーレに潜入した理由!!

ジークはリヴァイを騙すか、和解するか

ジークがクサヴァーについて
これから語ったりすると思うので、

そこでリヴァイに対し
ジークが世界の真実と計画を話し、
和解して宿主になるのなら、最高だ。

一方で、
ジークがたとえば
ピクッ巨人を操作、

⇒【ピクッ巨人がリヴァイ食う?!

わざとリヴァイを助ける
という展開を演じたなら。

リヴァイのアッカーマンの血は、
殺せるのにそうしなかったウーリーと
ケニー同様に騒いでしまうだろう。

「どうして助けた?」と。

自動応答の多い
アッカーマンの習性を、

本来フリッツ王家が
開発した目的通り、

ジークがリヴァイを
うまく利用してしまう
こともありえるだろう。

パラディ島巨人全滅は過ちか?!
ジークの思惑は113話で決定的?!

リヴァイの宿主はジークになるか:まとめ

・アッカーマンの宿主を変更可能
・アッカーマンは王家の側近になりやすい
という2つが正しければ、

リヴァイをジークが
・納得の上でジークを宿主にする
・修正を利用されてジークを宿主にする
という2パターンが考えられる。

いずれにせよ、
ジークの目的と真意が
重要となってくる。

次回以降の展開に期待しよう。

イェレナ・クルーガー?!裏切る?!
地鳴らしはどう海を渡るのか?!

【こんな記事も読まれています】

⇒【エレンが全巨人食い水晶化end?!
⇒【エレンジークの目的は巨人絶滅?!
⇒【エルディア人以外全殺end濃厚?!
⇒【エレンが地ならしを使う2つの道
⇒【エルディア人全滅が最も平和か?!
⇒【誰も未来の記憶を見ない=全滅?!
⇒【民族浄化は人類の救済だった?!
⇒【二千年後=民族浄化完了の計画?!
⇒【エルディアの最終戦争を予想!!
⇒【奇行種の正体がついに判明か?!
⇒【アッカーマンは巨人化できない?!




The following two tabs change content below.
夜噛み月

夜噛み月

伏線溢れるシリアスなマンガと、湧き上がるような熱血少年マンガを交互に読むのが好き。いずれにせよ心理戦が大好き。好きな漫画「デスノート」「進撃の巨人」「ジョジョ」「寄生獣」「手塚治虫」
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.7.22

【ワンピース考察】ナミの出生の秘密(謎)は明かされるのか!?ウラヌス説魚人説は本当!?世界地図の行方は!?

(尾田栄一郎先生 ワンピース77話引用) 麦わら一味の航海士をするナミ。 ナミがいたからこそ 世界で最も航海が困難な新世界も …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る